博物館実習 愛媛大学ミュージアム 昆虫編①

理系な話
09 /01 2014
博物館実習も今日で後半にさしかかりました。
岩石実習が終わり、木曜日の午後から今日までは昆虫実習が行われ、
なんとも刺激的な日々を過ごしました。

昆虫実習は、
標本について学んだ後、
昆虫採集→昆虫標本作成→標本の修復(1日目)
樹脂封入標本作成→標本整理(2日目)

の流れで進んでいく予定だったのですが、雨がなかなか止まなかったので
予定を変更して樹脂封入標本の作製から始めました。

aP8292244.jpg

まず樹脂標本にする虫を選びます。

3段階に分けて、製氷皿に樹脂を流し込んでいくのですが、
触媒が少なかったのか、なかなか固まらず
地味に時間がかかります…。

お昼までにはなんとか
無事に樹脂標本が完成しました。

このまま、しばらく放置。

a1P8292257.jpg

午後も雨が降っていたので予定を変更して標本整理。

私の班はOdontolabisとNeolucaunsという属の
クワガタムシの標本を整理することになりました。

aP8292262.jpg

図鑑の写真と見比べて、簡単に整理していくのですが、
同じ種でも個体差がかなりあるので、予想以上に苦労しました。
3人がかりでやっと1箱展示用のものを作成。

ちなみに、お隣の班はこんな感じに
展示用のものを作成していました!

P8292260.jpg

1日目は16時に作業終了。

月曜日には昆虫採集ができますように…と
みんなで晴れを祈って解散しました♪

博物館実習 愛媛大学ミュージアム 昆虫編②へつづく
関連記事

コメント

非公開コメント

Nao

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/