スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大量のイラスト

EUAC 美術部
03 /12 2013
イラスト

2月末から2週間かけて、なんとか城山自然観察マップ用の
絵を描き上げることができました!!

こんな短期間でこんなにたくさんのイラストを描いたのは初めてです。
鳥は時間が足りず、本当ならもっとしっかり描きこみたかったのですが
このあたりが限界です…。

それにしても日頃野鳥たちを観察していても、
いざ絵を描くとなったら、なかなか細部までは知らないもので、
sinoさんとあーでもない、こーでもないと言いながら手直しをしました。

今度からはしっかりと細部まで観察しようと思います!

植物に関しては東雲短期大学のM先生に大変お世話になりました。
一番下の絵の輪郭はM先生に描いていただいたものです。
自然観察マップに葉っぱの絵を載せる時は、写生大会のように美しく描くのではなく
特徴がはっきりわかるようなイラストを載せないと
葉っぱを見たときに何の植物か同定できない。という事も教えていただきました。

せみ

又、先週蝉の専門家Iさんに見ていただいたイラストも
なんとかOKサインをいただくことができ、ほっとしています。

左からアブラゼミ、ツクツクボウシ、ニイニイゼミ、クマゼミ、ミンミンゼミです。
一日中蝉と、セミの抜け殻を描いている時には心が折れそうでしたが
こうして無事に仕上げることができて本当に良かったです。
ご指導、ありがとうございました。

絵はなんとか仕上がったので、これから週末にかけて
自然観察マップの構成にとりかかります!!
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ヒヨ吉さん>
 ありがとうございます。でもこの後、野鳥の会の人に見ていただいていっぱい手直し入りました。

No title

これはすごい!

Nao

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。