05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Nao

Author:Nao
愛媛で絵を描きつつのんびりと暮らしてます。出版社勤務。ブログは今年で11年目☆JAWLAS所属の鳥好き。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

親子科学教室

2011.07.05 21:10|大学関係
       P1640715.jpg

現在、コツコツと下準備をしている「親子科学教室」の正式な募集要項が出たので
掲載しておきます♪

「親子科学教室」

日時:8月20、21日の2日間。(一回約50分程度)
場所:愛媛大学理学部

+++++++++++++++++++++++++++++++

第13回 理学部サマースクール
「親子で楽しむ科学実験-君もミニ博士になれる!-」開催のお知らせ

 理学部では,第13回 理学部サマースクール
「親子で楽しむ科学実験-君もミニ博士になれる!-」と題した
実験体験教室を8月20日(土),21日(日)の2日間にわたり開催します。

 この催しは,小学校4,5,6年の児童とその保護者を対象として,
身近なテーマの科学実験に親子で楽しく取り組み,科学のおもしろさ,
不思議さを体験してもらおうというものです。
身近な材料で「見る」「触れる」「実際にためす」といった直接体験を通して,
家族ぐるみで科学への関心を高め,理科好きの子どもを育成することを目的に企画しました。
次の9つの実験テーマのうちから3テーマを選んで行います。

実験テーマ

たたんで開いて,たたんで…
暗号を解読しよう
マイナス196℃の世界
ストローで楽器を作ろう
ドライアイスで遊ぼう
色を分けよう  
さかなの標本を作って観察しよう   ←(私がお手伝いする企画です)
きれいな炎色のキャンドル作り  
植物の遺伝子を取り出して観察しよう


[1]児童の氏名およびフリガナ
[2]当日付き添える保護者の氏名およびフリガナ
(安全のため1家族につき必ず実験に付き添える保護者が1名以上必要です。)
[3]郵便番号および住所 
[4]電話番号
[5]E-mailアドレス
[6]学校名と学年
[7]参加希望日
[8]希望する実験テーマ名(第4希望まで順位をつけてお書き下さい。
後日3つの実験テーマをご案内しますが,
人気のテーマに集中してご希望に添えない場合があります。予めご了承下さい。)

締め切りは7月20日で,申し込み多数の場合は,先着順(両日とも約110組)と
させていただきます。(残念ながら選考にもれた方には8月上旬のなるべく
早い時期にE-mailによる返信にてご連絡します。)
記入事項に不備がある場合やE-mail以外の方法では受け付けませんので,
ご注意下さい。参加者には8月10日頃までに案内状をお送りします。
ご提出いただいた個人情報は,本件に関する連絡・問い合わせのみに利用します。
参加費は無料です。

申し込み先
 E-mail:oyako11.ehime.u@gmail.com  
                        愛媛大学理学部生物学科 金田 剛史


詳しくは→コチラ

++++++++++++++++++++++++++++++


貴重な体験ができると思うので、小学4,5,6年生のみなさんは
ぜひぜひ応募してください♪

魚の標本作りは、かなりオススメです。

関連記事

コメント

Binbirdさん>
子供たちが理科に興味をもってくれるような授業に頑張ってしていこうと思います。

スコットランドの鳥達の写真や紹介、毎々とっても楽しみにしています。一度でいいから行ってみたい~!
こちらこそよろしくお願いします。

面白そうな企画ですね。
もしも参加できたら、-196℃の世界、魚の標本、キャンドルを選びたいです。あ、植物の遺伝子もよさそう。
様々な体験を通じて、理科好きな子が多く誕生するとよいですね。

先日はコメント残して下さってありがとうございました。
こちらからもリンクを貼らせていただきました。
これからもどうぞよろしくお願いします(^^)

ヒヨ吉さん>
魚の標本作りは、私がお手伝いする企画なんです~♪かなりハマります。

小学生の時にこのような経験ができるなんて羨ましい限りです。

最近は大人っぽい小学生もいるので案外大丈夫かも(笑)?

魚の標本作りがおすすめとは、マニアック!(笑)

でも、博物学を理解する上で、参加者の皆さんにとっても貴重な経験になるでしょうね。

いいなぁ~!参加したいけれど、物理的にできないのが残念!
非公開コメント