07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Nao

Author:Nao
愛媛で絵を描きつつのんびりと暮らしてます。出版社勤務。ブログは今年で11年目☆JAWLAS所属の鳥好き。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

プラハ国立美術館展

2008.03.16 01:02|今東ARTCLUB
本日「プラハ国立美術館展 ルーベンスとブリューゲルの時代」」
を見るために愛媛県立美術館まで行ってきました!



“ブリューゲル”はピーテル・ブリューゲル(父)からはじまる芸術家一家のことを
まとめてそう呼ぶそうです。

素晴らしい作品が目白押し!(当たり前ですが・・・)

その中でも、特に気に入ったのがこれです。
「鳥のいる風景I」 ヨハン・ルドルフ・ビース作  です!!

油絵ですが、鳥が一枚の絵に凝縮されている感じが・・・・。
構図がとても素晴らしく勉強になりました。
ぬ、盗んで帰りたい・・・・と思ったり。

ポストカードを探したのですが・・・ありませんでした。残念!

あの絵を見たことは一生忘れません!
それぐらいすごい絵でした。

午後からは「油絵の修復 公開調査」 に参加してきました。
東京藝術大学大学院美術研究科教授 木島隆康さん の説明で、
とてもわかりやすかったです!

ちなみに、木島先生の研究室(修復の勉強をする)に入るのは
理系の大学とかを出ていても、OKだよ!といっていたので、
将来、興味があればぜひ行きたい!と思っていたのですが、
先生に
「やっぱり、生徒たちには鉛筆デッサンをやってもらってるんだよ!
 ”見て描く”というのは、とても大切なことなんだよ!」

と熱弁され、その瞬間から、修復士という選択肢はあっさりと消えました。
私は鉛筆デッサンはとても苦手なんです・・・。



おまけ:これが噂の「坊ちゃん列車!」








関連記事

コメント

非公開コメント