04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Nao

Author:Nao
出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

皿ヶ嶺 鳥調査 2013

2013.05.31 20:40|調査記録
DSCN0760s.jpg

今日は皿ヶ嶺の調査に行ってきました。

この調査は2年前に行われたものと同じで、
竜神平までのコースを歩いて定点観察をする調査です。

ちなみに、2年前の調査↓
http://toritamadiary.blog10.fc2.com/blog-entry-979.html

調査開始は5時ですが、今回はそれより少し早く行って夜の鳥の調査も行いました。
ヨタカやトラツグミの鳴き声を聞きながら、風穴へ。
そこから、懐中電灯を片手に慎重に竜神平まで歩きます。

DSCN0775s.jpg

4:30に山頂に到着。
でも、5:00から風穴に一番近い定点で調査を始めなくてはならないので、
また歩いて最初のポイントに戻ります。

歩くうちにだんだん夜が明けてきて、鳥の声も聞こえ始め、
皿ヶ嶺に来たのは久しぶりだったので癒されます~。
でも、ソウシチョウが2年前と比べて多くなってきたような気が…(気のせい?)

DSCN0769s.jpg

オオルリがよくサービスしてくれて、私のコンデジでも十分に撮影できました。

コガラ、ヒガラ、キビタキ、オオルリ、ミソサザイ、ウグイスなどの声を聞きましたが
アカショウビンの声は遠かった…。

6:00過ぎに山頂に到着し、そこから定点調査をしつつ下山します。
久しぶりに山に登ったので、本当に体力の衰えを感じました…。

復路ではオオアカゲラを1年半ぶりに見ることができ、満足。
緑の木々に赤い部分が映えて綺麗!

DSCN0783s.jpg

ミソサザイの撮影にも成功。(これもコンデジで)

調査終了は8:00。一日が長い~!

一睡もせずに調査に来て、しかも山頂まで二往復したので
この後の授業では睡魔と闘わなければならない大変な一日でした(笑)

また二週間後に調査に行きます。

製作開始

2013.05.29 20:48|EUAC 美術部
DSCN0757.jpg

少し前に真っ白に塗りつぶした油絵ですが、やっと下塗りをしました。
いろいろツッコミどころはあると思うのですが、下塗りなのでお手柔らかに~。

結局、50号に何を描くか…と考えると鷹になってしまうんですよね。
背景に関しては一切考えてないのですが、
場合によってはまた俯瞰図になるような気がします。

ただ、今回は高校時代の書き方とは違った、
新しい描き方を追求していこうと考えているので
少しずつ描いていこうと思います。

少し前までは、高校時代に描いたハイタカの絵を越せるような絵は
自分には描けないだろう(製作時間的な意味でも)…
とネガティブになっていたのですが、
なんとなくその壁を越えられそうな気がしてきました。


photo(3).jpg

そして、最近平行して描いているのが、新聞に使う挿絵。
高縄山と鹿島の絵を描いて欲しい!と言われ、
小学生以来、初の水彩・風景画に挑戦しています。

そもそも、風景を描くのは嫌いだったはず…なのですが、
あーでもないこーでもないと言いながら、奮闘中。

photo(2).jpg

今、shinoさんに爆笑され続けている鹿島の絵。
船が沈みかけてるとか、波の様子が変とか
絶対にツッコんじゃだめですよ…!!

この絵を今どう直していくか、というのを日々考えています(笑)

やっぱり風景画は難しい~…。
でも、ちゃんとした作品にしたいので、男鹿和雄さんの画集を購入して
技法などについて勉強しています。

でも、自然を描く場合、大切なのは対象物をしっかり観察することで、
『「活きているかたち」を捉えるには、日頃からの観察と写生が大切であり、
対象物に思い入れを持つことが表現への近道になる。』という男鹿さんのお言葉を見て、
やはり日頃からしっかり観ていないときちんとした自然の絵は描けないんだなと思いました。

もっと樹木の観察しなきゃ。

photo(1).jpg

しかし締切まで時間がないので、学校でも時間を見つけて
挿絵を描いています。(←完全に怪しい人)
短時間で質を保ちながら絵を仕上げることの難しさを実感。

ちなみに、挿絵は最終的には全てモノクロになります。

BLGRaLUCQAIUm6R.jpg

私が絵を描く時に筆洗として使っていた入れ物で水浴びをされてしまいました!
周辺にあったパソコンも、私もびしょ濡れに…。
そもそもバードバスを筆洗にしていた私が悪いんですけどね~。

はるちゃんは、先日から左足の様子がおかしく、
どうやら栄養失調みたいなので(餌をかなり選り好みして食べているようです…)
「ネクトンS」を購入して与えています。

早く元気になるといいです!

モニ1000調査&県内探訪観察会

2013.05.25 16:11|フィールドノート
DSCN0683s.jpg

今日は朝5時から久々のモニ1000調査に行き、
その後9時から伊予市中山町の県内探訪観察会に参加してきました。

モニ1000では、開始早々サンコウチョウの声が聞こえ、雌の姿がちらちら。
雄はいないのかなーと思っていたら、
最後の最後で雄の美しい姿も見ることができました。

さらに、オオルリが姿を見せてくれたので朝から大興奮!!
幸せです。

DSCN0686s.jpg

9時からは、伊予市中山町の探鳥会に参加。
前回は3月にここで探鳥会を行いましたが、
その時は小雨+スギ花粉でとても辛かった思い出が…。
http://toritamadiary.blog10.fc2.com/blog-entry-1333.html

今回、集まったのは講師の方と私ともう一人の計3名。
これは…超少人数の探鳥会です。

DSCN0695s.jpg

中山町は鳥があまりいないらしいのですが
歩き始めはイワツバメがよく見られ、
田んぼの近くでじっくりと観察しました。

太い電線が被ってしまい、姿をしっかりと撮れず残念。

私はイワツバメより顔に赤が入っているツバメの方が好きなのですが
こうしてみると、イワツバメも十分可愛いですね。

DSCN0711s.jpg

キセキレイ(♂)も黄色が目立って綺麗です。

DSCN0716s.jpg

こちらはデザインマンホール。
デザインマンホールは地域の特色が現れているので
見つけるたびに写真にとって保存しています。

ちなみに、西条のマンホールはカワセミが描かれています。

DSCN0733s.jpg

そして後半は松森城森林公園へ。

最初は鳥がいない雰囲気だったのですが、
キビタキの♂♀が現れたり、ヤブサメが近くで見られたりと
結構探鳥を楽しむことができました。

ホトトギスが近くで鳴いていたので、姿が見られるかも!と思い
しばらく探したのですが、飛ぶ姿しか見られませんでした。
でも、今までホトトギスの声しか聞いたことがなかったので
飛んでいる姿だけでも「おー!」と感動しました。

DSCN0728s.jpg

ちなみに、今回メマトイにはかなり悩まされました。
目の周りを飛び回って、かなりイライラが増幅します。
よく見ると、目が赤いんですね。

メマトイが寄ってこないようにするにはどうすればいいんだろう…と
思っていると、こんな面白いサイトを発見。

「メマトイ対策委員会」
http://www9.plala.or.jp/fly-high-fisher/bangai/b-mematoi.html

やはりみなさん、メマトイにはイライラさせられているんですね。

DSCN0752s.jpg

今日は最高気温が29度らしく、じりじりとした日差しに
かなり体力を奪われてしまいました…暑かった…。

帰りに重信川に寄るとコアジサシが水浴びをしていました。

今日は朝からサンコウチョウ、オオルリ、
探鳥会ではキビタキ、ヤブサメ、リュウキュウサンショウクイ、
帰りにはコアジサシの姿(5羽)をじっくりと観察することができ、
久しぶりに充実した一日でした。

まちづくり!!まつやま新聞

2013.05.19 18:29|とりたま新生活(2011~)
DSCN0631s.jpg

昨日は「まちづくり!!まつやま新聞」の編集をしている
愛媛大学の学生と一緒に、取材のため高縄山、鹿島に行ってきました!!

ドライブ特集の記事に自然観察を組み込みたいとのことで、
私は野鳥観察の講師?的なポジションで参加。

DSCN0626s.jpg

12:30に高縄山に到着し、30分しか滞在できないとのことで
聞こえてくる鳥の声の説明をしながら、ハイペースで歩きます。
キビタキもすごく近くで鳴いていたので、本当はそこで
ゆっくり待っていたら姿が見られたかも…とちょっと残念です。

ほとんどの人が法文学部の学生で野鳥観察は初めてだったらしく、
スコープを覗くだけで、すごい!よく見える!!と
喜んでくれました。

ちょっとお天気が曇っていて、展望台からの景色はイマイチ。

DSCN0665s.jpg

高縄山の後は鹿島へ。
こちらは海の生き物を中心に取材を行いたいとのことだったので、
アオサギやイソヒヨドリを見てもらいました。

いつもは目視でスルーしてしまうカワラヒワも
スコープに入れて見せると、「わー綺麗!!」と言ってもらえました。
カワラヒワもじっくり見ると綺麗ですよね。

DSCN0663s_20130519180519.jpg

鹿島を16:20に出発し、その後は鹿島の近くのtowerという場所で編集部の方々と
今日の取材についてまとめを行いました。

towerからは鹿島の美しい景色が見られます。
TOWER(タワー)はオリジナル家具の工房で、
1階と2階は工房、3階はショールームとカフェになっています。
開放されたカフェなので、誰でも自由に過ごせる場所です。

towerについてはコチラ

http://www.tower-furniture.com/

dsc00127.jpg
写真:http://www.sakanouenokumonomachi.net/より

紹介が最後になりましたが、「まちづくり!!まつやま新聞」は学生がつくる新聞で、
「坂の上の雲ミュージアム」指定管理者の四電ビジネスが発行をしているものです。
発行は現在年3回で1回あたり25000部ほど発行されています。

私は新聞社の方に勧められて、今月から「まちづくり!!松山新聞」の編集部に入ることになりました。
次号から新聞のデザイン・構成を担当していく予定です。
加えて、今回取材した記事中で使う鳥と景色の絵を描く仕事を任されました。

今まではプロの方がデザイン・構成を担当していたということで
プレッシャー大ですが、頑張って素敵な新聞をみなさんと作って行きたいと思います。



再出発!

2013.05.17 18:37|EUAC 美術部
IMG_3026.jpg

5月から日本ワイルドライフアート協会の会員になりました。

いろんな人の作品を見て、絵を描く意識を高めたい!と思い入会を決意。
しかし、問い合わせてみると、役員会で行われる絵の審査を通過しなくては
会員になれないとのこと…。
それで恐る恐る3月下旬に応募しました。

ホームページを見る限り、会員の方の作品はとても質が高く
私は場違いなのでは…とビクビクしていたのですが、
無事に審査を通過し、会員になることができました。

さらに畏れ多くも、ワイルドライフアート協会のHPのリンクに
toritoriワールドを載せていただきました。
http://www.jawlas.jp/links/index.html

IMG_3045.jpg

それに加え、8月に行われる高校時代の部活のOBによる展示会
「青藍展」に作品を出品することになったので、
半年間手直しをしようと思ったまま放置していた50号の油絵をつぶすことに。

3時間程度で何もなかったかのように塗りつぶされました。

こうしてみると、去年一年の私の努力はどこへ…と思うのですが、
放置されていたものは仕方がないので、
一度まっさらにして再びここから再出発です。

SnapCrab_NoName_2013-5-19_18-36-52_No-00.jpg

そして今度もまた鷹を描くことになりそうです。
8月中旬には出展しなくてはならないので、ここからが地獄。
今回は最初の下絵の段階である程度しっかりしたものを
描いておこうと思います!

でもハルちゃんが心配そうにこっちを見ています(笑)

ウチヤマ調査2回目

2013.05.15 22:21|ウチヤマセンニュウ調査
DSCN9931.jpg

後期に行われる課題研究に向けて、
4月からウチヤマセンニュウの調査が始まりました。

調査は無人島で行うので、潮の引いている時間帯を選んで行かなくてはならず、
行ける日が限られてしまうのでなかなか大変です。
第1回目は4月27日に行い、今朝第2回目の調査に行ってきました。

個体数の推定を行うためにテリトリーマッピングを行うのですが、
実際にやるのは初めてなので緊張。。。
一羽囀っている時は動きを観察しやすいのですが、
複数個体さえずっている所では、「え?え…?」となることもありました。
うーん、まだまだ修行が必要です。

今週中に、今日のデータをまとめる予定です。

DSCN0619s.jpg
↑ウチヤマセンニュウ
去年初めて見たときにも思ったのですが、独特の鳴き声が可愛くて好きです。

今回の調査はたくさんの方に指導をいただきながら行っており、
本当に頭が上がりません。
課題はたくさんありますが、いい成果があげられるように頑張っていこうと思います!

+おまけ+

IMG_3018.jpg

ハルちゃん、日に日に大きくなってます。
最近は紙やキーボードを噛むようになりました…。

薮内さんの日本の野鳥セット

2013.05.09 17:32|本・映画・音楽
DSCN0542s.jpg

以前、「くちばし」を購入した時に
気になって木になって仕方がなかった
「復刊・薮内正幸日本の野鳥セット」をついに買ってしまいました!

これは、福音館書店創立60周年記念として限定で発売されたもので、
ペーパーバック版と通常版の2つがあります。

4月初旬に発行されたにもかかわらず、
通常版は月末には一時的に在庫切れになっていたため、
迷っていたらなくなってしまう…と思い、思い切って買っちゃいました。

この日本の野鳥セットは1973年に「にわやこうえんにくるとり」が1巻目
として発行され、1980年の「うみのとり」で完結を迎えた絵本の復刊です。


DSCN0543s_20130509173956.jpg

絵本版は一時的に絶版になり、
現在は「野鳥の図鑑」として1冊の本にまとまったものが販売されています。
私はこの1冊にまとまった本に小学校2年生の時に出会い、
それ以来愛用しすぎてページが外れてしまいました。

それが、今回の復刊でもともとの絵本版を手にすることができ、幸せ~!!
しかも図鑑版とくらべて絵が大きく、新鮮です。

一生大切にします!
でも、何度も読んでいるとこれもボロボロになって行く予感…。

セットの詳細はコチラ↓
http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.php?goods_id=22996

城山探鳥例会 2013年5月

2013.05.05 23:14|城山探鳥例会
DSCN0469s.jpg

今日は5月の城山探鳥例会の日でした。

ゴールデンウィーク中なので参加者は少ないかなーと思っていたのですが、
開始時に既に40人を超え、小学生がたくさん来てくれたので
非常に賑やかになりました。

DSCN0424s.jpg

前回、お天気が悪くてあまり配布できなかった
「松山城山自然観察マップ」もみなさんに配布。

50部ほど持って行っていたのに、あっという間になくなりました。

特に小学生の子供たちがマップを気に入ってくれていたので
とっても嬉しいです。

DSCN0475s.jpg

「キジバトの目はね、赤いんだよー」
「ドバトの目だって赤いよー」

という小学生同士の会話がなんとも微笑ましいです。

松山中央高校バーウォッチング部のOBの大学生の方も
3人ほど来ていて、小学生に野鳥の解説をしてくれていました。

DSCN0460s.jpg

今回はカラ類が少なめで、前半はキビタキの声もなく寂しい感じでしたが、
中盤ではセンダイムシクイの声がよく聞こえ、
キビタキの声もわずかに聞こえ出します。

そして後半ではキビタキが姿を見せてくれたので、
皆さん地面に座り込んで観察しました!

一部の方はエゾムシクイの声も聞いたそうです。

DSCN0527s.jpg

ゴールデンウィークにこんなに人が集まるのは久しぶりで、
10ヶ月の赤ちゃんもお母さんと一緒に参加!
平均年齢がぐっと下がった賑やかな探鳥会でした。

時間:8:40~11:30
参加者:47名(うち 会員34名 初参加者:4名 )
見られた鳥 :17+1種 77+羽
キジバト2 アオゲラ1 コゲラ5 ツバメ9 ヒヨドリ4
ウグイス3 センダイムシクイ2 エゾムシクイ1
キビタキ5 ヤマガラ4 シジュウカラ2 メジロ10+
カワラヒワ4 スズメ10+ ムクドリ1 
ハシボソガラス6+ ハジブトガラス3 カワラバト5

*******************
次回 6月2日(日) 8:30~11:00
    県庁横西登山口 集合
    雨天中止
*******************

おまけ

DSCN0534s.jpg

探鳥会の最後にIzuさんから村上康成さんの描いた
鳥達のタオルとモモンガのハンドタオルをいただきました!!

村上さんの描く絵は何度見ても素敵です。
可愛くて使うのが勿体ないので、飾っています♪

ありがとうございました。


鹿島に行ってきました

2013.05.03 20:59|とりたま新生活(2011~)
P1120957s.jpg

5月2日、鹿島に遊びに行ってきました!

鹿島は北条沖にある周囲1.5km、標高113.8mの小さな島で
その名の通り鹿のたくさんいる島です。

小さい頃、shinoさんと一度だけ行ったことがあるのすが
かなり昔のことなので、どんな島だったのかはすっかり忘れてしまっていました。

DSCN0286s.jpg

往復200円の船で島へ行くのですが、
なんとその船の上には鹿が乗っています!

平日だし、あまり人はいないかなーと思ったのですが、
3日にお祭りがあるらしく、その準備で島へ行く人達や
遠足で鹿島に行っている高校生達がたくさんいて賑やかでした。

DSCN0307s_20130503204802.jpg

鹿島に到着し、まずは展望台を目指して登ります。

軽い遠足気分でブーツを履いてきた私は、
この後非常に後悔することになりました…。

DSCN0349s.jpg

山の中はこんな感じになっていて、歩いていてとても楽しめます。
ただ、鹿に喰われてる木が目立ちます。

DSCN0339s.jpg

そして、歩いているとすぐ近くにキュウシュウジカが!
寄ってくるわけでも、逃げるわけでもなく
微妙な距離を保ちつつじーっとしています。

こちらもあまり刺激しないように大人しく観察。

ちなみに、島の入口では飼育されている鹿たちを見ることができます。

DSCN0369s.jpg

途中、アオサギが営巣しているのを発見。

DSCN0321s.jpg

とてもお天気がよかったので
展望台からは綺麗な景色が見られました。

春休みからずーっと多忙な日々が続いていたので
こんなに外でのんびりできたのは久しぶりです。

14時~17時まで滞在。
とってもいい一日でした♪

鹿島、ぜひ一度行ってみて下さいねー。

http://www.city.matsuyama.ehime.jp/kanko/kankoguide/shitestukoen/kashima1.html