07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Nao

Author:Nao
愛媛で絵を描きつつのんびりと暮らしてます。出版社勤務。ブログは今年で11年目☆JAWLAS所属の鳥好き。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

ソウシチョウ捕獲調査3日目

2011.11.10 23:58|調査記録
ソウシチョウ捕獲調査1日目は→コチラ
ソウシチョウ捕獲調査2日目は→コチラ

P1320285.jpg

そして最終日…。
朝焼けがとっても奇麗でした。(写真撮り忘れた…)

朝6時に網を回収しに行ったのですが、何の鳥もかかっていなかったので
ついでに自動カメラの回収に行き、
SDカード2枚を手に取り、皆でわくわくしながら確認。

1枚目…私たちの足しか写ってませんでした。
2枚目…この1枚に期待を込めて確認

…あ、写ってる!!

と思いきや、捨て猫でした(涙目)

標高1400mの所なのに、捨て猫を3匹ほど見ました。
こんな場所に捨てられる猫も可哀想ですね。

P1320337.jpg

と、いうわけで7時に山荘しらさの方々にお礼を言って出発。
スタッフのみなさんも素敵な方で、お世話になりました。

一度土小屋から西条まで下山し、
石鎚ふれあいの里でポールや網を調達してから
ロープウェイ乗り場まで行く事に。

P1320367.jpg

しかし、ふれあいの里でソウシチョウが3日前くらいに囀っていた
という情報をいただいたのでロープウェイには行かず、
ふれあいの里の前にある山で網を張る事にしました。

ふれあいの里は標高140m。
このとき、気温は12度。

いつもなら12度でも寒い!と思うのに(私は寒がりです)
逆に暖かい…と思えました。
1000m以上下りてきたら、やはり気温が全然違いますね。

P1320348.jpg

軽トラで山側まで移動して、登ります。
あまり人は通らないらしく足下がちょっと危険ですが、
すごく素敵な環境です。

照葉樹林なので、やはりヤマガラが元気に動き回っています。

P1320350.jpg

自然のキクラゲ発見!!
みんなで「本当に食べても大丈夫なんですか!?」と不信感を
持っていましたが、キクラゲはキノコの中でも
しっかりと見分けることができる安心な種類だそうです。

これは帰りにお土産として、皆でもぎとって帰りました。

P1320365.jpg

鳥がかかりそうなポイントに
12mの網を4つ、3mの網を1つ張ります。

1、2日目の時にソウシチョウの声を流すスピーカーの音が
小さかったので、今回は私のipodやiphoneも設置して気合いを入れます。
常に野鳥の声をipodに入れて持っててよかった…と思いました。

P1320406.jpg

ふれあいの里で待機し、1時間おきに見に行くのですが
写真の山のてっぺんに見えるあの鉄塔まで上るため、
一回見に行くのに結構体力がいります。

そ、そしてなんと
1回目の巡回ではアオジの雄がかかっていました!!
この調子でソウシチョウも…と少し期待がかかります。


P1320370.jpg

待機時間も結構長いので、ふれあいの里のうさちゃんと戯れます。
これは脱走したウサギで、もともと5羽いたそうなのですが
狐に食べられてしまったようで、これが唯一残っている個体だそうです。
(みんなで必死に捕まえようとしましたが、うさちゃんの脚力の方が一枚上手でした)

P1320379_20111111003405.jpg

2回目の巡回でもソウシチョウはかからず、
他の鳥もかかっていませんでした……
鳥達は結構鳴いているのに不思議。

仕方がないので、お昼ご飯を食べてから
コウベモグラの死体をみんなで観察。
モグラの毛皮をモールスキンというそうですが、
確かに、モグラの毛ってすごい手触りですね…!
ふ・さ・ふ・さです。

P1320410.jpg

それでも暇なので、次は
銀杏拾いを手伝いながら時間つぶし。
(この銀杏は食べれる状態にしてふれあいの里で販売しています)
ふれあいの里HP→コチラ

P1320411.jpg

それにしても、すごい銀杏の数です。
この写真はほんの一部で、銀杏の実を踏まずに歩くことは困難だ!
という程落ちていました。

取った銀杏は川の中につけておきます。


P1320417.jpg

バンディングの際の識別についても勉強させていただきました。
奥が深くてなかなか難しいです。。。


3回目の巡回も捕獲数ゼロ…。
ヤマガラやウグイスなども鳴いているし、肉眼ではっきりと観察できる距離に
いるのですが、それらの鳥ですら網にかかりません。
なんだか不思議な感じがします。

もしかしたら、ソウシチョウの声が影響して…?


P1320421.jpg

4回目も何もかからず。
登ったり、降りたりが結構運動になります。

山の中ではいろいろな生物に出会うのですが、
何度もシーボルトミミズに出会うので、最後は捕獲。
(ヒキガエルのエサにするそうです…)

P1320422.jpg

さらに、暇すぎるので食堂にあった雑誌を読んでいたのですが
山ガールの雑誌を発見!!

「調査行く時に、このポンチョで行ったら草まみれになるー!」とか
「このタイツでは、木が刺さって痛い…」とか
みんなで現実的な話をして盛り上がりました。

結論として、山ガールは藪や笹の中には入らない(笑)
という話になり、一同爆笑。

確かに、山ガールは山用のパーカーを来て調査なんて
行きませんよね~…

P1320425.jpg


16:30頃5回目の巡回に行き、撤収。

結局、3日間ソウシチョウは捕獲できませんでしたが、
待機時間にいろんな方からソウシチョウに関するお話や
鳥以外のお話を聞く事ができ、本当にいい経験ができました。

P1320202.jpg

生物を対象としたフィールドでの調査の大変さを実感した3日間。
寒さには弱い私ですが、調査に参加していると寒さも忘れるくらいで、
本当にフィールドに出るのが好きなんだなと実感することができました。

ソウシチョウは四国で勢力を拡大させているようなので
今後ますます注目していきたいと思います。

山荘しらさの皆様、
森林総研・四国自然史科学研究センターの皆様、
そしてふれあいの里の山本さん
3日間本当にお世話になりました。

一緒に調査をさせていただき、ありがとうございました。
また機会があればよろしくお願いします。

関連記事

コメント

No title

ヒヨ吉さん>モグラガールってなんか可愛いですねぇ(笑)

No title

調査ガール、網ガール、藪ガール。。。。
モグラガールってのも、いいですね。

いろいろ新境地を開いていってください(笑)。
非公開コメント