ソウシチョウ捕獲調査1日目

調査記録
11 /10 2011
P1320133.jpg


11月7日~9日の3日間、
石鎚山の土小屋にて環境省委託のソウシチョウ捕獲調査があり、
初めて調査に参加させていただきました。

個人的に将来移入鳥類の研究をしたいと思っていたのですが、
まさかこんなチャンスに巡り会えるとは!!
大学の授業は先生に理由を一応話して休んだのですが、
理系の科目の先生は快くokしてくれました(たぶん)

P1320146.jpg



メンバーは石鎚ふれあいの里の山本さんと四国自然史科学研究センターの
皆さんの6人でスタート。皆さんいろいろなスペシャリストで
獣医さんもいらっしゃいました!

朝9:00から土小屋で調査開始だったのですが、
到着してみると、なんとすごい濃霧…。

こんなことでは網も張れないので、仕方なく霧が晴れるまで待機することに。
下界は晴天だというのに、石鎚の上だけ雲がかかってるんですよね。。。


P1320130.jpg


そして、あっという間に時間は過ぎ、15:30になった所で
霧が少し晴れてきたので下見に出発。

土小屋は標高1400mの場所にあり、
予想どおり結構な寒さでした。
しかも、結構地面がぬかるんでいるので、
日本野鳥の会で購入した折りたたみ長靴が重宝します。

P1320144.jpg

2カ所に自動カメラを設置。
何か珍しい動物が写ることを期待して…

P1320161.jpg

その後、2班に別れてソウシチョウの姿や声を探しに行き、
声が確認されたところで網を設置。
テープを流してひたすら待機しますが、なかなかソウシチョウは来てくれません。

しばらく待機していると、そこへ今話題の山ガールが歩いてきました。
「鳥見てるんですか~?なんかこの道では綺麗な鳥の声が聞こえますね~」と
話しかけられたのですが、ガールズが通り過ぎた後で

…鳥の声はテープで、しかも外来種なんです…。


と一同は思いました。

ソウシチョウ、声はなかなかのものなんですけどねぇ…

P1320174.jpg


その後も、結局ソウシチョウは現れず、1日目は撤収となりました。
宿泊したホテルは「山荘しらさ

薪ストーブの置いてある、とても素敵な宿泊施設です。
2Fではカフェもやっており、宿泊客以外の方も利用することができます。

P1320171.jpg

女性は私一人だったので、みなさんとは別の部屋となりました。
しかし、この部屋がかなり広く、6つもベッドがあるんです。

ちょっと個性的な配置になっているので、
どこで寝るかかなり迷いました(笑)

炬燵も用意されていて、とても嬉しかったです。

P1320329.jpg

夕食後は20:00からコウモリの調査へ出発!
車の窓を全開にし、バッドディテクターを窓から出して
音を探しながら走ります。
1日目は長沢方面へ探索に行きました。

しかし、コウモリ調査も難航です。。

22:00に全ての調査は終了。
明日は晴れると信じて初日は終わりとなりました。

霧よ晴れろー!

関連記事

コメント

非公開コメント

Nao

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/