京都おみやげ

ことりっぷ
12 /27 2017
今回、京都でお買い物する時間はあまりなかったのですが、なんとか有名どころをshinoさんに貢ぎました。

京ばぁむは冬限定パッケージにつられて、ついついジャケ買いしちゃいました…。
この中で、個人的ヒット商品が「舞妓はんひぃーひぃー」の一味とカレーせんべいです。
七味屋で先に、激辛ハバネロ七味を買っていたのですが、舞妓はんひぃーひぃーの方が舌先がしびれるような辛さでハマります。
私は昔は辛くて熱いものが大の苦手でしたが、痩せてからは体質が変わったのか、辛いものが結構食べられるようになりました。カレー煎餅、ツボります。
そして、今回のお守りがこちら。

今回は偶然、縁結び関係の神社ばっかりだったので、このようなラインナップに。
でも、個人的に絶対欲しかったのが下鴨神社の鳥のお守り!


写真にうまく撮れなかったのですが、シンプルでステキなお守りです。
鈴の音が綺麗で、身につけていても幸せな気持ちになれます。
神様からご利益を分けていただけるよう、日々頑張ります!!
関連記事

京都プチ旅 総括

ことりっぷ
12 /26 2017
こうして1泊2日の京都旅行が無事に終わりました。
いつもはショッピングに結構時間をかけてしまうけれど、今回は体力の限界まで神社仏閣を見て、観光したな~~~という感じでした。

旅行ツアー並みの過酷なスケジュールでしたが、早すぎず遅すぎないちょうどいい時間の割合で進むことができ、足は棒のようになりましたが、全体的な満足度はかなり高い旅行となりました!

今回、せっかく京都に行ったにも関わらずご飯は豚骨ラーメンやお好み焼きになってしまい、周囲の人からはもったいない~!!と言われることが多かったのですが、日ごろ粉もの・麺ものを食べない私としてはこれはこれで印象深い旅行食となりました。

ラーメンは苦手な部類で、好んで食べに行きたいものではなかったのですが、今回博多の細麺を食べる機会に恵まれたことで、個人的に結構気に入りました。ツウな人と一緒に行くと、食べ方とか麺の硬さによる違いなども教えてもらうことができて、なんだかはまってしまった自分がいます。

これも一人旅行では味わえないことですね。

一人ではなくてみんなで旅行となると、途中で雲行きが怪しくなったり、言いたいことをいえない…じっくり見たいのに…みたいなことが起こりがちですが、おいしいものを食べて、いいものを見ることができれば、一瞬でいい空気に戻るんだなーと実感しました。
それに、楽しいと思ったことや感動を共感できるというのも、いい部分だと感じました。

最終日はクリスマスイブということでプチ自分贅沢。LIPTONのイチゴパフェを堪能しました。
(ちなみに、このいちごパフェを食べた30分後にラーメンを食べて帰るという鬼畜スケジュールでした…)

京都もまだまだ見どころがいっぱい。個人的には貴船神社・鞍馬寺方面や、宇治の平等院、嵐山方面の鈴虫寺など、行きたいスポットいっぱいです。

船旅で気軽に行けることがわかったので、次は運動靴で、また挑みたいと思います!

関連記事

ふ京都プチ旅その11

ことりっぷ
12 /26 2017
⑬祇園→四条通
八坂神社を見終え、鴨川から四条通りにかけて歩きはじめましたが、クリスマスのせいか17時ぐらいになると人の山です!
京都はのどかだな~と思っていましたが、どうやら気のせいだったようで…やはり、都会です。

人も多く、雨もひどくなってきたので予定通りそのまま京都駅に向かいました。
京都駅はちょうどクリスマスイルミネーションをしていて、プロジェクションマッピングのところに人だかりができていました。
気にはなるけど、時間的に近くまでは行けず…。

そして晩御飯はなぜかまた博多ラーメンです。
京都駅10F、拉麺小路という有名なところで、日本各地の有名店が出店しているらしく、連れて行ってもらいました。
時間も18時ころだったので結構な行列ができており、ちょっと待ってから中へ。
ラーメン小路って…(笑)とバカにしていましたが、すみません美味しかったです。

そのあとは私の希望で京都駅の空中小路へ。
いろんなところに遊びに行くたびに夜景をみるのが好きで、
梅田のスカイビル、東京タワー、東京スカイツリー、東京都庁など、どこかに行くたびに夜景を見ているので京都の夜景にわくわく。
しかし…予想に反し京都の夜景って……すごい地味です(いい意味で)。

神社仏閣が多く、景観の条例とか規制がされているせいか、高い建物もぎらぎらした灯りもありません。京都タワーがめだっているくらいで、あとは光がぽつぽつという感じ。
でも、逆にそれが新鮮で、京都らしさを表しているなぁと感じました。
雨が降っていたのが少し残念。
最後はお土産をいっぱい買って、フェリー乗り場に向かいました。
20時京都駅出発で、ちょうどいい時間です。
関連記事

京都プチ旅その10

ことりっぷ
12 /26 2017
⑩八坂庚申堂神社(★☆☆☆☆)



八坂神社に行くまでの途中で発見。ネットでインス多映えする!と騒がれていたので寄ってみました。
申や猪の神社があるということは、どこかに鳥専門の神社もあるんでしょうね。



何をモチーフにしているんだろう?とずっと気になっていましたが、
1つ1つが申の形をしているんですね~。

⑪八坂神社(★☆☆☆☆)



そしてついに目的地の八坂神社へ。傘をさすかどうするか…という微妙~な雨です。



ここはいろいろな神社があって面白いと聞いていましたが、時間もないので本殿だけお参りをしました。



⑫祇園~安井金比羅宮(★★★☆☆)



雨がひどくなりそうだったので、そのまま西へ進み祇園へ。結構人が増えてきました。河原町方面へ歩いていると、花見小路が見えてきたのでちょっとだけ歩いてみることに。
見どころは特にありませんが、京都らしさを感じられますね。



グーグルマップを見ながら歩いてたのですが、気になっていた安井金比羅宮がわりと近そうだったので頑張って行ってみることに。でも、歩き始めて冷静に考えると、清水寺の方に近く、結構歩いて戻らないといけません…。でも歩きかけたからには戻るわけにもいかず…雨もひどくなるし結構精神的にきました。。。
しかも入口がわからずに迷う。



そしてやっとの思いで到着!縁切り・縁結びで有名な安井金比羅宮です!!
一番有名なのがこのお札部分。
私も縁切り・縁結びをしたかったのですが、ものすご~い行列であきらめました。



さすがに女性ばかりですね。ここの絵馬は結構強烈なことが書かれているらしいのですが
あまりじっくり見ないことにしました(汗)
とにかく人には恨まれないようにしよう…。



折角なので縁結びのお守りを購入。縁切りと縁結びがセットになったものもあるのですが、
なんだかいっぱいお守りをつけるのも微妙なので、縁結びだけにしておきました。
いろんな人といいご縁がありますように。

カメラの充電もなくなってしまったので、行列をあきらめて普通に参拝しておきました。

関連記事

京都プチ旅その9

ことりっぷ
12 /26 2017
⑨清水坂~清水寺(★★☆☆☆)

清水坂バス停を降りて、清水坂をてくてく。
雨の予報でしたが、晴れ間が見えてきて歩いてきて気持ちがいいです。友人が銀閣寺の坂で「清水寺劣化版」と失礼なことを言っていましたが、なんとな~くわからなくもない感じです。人の量とお店の数が圧倒的ですね!

いろんなところで試食ができるので、あちらこちら回っているうちにお腹いっぱいに…。京都は冷えるからとダウンジャケットを着込んで行っていたのですが、暑いです!!ダウン脱ぎ捨てたいくらい暑いです。
とりあえず何も購入せずに清水寺へ。

10年前は夜のライトアップしか見ていないので、胎内めぐりや三重の塔が新鮮!そして、さくさく人をよけながら歩いて本堂へ!



ん…???記憶にある清水の舞台じゃない…。
そう、清水寺はついに舞台部分の改修工事に入ったようで、全く舞台が見えません!!写真残念すぎますよ…!!!(泣)。



テンションだだ下がりの中、縁結びスポットで有名な地主神社へ…。なんでしょう、このテーマパークみたいな神社…。真剣に拝むことを通り越してもはやネタ臭すら感じられます…(失敬)。



ひとまずぐるっとみて退散。そして音羽の滝。ものすご~~~い行列で、あきらめました。



一番楽しみにしていたスポットだけに残念ですが、時間もないのでさくさくと。そのあとは、清水坂を下りながらショッピングして三年坂方面へ。途中でとうふ専門店があったので、とうふのソフトクリームと豆乳で作った豚まんをいただきました。



豆腐のソフトクリームは、「豆腐!!」って感じです。おいしいけど、ソフトクリームとしておいしいかといわれたら…????です。



そのあとは定番コースの二年坂と三年坂、ねねの道などなどへ。
お買い物しながらぶらぶら楽しみます。
個人的には激辛一味と山椒のチョコレートが良かったです。



二年坂を超えたあたりから雲行きが怪しくなり雨がぱらぱら。八坂神社へ急ぎます。
関連記事

京都プチ旅その8

未分類
12 /26 2017
⑧二条城(★★★★☆)

10年前、二条城がどうしても見たかったのですが、夜のライトアップしか見ることができず終わってしまったという悲しい思い出が…。
しかも、その後すぐに改修工事に入ってしまったので、見る機会は完全に失われてしまいました…。
そんなわけで、やっとの思いで二条城に来ることができました!!

ただ、友人の午後の予定が詰まっているので1時間しか時間がない!!というギリギリの状態に。駆け足で回ることになりました。
入り口から世界遺産だけあって、お城とはいえ観光客向けの設備がかなり充実しています。ここはやはり外国人の方が多いな~というイメージ。
チケットを買って門から入り、急いでメインの二の丸御殿へ。

唐門を入ったところにある豪華に装飾された車寄が豪華です!内部の写真は撮れないのでお伝えできないのですが、やはり大政奉還が発表された大広間の迫力がすごかったですね。
個人的には四の間にある松と鷹の襖絵がずーっと見たかったので、この目で複製画を見ることができてよかったです。松、描くの難しいんですよね~。

時間はないのに広い内部を全て歩いて出口まで行かないといけないので、二の丸御殿の後は時間との闘いでした。
そんな状態でも、しっかり本殿や天守閣跡はばっちりチェック。二の丸御殿と違って本殿はすごく質素な造り。
友人と、自分が住むにはこっちの質素な家の方が暮らしやすかったんだろうねぇと言いたい放題。無事に時間内に内部をひととおり見ることができ、時間はなかったけど十分満足できました。
ちょうどお昼にさしかかっていたので、数人と解散してからは清水寺へ。
関連記事

京都プチ旅その7

ことりっぷ
12 /26 2017
⑦東寺(★★☆☆☆)



京都駅に荷物を置いて、東寺まで徒歩で行くことにしましたが、一駅とはいえ結構な距離。歩いても歩いても…という感じです。

途中でコロッケを販売している小さなお店があり、お行儀が悪いのですが小腹を満たしながら目的地を目指します。



ここのお店の揚げたてのコロッケ、ものすご~くおいしく感じられました。外側がサクサクです♪

歩く事十数分…やっと五重の塔が見えました…!!ただ、お天気が悪く完全な逆光だったので、イマイチ感動ポイントが…。桜の咲く時期だと良さそうです。



ただ、講堂・金堂もみる価値ありました。そこまで歴史にも仏教にも詳しいわけではないので、こういうのはまぁいいや~で済ませてしまいがちですが、見ておいて損はないなと感じました!

このあと、歩いて西本願寺を目指す予定だったのですがそのまま二条城に向かうことになりました。
関連記事

京都プチ旅その6

ことりっぷ
12 /26 2017
⑥2日目:東本願寺(★★★★★)

朝7時には宿を出て西本願寺と東本願寺を巡る予定でしたが、思いのほか疲れがたまっており、足もパンパンだったので予定より2時間オーバーで9時出発。
東本願寺は通り過ぎるだけになりそうだねーと話していたのですが、前を通過すると結構見応えがありそうだったので、ちょっとだけ寄ってみることに。

結果、大正解でした‼︎
1日目の南禅寺でも三門の大きさに感動しましたが、東本願寺もすべてのスケールが大きいんです。そして「わびさび」を感じられる静かな南禅寺とは対照的に、ものすごく豪華な内装でギラギラしてます!すごいです。

さらに柱の大きさもすごい…!!本来は世界遺産に認定されている西本願寺をメインに見て、東本願寺はスルーでいいかなと話していたのですが、結局こちらをじっくり見ることになりました。
柱に使われた木を持ち出すときに、昔ずいぶん多くの人が犠牲になったとのことです。木を持ち出す縄には人の髪の毛が使われていたそうですよ。

世界遺産に認定されていないのが不思議なくらい立派な建物です。
いろんなところに見所が点在しています。

とにかく大きくて豪華!
来てよかったな~と思えるお寺でした。
関連記事

京都プチ旅その5

ことりっぷ
12 /26 2017
痛い足を引きずりながら、京都市役所前へ向かい、商店街を歩いて、錦市場を目指します。
しかし…錦市場に行ったころにはもうほとんどのお店が閉まっていてなにも食べられず…(ショック)。

お腹は空いているし、足は痛いし、晩御飯の目途も経たず、なんだかピリピリした空気に…。
いくら気の置けない仲とはいえ、疲労と空腹はイライラ増加の原因になりますね…。
結局全く休むことができず…それでも何か食べなきゃ…ということで、一生懸命探した結果、烏丸御池周辺のお好み焼き屋さんで20時ころやっと晩御飯にたどり着きました。

お好み焼きといっても、かなりオシャレな鉄板焼きのお店でした。
おいしいものを食べて、ちょっと休んで、お喋りしながら1日の出来事をゆっくり振り返ってみると、いい1日目だったなーという気持ちに。
休憩と美味しいご飯、大事ですね。
そして京都は予想以上に歩きますね…。

一人旅のときはビジネスホテルを取ることが多いのですが、今回は一人ではないのでゲストハウスに安く宿泊することに。京都にはゲストハウスが多いのですが、初めてのことでやや不安に…。
チェックインが22時ころになってしまいましたが、宿の方も快くOKしてくださって、部屋もすごくきれいで大満足でした。京都駅から徒歩10分の立地というのも良かったです。この日は爆睡…でした笑
関連記事

京都プチ旅その4

ことりっぷ
12 /26 2017
④南禅寺(★★★★☆)

銀閣寺からバスで移動する予定でしたが、方向的に歩けそうだったので「哲学の道」を歩くことに。
ただ、振り返ってみるとこの選択が悲劇の始まりでした。
銀閣寺からは自転車を利用して移動している人が多かったのですが、徒歩でも30分と聞いていたので、歩けない距離ではないと思っていました。
ただ、この時点で結構足も疲れていて、おまけに砂利道という悪路。特にスポットもなく(あるにはあるのですが、時間的にも体力的にも寄るのは微妙)…。

もはや無言のまま、ひたすら歩くという苦行を強いられました…。しかも結構遠い!!歩いても歩いても南禅寺見えません!!
時間もぎりぎりだし焦ります。そしてもう無理…と泣き言を言い始めたとき、やっと南禅寺に到着。
裏口から入ってしまったのですが、ちら見えする三門の大きさに「おぉ~~!!!」と思わず声が。横から見たらすごい厚みがわかるんですよね。

三門は仏道修行で悟りに至る為に透過しなければならない三つの関門のことで、かなり大きくて立派な門とは聞いていましたが、はじめ横から見たことによってますますその大きさを感じます。カメラに収まり切りません!!
三門は上まで上がることができるのですが、ひとまずスルーして水道橋(疏水)へ。

個人的にはこの水道橋が一番見たかったんですよね~!小学校2年生のときに学校の授業で橋について調べた時に出てきた橋で、なんだか気になっていました。

お寺の中にある洋風の水道橋、和洋折衷の不思議な感じがします。
南禅院には入らず、方丈(国宝)を見学。

銀閣寺と同じような感じで、方丈庭園も枯山水の引き算の美を感じます。人もそこまで多くなかったので、とても静がで、庭園を見ながらじっと立っていると心が洗われるような気がしました。
そして16時ころにぎりぎりで三門へ。
あと25分で閉まるので早く見てくださいね~と言われながら、慌てて上へ。

上からの景色最高です。
三門の内部もなかなかの見応えでした!写真で見ただけでは絶対にわからない壮大さを感じることができて大満足の南禅寺でした。

痛い足を引きずりながら、駅まで必死で歩いて京都市役所前へ向かいます!
関連記事

Nao

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/