09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Nao

Author:Nao
出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

教育実習後!

2014.06.25 19:28|とりたま新生活(2011~)
実習が終わって松山に帰ってきてからの1週間は
ハードだけど、とても長く感じる1週間でした。

帰ってきてすぐ、16日には卒論のためウチヤマセンニュウの調査に行きました。
野鳥の会の会報誌の編集作業を深夜に終え、
わずかな睡眠時間で調査という…体力的になかなかハードな調査です。

P1050111.jpg

久しぶりの調査地。
そして1年ぶりにウチヤマセンニュウの姿をじっくり観察。

調査内容はあまり書けませんが、
曇りだったのであまり体力を奪われずにすみました。

船や潮の関係でなかなか調査地に来ることはできないのですが、
ウチヤマセンニュウがいるのもあと少しの期間なので
しっかりと調査しておきたいと思います。

P1050065.jpg

水曜日は西条自然学校へ。
今回は「西条の水草のお話」で、講師小澤潤さん(NPO森からつづく道)
小澤さんの面白いトークであっという間の1時間でした!

次回は7月16日(水)「ヤムシ」のお話です。
http://saijo-shizen.org/index.html

松山に戻ってから、個別ゼミ発表の準備、デザインのお仕事…と
それなりに毎日予定が詰まっていたのですが、
3週間も賑やかな実家で過ごしていたので、
急に1人になると、なんだかとっても孤独でした。
(大学に入って、3週間も実家に帰っていたのは初めてだし)

しかし、ちょっとした鼻騒動でそんな孤独感もどこへやら…(つづく)


関連記事

コメント

ヒヨ吉さん>
 調査によっていろいろなことがわかってきているので、ウチヤマの保全に貢献できるようにがんばってまとめようと思います。

三宅島のウチヤマは噴火によって繁殖環境が大幅に減少してしまったので、環境画復元してnaoさんのフィールドの個体群がいつか三宅島に行ってくれるようになると嬉しいですね。
非公開コメント