06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Nao

Author:Nao
愛媛で絵を描きつつのんびりと暮らしてます。出版社勤務。ブログは今年で11年目☆JAWLAS所属の鳥好き。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

卯の花の 散るまで鳴くか 子規

2011.05.30 17:00|ごはん
P1090047.jpg

今日は、肉じゃがを作ってみました。
和食も、作れるようになれなくては・・・!

ところで、今日情報科学の時間に「松山の観光資源について」の
レポートを書きました。

観光資源のテーマは自由なので、
私は鳥と俳句に関連した「正岡子規」をテーマに設定。

そして、そのレポートを仕上げているときに気が付いたのですが、
正岡子規の「子規」ってホトトギスって意味だったんですね・・・。
今更常識よ。と言われそうですが、今まで気にしていませんでした。

体が弱かった正岡子規は、吐血をしたときに、ホトトギスの赤い口を思い出していたとか。
そういえば、子規の創刊した俳誌も「ホトトギス」という名前ですよね。
こうしてみると、子規のホトトギスに対する愛?を強く感じます。
(本人はホトトギスを死の鳥だと言っていたようですが・・・)

そこで、松山の観光資源として「子規記念博物館」をプッシュする上で、
松山市の市鳥をホトトギスにすればいいんじゃないかな・・・?と勝手に考えました。

そういえば、愛媛県でも西条市の鳥は「カワセミ」と決まっていますが、
他の市はあまり決まっていないようですね。

今治市の市鳥を決めませんか?と小学生の時提案したら、
やんわりと断られてしまった記憶がありますが、
ぜひ松山の市鳥を決めて欲しいです。

市の花はツバキなのに、鳥はないなんて・・・・(涙)

でも、実はマンホールの柄が鳥になれば嬉しいという単純な考えだったりします。


関連記事

コメント

非公開コメント