09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Nao

Author:Nao
出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

ヨウムをお迎え

2014.03.25 18:13|ヨウムとの生活
3月20日、私のパートナーとして
生後10ヶ月のヨウムが我が家にやってきました!

正直、ついにやってしまった…という感じです。
ハルが実家に帰って寂しいからお迎えしたというわけじゃないですよー。

aP1040166.jpg

3月中旬、shinoさんから「ひごペットフレンド」という
四国最大のペットショップが近くにオープンすることを知り、
調べてみると、かなりの種類のオウム類が入荷しており、
ずっと飼いたいと思っていたヨウムもいるようでした。

見るだけ、見るだけだから…とオープン初日にペットショップへ。

しかし、お店に入ってヨウムを見た途端に一目惚れ。
shinoさんにLINEで実況中継。
飼育するのが非常に大変だということはわかっていたので、
店員さんと長い間いろいろとお話をしました。

簡単に飼えるものじゃないし…とすごく悩みましたが、
店員さんが不安な事について熱心に回答してくださったことや、
グランドオープンセール中で三連休の間に即売り切れるなーと思ったこともあって
ますます心が傾いていきました。

shinoさんと電話で長い間相談した結果…購入を決意!
こうして、私の大人買いによってヨウムは我が家にやってきました。

aP1040212.jpg

足の周辺に赤い縞があるちょっと変わったヨウムです。

雨の日、ペットショップから6kgのカゴとヨウムを提げて駅まで歩き、
電車の中でいろんな人にじろじろ見られながら
家まで持ち帰ったことは忘れません。

内気で大人しい子なので、
無事に育ってくれるかまだまだ心配ですが、
30年以上は生きるのでしっかりと愛情を注いであげようと思います。

ちなみに、ヨウムってこんな鳥
http://matome.naver.jp/odai/2135814436182531301

つづく
関連記事

コメント

非公開コメント