生物学実験 カワニナ個体数の推定実習2

理系な話
10 /10 2012
DSCN7307s.jpg

火曜日、カワニナ個体数の推定実習2回目が行われました。

実習は13:30~で午前中の授業は10:00に終了したので
暇つぶしに中川原橋の一つ下の橋まで行き、
そこからゆっくり鳥をみながら調査地である松原泉まで行きました。

DSCN7314sa.jpg

10:30~12:30までゆっくり鳥見。
重信川で鳥を見るのはかなり久しぶりです!

ふと上を見ると、ミサゴが飛んでいました。
双眼鏡でじっくり見ると大きな魚を捕まえて飛んでおり、
なんともすごい迫力…!!

青空に白い体が目立って綺麗です。

DSCN7332s.jpg

一方、調査地ではカナヘビが現れたり…

DSCN7329s.jpg

カメが潜んでいたり…
メインのカワニナ以外でかなり盛り上がりました。

DSCN7362s.jpg

2日目の実習では100個のカワニナを採取し、
ピンク色の標識テープをつけました。

10月だというのに、じりじりとした日差し。
すっかり日焼けをしてしまい、顔が真っ赤です…。

実習も残すところあと1日!


関連記事

コメント

非公開コメント

No title

Shinoさん>
 ミサゴはニコンのコンデジで撮りました。
 結構大きな魚を捕まえて飛んでいたのでびっくりです!
     

No title

ミサゴの写真、良く撮れましたね!
カメラはあのニコンでしょうか??
それにしても、大きな魚、何の魚かしら???

Nao

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/