09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Nao

Author:Nao
出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

動物遺物学の世界にようこそ!

2011.09.30 00:02|本・映画・音楽
P1110578.jpg

鳥学会でお会いした森林総研の方から、
「動物遺物学の世界にようこそ!」という本を紹介していただき、
注文していたものがやっと届きました。

P1110580.jpg

まず、どの羽がどこに対応しているのか?や
鳥の羽を識別する分類チャートなどが書かれています。
鳥の羽の本はたくさん出版されていますが、
これは鳥だけでなく獣毛の同定方法なども書かれており
非常にディープな感じです。

P1110581.jpg

そして、羽を見て識別するなんて男のやることじゃない!(笑)
ということで、できる人は「顕微鏡による小羽枝構造からの識別」を
するそうです(ひょえー)
おそらく、こんな識別をすることは一生ないだろうと思いますが、
初めてこの方法を知ったので驚きです。

P1110583.jpg

最後は鳥の骨を余すところなく掲載しています。
しかも原寸大で!!

見ているだけで、本当に楽しく役に立つ一冊です。
詳細は以下に記載しておきますね。

======
「動物遺物学の世界にようこそ! ~獣毛・羽毛・鳥骨編~」
著者:邑井良守・藤井幹・川上和人
発行:里の生き物研究会
発売:築地書館
定価:4,500円(税別)

内容:
野外には、たくさんの鳥や獣が生活しています。
しかし、その姿が見つからず、彼らが残した「遺物」だ けが見つかることも少なくありません。
枝に引っかかった獣毛、巣箱に残された羽毛、タカの食べ痕に見つかる骨など、
野外には様々なフィールド サインがあり ます。
しかし、日本ではその正体を探るための参考書が、ほとんどありませんでした。
この本では、日常的に動物遺物の識別を行う現役調査者が、
その実践的な方法を280ページにわたりフルカラーで紹介しています。
白黒でもかまわない鳥の骨までフルカラーです。
趣味の山歩きから、本格 的な環境調査まで、活用の仕方はあなた次第です。
限定1000部のみの発行ですので、購入はお早めに!

サンプルページダウンロード:
http://www.tmlphp.appspot.com/file/page/jfbn/doubututirasi.pdf

購入方法:
1)出版元直送
下記の担当者に、直接「この書籍が欲しい!」と連絡を入れてください。
====
里の生き物研究会
   E-mail: ssaito(at)jwrc.or.jp (斉藤)
====

関連記事

コメント

非公開コメント