スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻事件

とりたま新生活(2011~2016)
06 /25 2014
私はもともと鼻にほくろがあったのですが、
それがいつの間にか大きくなっていたのと、2つに増えていたので
実家に帰ったときに、悪性だといけないから一度病院に行って検査したほうがいいよと
shinoさんから言われました。

そのため、早速こちらに帰ってきてから形成外科へ。
ほくろだったら、最近はレーザーでパチパチ焼く程度だから
大丈夫よ~といわれていたので、軽い気持ちで行ったのですが…

「これは、2つとも切り取らなくてはいけませんね(検査のため)」
と医者に言われ、その日の午後に手術となりました。

話を聞くと、局部麻酔(ほくろ周辺5箇所くらい)が結構痛いとのこと…
しかもほくろをメスで切り取って、糸で縫う…。
体をメスで切られるなんて生まれて初めてなので、恐怖でした。
午前中はずっと「麻酔の注射痛いですよ」の言葉が頭の中でループしてました。

30分程度で終わり、鼻はこんな感じに…。

写真 2q

shinoさん大爆笑。

ちなみに、麻酔はめちゃくちゃ痛かったです…。
でも一番つらいのは、バイトもゼミの発表もあるのに
鼻に絆創膏を貼ったまま+マスクで1週間も生活しなくてはならないことでした。

この時期のマスクは蒸れます…。

そして、1週間後の今日やっと抜糸を行い、無事にもとの鼻に戻りました。
(検査結果は2つとも悪性ではありませんでした)

…このような感じで実習後もややバタバタしておりました。

shinoさんには鼻のことで笑われましたが、
その数日後に、shinoさんがマダニに噛まれて病院に行くことになり
なんだかお互い病院通いの1週間だったのでした。


関連記事

コメント

非公開コメント

Nao

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。