帰省しました

ことりっぷ
11 /18 2012
DSCN8690s.jpg

11月15日の午後から18日まで
成人式の前撮りの髪型を決めるためミニ帰省をしました!

11月に入ってからは学祭準備に追われ
ゆっくりする暇がなかったので、久しぶりの休暇です。

DSCN8695s.jpg

shinoさんと蜜柑を取に山へ行き、

DSCN8709s.jpg

shinoさんにセンダングサをくっつけて遊んだり

DSCN8724s.jpg

ミツバチの巣箱にやってくるスズメバチを観察したりして
朝から自然を満喫しました。

DSCN8699s.jpg

ここから今治市街を一望すると心が安らぎます。

DSCN8684s.jpg

庭には今年もジョウビタキが来ていました。
家に来ているのも雌で、なかなか雄に出会えませーん。。。

人懐っこくて、屋根の上やアンテナの上に止まって
ずーっと鳴いています。
松山に戻る時も、門の上で鳴いて見送ってくれました。


帰省中、来週調査に行くためのテント組み立て練習をしたのですが
その報告はshinoさんのブログで!
今週も中間試験やレポートに追われ、週末は探鳥会と調査で
バタバタです~。

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ヒヨ吉さん>
モズの例、とても興味深いです!雄が雌より北にいるというのはしっかりとした理由があるからなんですね。
ジョウビタキにもそんな傾向があるのかもしれませんね。
でも、早く雄に出会いたい〜!

No title

山口孝志穂さん>

コメントありがとうございます!
帰省するといろいろな生き物に出会えて心が安らぎます。

いいねぇ~

No title

スズメバチよけは、なかなかのアイデアですね。
これはいい!

北米の、あるモズの例ですが、より北方にいるのは雄で、雌は雄よりも南下傾向にあると聞いた事があります。雄が北にいるのは、春になったときにより早く繁殖地に戻って条件のいいいテリトリーを確保するためだそうです。

ジョウビタキにもそんな傾向が、ひょっとしたらあるのかも???

Nao

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/