スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合宿6日目

創造性の育成塾2008
08 /09 2008
合宿6日目は、平林先生の宇宙の話や、地球の生命の歴史
宇宙人との交信を試みる研究の話から始まりました。

日立製作所会長の庄山 悦彦 先生からは、
「心意気とフレキシビリティへの思い」を、
そして、キリンホールディングスの荒蒔先生からは
「自然の謎を解く」という授業をしていただきました。

しかし、

私が一番面白い!と感じたのは
BASFという会社の「嫌われ者の生き物たち」という授業でした。
授業のテーマは鳥ではなく虫でしたが、
クイズを交えた授業の形式で、かなり盛り上がりました。

「アカヒゲホソミドリカスミカメ」
という害虫の名前を勘で当てるクイズが最高でした。
このカメムシの一種は、イネやコメを食べるものだそうです。

害虫、人口増加、農薬って安全?などの話でしたが、
2時間を通して、多くのことを学べたと思います。

将来、BASFに勤めたいなぁ。なんて思ったり。

合宿もあと数日となりました。


関連記事

コメント

非公開コメント

No title

 毎日恵まれた環境の中で、素晴らしい勉強をしていますね。!!
そんな中で、将来の進路のヒントを掴んだり、実り多い研修になっているようですね。うらやましい。!!

Nao

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。