観葉植物

toriたま日記1(2004-2010)
02 /04 2009


教室に、観葉植物が2つほどやってきました。

なぜかというと、

先日、授業中に「ぬきうち二酸化炭素濃度チェック」があり、
私のクラスは濃度が4000ppmもありました。

本来、基準値は1500ppmらしいので、この値はかなりピンチ!
一時間に一度は換気をしなさいと、ちょっと怒られました(笑)

冬=寒い →暖房つけっぱなし=換気しない

ということが、やっぱり原因ですが、換気をするだけで1000ppmぐらいまで
急に下がるらしいです。

と言っても、換気はみんな忘れがちなんだよね?という話になり、
次の日、学校に行くとクラスメイトのT君が、誰からも頼まれていないのに
自主的に観葉植物を持ってきていたのです!

しかも、なかなか可愛いんですよね。
光合成をさせよう!とのこと。

でも、ここ最近雨ばかりが続いて太陽が顔をのぞかせてくれないので、
きっと教室は二酸化炭素がさらに増加しているのではないかと・・・。

ちなみに、植物が効率よく光合成を行うには約1,500ppmの
二酸化炭素が必要なので、教室の二酸化炭素をたくさん吸って、
早く立派な光合成をしてほしいものです。

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

kagaku1993さん、そろそろ受験シーズンですね!
暖房器具を置いていなくとも、二酸化炭素濃度は変わらない・・・そうかもしれない、と思わずくすっと笑ってしまいました。

T君の行動力はすごいのですが、彼は世話をしないので、
最近は、観葉植物の命が危ないです(笑)


No title

二酸化炭素の濃度ですか。
僕の学校では基本教室に暖房器具を置いてないので、換気することを皆が嫌っています。
なので暖房器具があるよりも濃度が濃かったりするかもしれません(笑)

それにしてもT君の行動力はすごいですねぇ。

Nao

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/