05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Nao

Author:Nao
愛媛で絵を描きつつのんびりと暮らしてます。出版社勤務。ブログは今年で11年目☆JAWLAS所属の鳥好き。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

親子科学教室に向けて

2011.06.30 19:29|大学関係
P1090328.jpg

夏に行われる「親子科学教室」に向けて魚のヒレ立て実習をするため、
総合科学研究棟内の研究室に行ってきました。

魚のヒレ立てをするなんて初めてのことだった上に、
研究室に入って4回生や院生の人と同じ空間で作業をするということで
すっごく緊張しました・・・。

しかし、作業を始めるとなかなか面白く、1時間後くらいには
すっかり研究室の雰囲気になじんでしまいました。

魚に関しての知識は皆無なので、ラベルをつけるときに
先輩にいちいち名前を聞かなくてはいけない状態で、
早く魚の名前を覚えたい!という気持ちになりました。

魚の名前を覚えると、フィールドで視野が広がりそうな気がします。

P1090340.jpg

ヒレ立てをした後は、ホルマリンを注意しながら塗って(結構目にしみる・・・)
淡水魚と海水魚に分けてビンに入れていきます。

そして、ここでも淡水魚か海水魚かわからないという
歯がゆい思いをしながら作業。

でも、一回生の間は、大学でも高校の延長みたいな授業しかしないので、
このように研究室にお邪魔して、作業をさせていただけることは
非常に有益な経験だと思います。

それに、1回生なのに研究室にお邪魔して、いろいろな作業をさせて
いただくことができ、本当に幸せです。

しかも、ヒレ立てをしている間、研究室に教授が出入りしており、
少しお話をする機会があったのですが・・・・
もう既に私=「鳥の子」というイメージが定着しているようでした!!
大学では魚の研究が盛んなので、
「どうせ魚なんて鳥のエサだと思ってるんでしょ」と言われました(笑)

親子科学教室では、小学生にこのヒレ立てを体験してもらうのですが、
(ホルマリンはせずに、ピンで固定するところまで)
少しでもいいものにしていくために、頑張って案を練って行こうと思います。





関連記事

コメント

進化

鳥⇒虫⇒魚・・・・どんどん好奇心のベクトルが・・・。もっとも、そういう勉強をするために念願の理学部進学ですから、これは真面目に勉強中と言っていいのか。楽しい幸せな勉強ですね。

No title

ヒヨ吉さん>
綺麗な魚も色が抜けてしまうと思うと、ちょっと残念ですが、スケッチして残すというのは勉強にもなるしすごくいいですね。
魚の名前を覚えるためにも、しっかり観察していこうと思います♪

No title

ホルマリンに漬けてしまうと、色がなくなってしまうんですよね。。。お魚の色付きスケッチしておくと、今後絵の腕が上がるかもしれないですね!
非公開コメント