モニ1000調査 上林 2013 冬

調査記録
01 /27 2013
DSCN0380s.jpg

朝9:00から上林へモニ1000調査のお手伝いに行ってきました。

お天気はとてもいいのですが、気温がとても低くて
双眼鏡を持つ手が震えます…。

今年は冬鳥が多いようなので、
去年の冬よりはいろいろ鳥が出てくれるだろうと話していたら
少し遠くからウソの声が聞こえ、いいスタートです!

DSCN0379s.jpg
↑(ホースから水が少しずつ噴出している所があり 
  その水が凍ってできた奇妙な形の氷。)

そして、今回は松林の所でキクイタダキ6羽と出会い
帰りのルートではルリビタキの♂と♀を発見!

何か林の中から出てきた。と思って双眼鏡で見ると
美しい青色の背中が…!

ルリビタキは今まで雌しか見たことがなかったので、
調査中にもかかわらず、興奮しすぎて
「あ、あれはルリビタキ雄!雄ですよ雄~!!」と叫んでしまいました(笑)

残念ながら写真を撮ることはできませんでしたが、
その分、すぐ近くにいた雌もじっくり見られました。

DSCN0381s.jpg

今回は、鳥の声を聞き逃さないように気を付け、
できるだけ鳥を見つけられるように頑張りました。
ルリビタキも見つけられたし、
去年の冬の調査の時よりは成長したような気がします。

調査中、気を付けていたのに結局ウソは現れず、
もう無理か…と思っていたら、最後に数羽が上空を飛んでいきました。
でも完全に逆光だったし、すぐに通り過ぎてしまったので
見たという実感が全くありません…(涙)

2週間後にまた同じ場所で調査です。
今度はウソをしっかり見たい~!


関連記事

コメント

非公開コメント

Nao

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/