スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へい死体鳥獣拾得届

toriたま日記1(2004-2010)
11 /09 2010
★★管理人は受験中のため以下はshinoさんからのレポート★★




カワセミの死体…その後です。

naoは一体これをどうするのかなあ・・・と思っていたら、



「絶対に剥製にしたい!」



そういう発想は、私の中にはなかったなあ・・・・・(@@)





その後、剥製について調べたり、問い合わせをしたりと

今までの人脈を駆使・・・。

すると、どうも剥製にするには、

県によっては「鳥獣拾得届」というのを出さないといけないようなのです。

そこで、県の環境保護課にメールを打って問い合わせたら、

今治の県森林林業課で手続きが出来るという返事をいただいたので、

そこに連絡してメールで書類を送ってもらいました。(便利な時代ですね)



ダウンロードして、プリントして捺印の上、郵送すれば完了です。



書類の一番最後には

「上記のとおり相違ないことを認め、死体の処理は届人に一任する」



と書いてあります。



これで、死体は晴れて?我が家のものに

(こうしておくと、密猟で獲った・・などという誤解や疑いをかけられることがありません。)



その後

家族で費用と、その負担を話し合い、 (naoのお年玉とか、貯金とか?)

というか、暗黙のうちに、もう剥製にする方向で、物事がどんどん進んでいた・・・?!





カワセミは3日間、我が家の冷蔵庫で、引出しをあける度に

私を驚かせた後・・・・・



今日、アイスクリームの発泡スチロールの容器に入って

クール宅急便で、剥製屋さんに向かって出発いたしました?。













関連記事

コメント

非公開コメント

No title

kunihanaさん、私も最初は自分で作るのかと思いました(汗)羽根を取って標本くらいはやるかと思ったけど、さすがにカワセミは貴重過ぎました。たぶん・・。

No title

naoさんの事だから やり方を調べて作るのかと心配していましたが! プロに任せて置けば安心ですね
出来上がったら つぶやきに載せて下さいね
他人事ながら楽しみです。

Nao

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。