01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール

Nao

Author:Nao
出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

愛媛鳥見!!その2

2014.02.28 20:49|フィールドノート
2日目は松山で鳥見です!

鳥見1日目はコチラ→*愛媛鳥見!!その1

朝、松山駅から路面電車に乗って城山登山口へ。
折角なので坊ちゃん列車に乗れたらいいなと思っていたのですが、
平日なので運行は少なくて、普通の路面電車で移動。

DSCN0053_20140228204852237.jpg

10時頃から城山探鳥例会のコースを歩き、
いつも探鳥会がどんな感じなのかをお話しました。

探鳥会と違って少人数でひっそりと歩くので、
シロハラやシジュウカラ、アオジがよく姿を見せてくれて
のんびり観察しながら登っていきます。

2月の探鳥会では伐採はあまり進んでいなかったのですが、
今回行ってみるとかなり大掛かりな伐採が行われていて
ちょっと驚きました。

DSCN0051.jpg

結構大きな木も切られているようです。
大木を綺麗に切る職人の技術もすごいね!という話にもなりました。

帰りは東雲登山道を降りて、ロープウェイ街の方へ。
ロープウェイ街の草草でお昼ご飯を食べて
その後は重信川河口へ!

河口ではシギチやカモなどを観察。

aDSCN0057.jpg

ちょうど引潮だったので、少し河口を散歩。
いろんな足跡があって面白い~。

aDSCN0054.jpg

野生の犬も散歩してました。

aDSCN0059.jpg

犬が近づいたらカモとかが逃げちゃうからやめて~と思っていたのですが、
この犬はかなりなめられているようで、
カモたちはまったく逃げません(笑)

いろんなお話をしながらゆったり観察を行い、
2日目はそれぞれ次の予定があったので、
午後、ちょっと早めに鳥見を終えました。

aDSCN0055.jpg

お2人と探鳥をしていると、鳥の探し方や観察の仕方など
とっても勉強になりました。
時間があればフィールドスケッチもしたかったなー。

20歳最後の1日と21歳最初の1日を
3人で楽しく鳥見しながら過ごすことができ、
私にとって、とても忘れられない素敵な2日間となりました。

また3人で鳥見できるといいなと思います♪
今度は関東に私が行きますね!


+++
おまけ。

鳥や自然の絵を野外で描く、
「第1回フィールドスケッチ会」が不忍池で行われるそうです。
こんな会があるとは羨ましい限りです!
興味のある方はぜひご参加ください。

http://fieldsketchbook.blogspot.jp/

愛媛鳥見!!その1

2014.02.28 20:46|フィールドノート
24・25日、関東からヒヨ吉さんと15期部長さんがいらっしゃり、
2日間、3人でのんびり鳥見をしました!!

P2241732.jpg

ヒヨ吉さんと愛媛でお会いするのは高2の時以来です。
大御所との鳥見とあって大興奮。

そしてとてもお天気がよくて、非常に暖かい一日。
菜の花もよく咲いています。

aP2241733.jpg

1日目は終日西条で探鳥の予定だったので、
午前中は9時頃から加茂川でズグロカモメやシギチを観察。

私が愛媛の鳥見スポットをしっかり案内しなくてはいけない立場なのですが
実は西条ではあまり鳥見をしていないのであたふた…。
でも偶然、地元の優しいカメラマンさんとお話でき、
どこでどんな鳥が見られるか教えていただきました。

P2241724.jpg

加茂川で鳥を見るのは久しぶりです。
河口にはものすごい数のカモやシギチがいて、わくわくします!
(シギチあんまりわからないけど…!)

お2人の高価な双眼鏡も覗かせていただきました。

このメンバーでいろいろ観察できることがとにかく楽しくて、
ワイワイ鳥見をしているうちに
あっという間に時間が過ぎていきました。

P2241734.jpg

お昼を食べた後、メインの用事を済ませ
15時から鳥見再開です。

午後は蛭子でハイイロチュウヒを探そうとなったのですが、
蛭子は圃場整備がどんどん進んでおり、結構通行止めになっていて
なかなかいいポイントが見つからず…。

結局、しっかりハイイロチュウヒが見られる予感がしなかったので
ちょっと早めに鳥見を切り上げ、18時に解散となりました。

aDSCN0046.jpg

ちなみに、私は2011年にハイイロチュウヒを見に来ていました。
http://toritamadiary.blog10.fc2.com/blog-entry-1113.html


2日目につづく♪→*愛媛鳥見!!その2



ゆったり鳥見

2014.02.28 19:46|フィールドノート
2月も今日で終わりですね。
最後の集中講義が終わり、私は完全に春休みになりました。
なので、まとめて鳥見報告します!

23日はシロエリオオハムを見に長浜方面に行ってきました。

aDSCN0005.jpg

ちなみに、2012年3月にもシロエリオオハム探しに行っています。
http://toritamadiary.blog10.fc2.com/blog-entry-1176.html

最初は見られるかな…とやや不安でしたが、
探していると、シロエリオオハム発見。
観察できたのは1羽だけでしたが、
やはりシロエリオオハムは可愛いです。
このかわいさは図鑑を見ただけでは分からないですね。

さらに、イソヒヨドリがかなり近距離で撮影できて満足。

aDSCN0001.jpg

石鎚山に雪が積もっている様子がくっきりと見えて
いい感じです!

とてもお天気がよく暖かい一日で、
のんびり鳥見できました♪

aDSCN0029.jpg

+++
おまけ

重信川の土手には山羊が繋がれていてちょっとびっくり!!

aDSCN0025.jpg

sDSCN0026.jpg



西条自然学校 夜の学校 その113

2014.02.20 11:37|西条自然学校(82回~)
先月の西条自然学校の報告ができていないままでした…。

第112回はトンボの図鑑を書かれた
久松さんによる「トンボのお話」でした。

P1221341.jpg

112回の内容ですが、自然学校のスタッフの方が
facebookにまとめを書かれていたので、
こちらをお読みください!

西条自然学校facebook

+++

そして、昨日の113回は
「私の調査地、インドネシア・スラウェシ島」というお話でした。
講師は神戸大学大学院農学研究科昆虫多様性生態学研究室の小川さん。

小川さんはスラウェシ島で、デオキノコムシ亜科を用いた
生物地理学的起源の解明をテーマに研究をされている方です。

でも、デオキノコムシって何!?

aDSCN9985.jpg

小川さんによると…
尾が出ている(デオ)、キノコを食べる虫(キノコムシ)なんだそうです。

今回はデオキノコムシの説明というより、
スラウェシ島のお話や調査の様子がメインで
たくさんの写真と共に楽しいお話を聞かせていただきました。

aDSCN9990.jpg

ただ、スラウェシ島での調査はかなり過酷なもののようで…

山に登って昆虫採集を行うそうなのですが、
雨季はかなりの頻度で雨降るので、毎日濡れた服を着続けなくてはならないことや
ヒルが大量発生してつらいこと…などなど裏話(?)もお聞きしました。

ただ、サイチョウやインコ・オウムもたくさん見られるそうで
そこだけは羨ましいです!←

インドネシアのお金も見せてもらいました。

aDSCN9983.jpg

一体なんの鳥だろう…

aDSCN9978.jpg

スライドは写真中心のもので、
スラウェシ島での生活の様子がすごく伝わってきました。

小川さんはまたすぐにスラウェシ島に行くそうです。
お気をつけて~。


そして、最後になりましたが…

西条自然学校は第10回三浦保環境賞で大賞に選ばれました!
この賞は県内で長年環境活動に取り組んでいる個人や団体を表彰するものです。

aDSCN9964.jpg

西条自然学校も10年目を迎えました。
今後とも西条自然学校をよろしくお願いします♪

+++

次回

◆第114回 夜の学校「カワウのお話」
◆開催日: 2014年3月26日(水) 19:00~20:00
◆場  所: 西条市総合文化会館 視聴覚室
◆参加費: 100円 
      *申込不要
      *お茶とお菓子があります。
◆問い合わせ:080-5667-5134(西条自然学校)    

+++

CHARLEY HARPER

2014.02.18 12:06|本・映画・音楽
課題研究の発表も終わり、
昨日、生きもんマスターの入稿も完了したので
今日からは完全に春休みです。(まだ集中講義があるけど…)

1月、自然観察マップで追いつめられたストレスからか、
いくつか衝動買いをしてしまいました。

まずは「野山の鳴く虫図鑑」

P2041566s.jpg

自然観察マップのためにウンゼンツユムシを
描かなくてはならなかったのですが、
昆虫なんてじっくり見たことも描いた事もなく、
そもそも愛情もそんなになかったので(ごめんなさい)
ちゃんと描こうと意識しても全く描けませんでした。

ダメだしされて修正しても、う~んという感じで全くOKが出ませんー。

そんな時、いろいろ鳴く虫について調べていたらこの本に出会いました。
鳴く虫を生息環境とともに絵で描いているという
非常にマニアックな本です。
一瞬、どこに需要があるんだろうと思ってしまうほどのマニアックさ。
細密画ではないので、どこまで参考になるかは分からなかったのですが
鳴く虫に親しむことを目的として衝動買いしちゃいました。

でも、家に届いたのはイラスト修正が終わってから…。
今後役立つ事と思います!

***

そして2冊目は
CHARLEY HARPER のイラストレーションブック。

P2041562d.jpg

可愛すぎます!!

アメリカのモダニズム画家チャーリ-・ハーパーの画集です。
もともとは生物学者になろうと思っていた方ですが、美術方面に進み、
自然を題材にした作品を数多く手がけました。
the Giant Golden Book of Biology の挿絵などが有名です。

鳥や動物の作品も素敵ですが、
個人的にはメンデルのイラストや人体図などの
簡略化された挿絵の作品が好きです。

https://www.charleyharperprints.com/products-page/golden-book-of-biology/

そして、スマホのケースまで衝動買いしてしまいました。

こちらはイギリスで完全受注生産のため届くのに時間がかかり、
数日前にやっと届きました!

aP2121641.jpg

もともとは横長のイラスト
http://www.thesweetersideofmommyhood.com/wp-content/uploads/2013/01/740.jpg

aP2121637.jpg

以前はきのこカバーを使っていましたが、
今日からはこの新しいケースと暮らします。

ほかにもいろいろなカバーがあります
http://www.charleyharperprints.com/shop/category/phone-skins/

でも、このケース4s用のケースなのです。
しばらくは5sに乗り換える事は諦めます〜。

課題研究ポスター発表会終了★

2014.02.16 19:01|ウチヤマセンニュウ調査
週末、大学で理学部の卒業研究発表会が行われ、
今日の午前中は卒論発表会の休憩時間に
3年生の課題研究ポスター発表会が開催されました。

今年の課題研究の参加者(生物学科)は24名。
それぞれが去年の10月から半年間研究したことを
ポスター形式で発表します。

P2161688.jpg

私はウチヤマセンニュウについてのポスター発表を行いました。
鳥のことをよく知っている人が聞きにくるわけではないので
興味をもってもらえるかな…と心配していましたが、
先生方がたくさん質問をしてくださり、
とても充実した発表会となりました。

I先生は発表者の1人1人に「研究しててワクワクした!?」と
質問していたらしいのですが、私には聞いてくれませんでした。
私、そんなに楽しそうに発表してたのかしら(笑)

そして、キビタキ君の指し棒も再登場。

写真 5

調査地やウチヤマの写真もたくさん持っていっていたので
説明するのに役立ちました。

発表前は何日も研究室に泊り込みで作業をしていた人や、
印刷機がちゃんと動いてくれなくて23時にポスター印刷をしていた人もいて、
それぞれ大変な思いをした課題研究。
終わった後は皆達成感でいっぱいでした。
(来年の卒論はもっと大変なことになりそう…)

P2161720.jpg

そして、今回この発表会で
ウチヤマのポスターがベストポスター賞に選ばれました。

賞をいただいたのは4名なのですが、
全員が女性、しかもうち3名が植物の研究をしている人たちだったので
なんとか鳥の研究で生態研に貢献できてよかったと思います。

課題研究、まだまだ課題はたくさん残りましたが
ウチヤマセンニュウの研究をするにあたって
本当に多くの方にお世話になりました。
何度も原稿のチェックをしてくださった皆様、本当にありがとうございました。
また来年度もウチヤマを続けるので、よろしくお願いします!

+++
おまけ

P2161696.jpg


前日、このキビタキ君の指し棒の話をしていたら、
ほかの人も当日にシカのマスコットやカエル、にょろにょろ付きなど
創意工夫を凝らした指し棒を作ってきていました。

非常に団結力のある(?)仲の良い生物学科です。


2014年2月 松山城山探鳥例会

2014.02.15 13:47|城山探鳥例会
2月も中旬なので、そろそろ城山の記事をUPしておきます。

2月2日、城山探鳥例会が行われました。

aDSCN9928.jpg

天気予報では雨だったので中止になるかなと心配していたのですが、
無事に探鳥会を開催することができました。
今回は取材のため、あいテレビの方が3名ほど参加。

集合場所ではジョウビタキのメスが観察できたので、
幸先のいいスタートだなと思っていると、
歩き始めてすぐのところで枯れ木に止まっているタカを発見!
これには皆さん大興奮です。

aDSCN9925.jpg

しかし、そのタカがハイタカかオオタカか…??と微妙な空気に。
しばらくそこに立ち止まってみんなで図鑑を広げてはモヤモヤ。

鳥合わせの段階ではオオタカとしていましたが、
後にハイタカであることがわかりました。

aDSCN9936.jpg

テレビ局の方が大きなカメラを担いで、
一生懸命鳥を撮影してました!
大変そう〜。

今回も子供達が多く、
コゲラやカラ類もしっかりと観察して楽しみました。

参加者 49名 うち初参加者12名 会員16名
観察した鳥 17+1種 
ハイタカ1 チョウゲンボウ1 キジバト12 コゲラ5 
ヒヨドリ30+ ジョウビタキ1 シロハラ3 ツグミ3 
ウグイス1 ヤマガラ10+ シジュウカラ5+ メジロ20+ 
クロジ2 カワラヒワ7 ムクドリ2 ハシボソガラス10+ 
ハシブトガラス4 ドバト10  


*******************
次回 2月2日(日) 8:30~11:00
    県庁横西登山口 集合
    雨天中止
*******************

おまけ
P1261558s_20140215122400094.jpg
(↑バイト先で可愛いデコ寿司をいただきました)

今回、取材に来ていた愛テレビの放送は2月5日(水)に行われました。
自然観察マップの挿絵を担当する大学生をメインにした取材で、
タイトルは「はばたけリケジョ!鳥を描き続けたい」でした(笑)
城山探鳥会の様子も最初にバッチリ写りましたよ~。

川虫ハンドブックできました★

2014.02.12 13:50|絵・美術部 
去年、一生懸命イラストを描かせていただいた
「愛媛県南予地方 川虫ハンドブック」がついに完成しました!
(2月10日発行)

aP2131645.jpg

このハンドブックは愛媛県南予地方の河川に生息する生き物のうち、
数が多く、観察しやすい44種を紹介したハンドブックです。
特定非営利活動法人 かわうそ復活プロジェクトが発行しています。

今回、私はイラストの挿絵を担当させていただきました。

私の描いた線画にプロのデザイナーが色などを加え、
綺麗に仕上げてくださっています。

aP2131649.jpg

川虫の生活環などについては、
「滋賀の水生昆虫」に描かれている図を参考にして描いて欲しいといわれ
(了解をいただいているそうです)
似ているけどちょっと改変した図を描くのに苦労しました。

aP2131650.jpg

そして、川虫だけでなく
今回は観察用の道具や、苦手な人間も担当。

aP2131647.jpg

そして、最初のページの「見分け方」の図。
この、1つ1つの川虫を描くのに…非常に苦労しました。
イラレで描くという簡単な方法もあったのですが(線も綺麗だし…)
今回は自分の腕を磨きたいと思い、手描きにこだわりました。

水生昆虫なんてそんなに見た事もないし、
あまり描き込まずに必要最低限の線だけで表現しなくてはならなかったので、大苦戦!
写真を送っていただいても、構造が意味不明です…。

知らないということは恐ろしい事で、
水生昆虫の基本的な部分を知っていれば、絶対に描けるはずなのに
全く知識がないので結構いい加減に省略してしまうんですよね…。

本当に担当の方にはたくさんの修正で何度もご迷惑をおかけしました。
去年の12月31日にウズムシの絵を追加で描いていたのはいい思い出です。

IMG_7024.jpg
(↑まじめな生活環の図にするか、漫画チックにするか悩んでいるときの写真。
  いろいろなパターンを考えましたが、まじめな図で落ち着きました。)

今後はしっかり下調べをする時間をちゃんと作って、
研究してから挿絵に取り組みたいと思います。

aP2131658.jpg

1ページに1種の形式です。
川虫ハンドブック、いろいろな川虫の写真と解説があって
本当に素晴らしい内容となっております。
どこかで見かけたら、ぜひ手にとって見てみて下さいね。

私はこれを見て、川虫について勉強したいと思います(笑)



カスミサンショウウオ調査(1/28)

2014.02.11 12:24|調査記録
1月の活動をブログに載せることができていなかったので
ちょっとずつ更新していきます!
(自然観察マップの後日談はこのあたりが終わってからぼちぼち…)

IMG_8398.jpg
↑カスミサンショウウオ

1月28日、日ごろ大変お世話になっている先輩のお手伝いで
火曜日の朝7時からカスミサンショウウオ調査に行ってきました。

1月、いろいろな締め切りで追い詰められ、死にそうになっていた
私にとって調査は本当にいい息抜きです!

今治にはカスミサンショウウオの保護区がいくつかあるのですが、
カスミサンショウウオなんて見たこともないし、
調査って一体どんな感じなんだろうとわくわく。

しかし、この調査がかなり過酷であることに私はまだ気づいていませんでした。

IMG_8386.jpg

調査地点は8つ。
ます最初の地点でサンショウウオの姿を確認。
許可をとっているので捕獲して、いろいろな測定をするのですが、
「カスミ」サンショウオなだけあって捕獲がものすごく大変でした。

姿を発見できても、網を突っ込んだら水が濁ってしまうので
みごとに逃げられてしまいます…。
さらに、保護色なのでそもそも見つけるのに一苦労。

IMG_8411.jpg

( 道路に寝転がり、腹筋を駆使して、サンショウウオを探す私と先輩。
 ↑完全に不審者 )

そのため、水を濁らさないように、
落ち葉を1つ1つ丁寧に、ひたすらめくっていくという作業。

この日は結構寒くて、途中で心が折れそうになることも…。
ひどいときには1匹捕まえるのに1時間かかりました。

IMG_8396.jpg
(↑カスミサンショウウオの保護区で調査)

特に広い水路は、落ち葉をめくり続ける途方もない作業で、
精神的に追い詰められます。
でも、サンショウウオの姿がちらっと見えると、
「でたー!!!」と大興奮(笑)

日が暮れるまでひたすらサンショウウオを探し、
捕獲&計測し続けて家に帰ったのは21時。


IMG_8409.jpg

寒かったけど、アカガエルの卵をはじめて見たり、
サンショウウオのオスメスもなんとなくわかるようになったりして、
充実した調査でした。

自然観察マップ

2014.02.04 17:31|絵・美術部 
mapillustration9_20140204172119c78.jpg


去年からずっと取り組んでいた、自然観察マップ。
ついに、今日完成してデータを入稿してきました!

まつやま新聞、NPOの缶バッジなどマップ以外にも制作物が重なり、
提出までの最後の一週間は過去最高の追い込みで
本当に睡眠不足で死ぬかと思いました…。

IMG_8442.jpg

マップの内容や地図も重要ですが、
最後の1週間はイラストのチェックが入り、
描いて→チェックを受ける→やり直し→再チェック…と
家に帰って朝まで寝ずに絵を描き続ける日々でした。

眠いけど描かないと間に合わない…!!という恐怖との戦いです。

しかも今回は昆虫がダメダメで、
ウンゼンツユムシにはずいぶんと泣かされました。
(詳細は後日談で)

IMG_8463.jpg

又、2月2日の野鳥の会愛媛の役員会では
役員のみなさんからここがダメだとか、色はもっとこうだとか
たくさんのアドバイスをいただきました。

マップの挿絵は限られた時間でたくさん描かなくてはいけないので、
本当はちゃんと1つ1つ下調べをして、しっかり見て描けたらいいのにな…と
いつも悔しい思いをします。

でも、みなさんのアドバイスのおかげで
短時間でもポイントを抑えた絵を描くことができました。

IMG_8237.jpg

そして2つ目に大変だったのが、マップ本体の制作。
地図も最後の最後で差し換えになって描き直したり
描いたイラストをスキャンして取り込んで切り取る作業をしたり、
イラストの修正だけやっているわけにはいかないのが現実です。

shinoさんにはお寺やトイレの下絵をたくさん描いてもらい、
非常に助かりました。


IMG_7873.jpg

まだマップの詳細をお話することはできないのですが、
今回はマップを仕上げていく段階で、私個人にあいテレビの取材が入り
明日の夕方のニュースでちょこっと取り上げてもらえることとなりました。
描きかけの恥ずかしい挿絵が出ると思うとちょっと恐ろしいです…。

イラストを描いている間、つらいこともたくさんありましたが
振り返ってみれば、楽しく充実した作業でした。
たくさんの人に支えられて、自然観察マップを作ることができ
完成が待ち遠しいです。

今回、自分の絵のダメな部分が見えてきたので、
次回は短時間でもいい絵が描けるように頑張りたいと思います。
(やっぱりいい絵を描くためにはスケッチに出かけなきゃ~)

気がついたら筆を持ったまま床で寝てる…という
恐ろしい日々は今日でおしまいです!!(たぶん)