野外実習 2日目

理系な話
08 /08 2012
DSCN8673s.jpg

野外実習2日目。
今日は朝から生物実験室で作業を行います。

DSCN8654s.jpg

まず、昨日回収したリターバックを開き、
中のアカメガシワとアラカシをそれぞれバットに移した後、
大きな葉は拾って封筒の中に入れ、乾燥器へ。

バットの中に残った細かい葉は網でこしとって
シャーレの中に移します。

DSCN8665s.jpg

シャーレの中には一見、細かい葉っぱや砂利しかないように思えるのですが、
顕微鏡で中を覗くと、カワゲラやトビゲラなどの生物がたくさんいるので
ピンセットで別のシャーレに移していきます。

この作業をリターバック×4、砂地採集物×2、礫地採集物×2の
計8つについて行うのですが、
初めこそ楽しかったものの、この作業が長く続くと
目と肩がかなり痛くなり徐々に精神的に苦しくなってきます。

2時間も立つと半泣き状態での作業…。

そしてこの作業が終わるまで今日は帰れないと知ったとき
皆の目は死んだ魚のような目になっていました…。

DSCN8671s.jpg

そして、なんとか気合で生き物をシャーレに分類した後は
いよいよ生物の同定です。

顕微鏡で足の数や口の形状を見ながら、表に照らし合わせて
少しずつ慎重に同定していくのですがこれがなかなか難しい。

カワゲラ目、トビケラ目、カゲロウ目、サワガニ
ユスリカ科、ブヨ科、ガガンボ科 etc. ...

DSCN8683s.jpg

それでも皆で協力して16:00までには本日のノルマを
達成することができました。

明日はいよいよデータ整理です!


関連記事

コメント

非公開コメント

Nao

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/