01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

Nao

Author:Nao
出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

鳥の骨格手ぬぐい

2013.02.27 20:12|グッズ
DSCN9107s.jpg

先日、私はついに20歳になりました。
お祝いの言葉を下さったみなさま、本当にありがとうございます♪

そんな中、HASUさんから鳥の骨格をメインとした手ぬぐいをいただきました!
これはHASUさんが鳥好きの私のためにデザインして下さったオリジナル手ぬぐいです。

洗うと色落ちしてしまうので、使うのはもったいなく
このようにタペストリーにしました。

DSCN9105s.jpg

どうやったらこんな面白いデザインを考えられるんでしょうー!?
表情がとても可愛らしく、見るたびに違った印象を受けます。

また、手ぬぐいとは別に
茨城のり子さんの「自分の感受性くらい」という詩が書かれた和紙もいただき、
筆で書かれた1つ1つの言葉、とてもインパクトがあり心に響きました。

「自分の感受性くらい」↓
http://www.ccv.ne.jp/home/reii/hope/poem.htm

とうとう10代ではなくなってしまいましたが、
20代も意欲的に物事に取り組んでいこうと思います!

城山歩き

2013.02.23 21:29|フィールドノート
DSCN8726s - コピー

金曜日、松山城の自然観察マップを作るために
東雲大学の先生と一緒に城山を歩きました。

今回は探鳥会で使う県庁裏登城道ではなく、
ロープウェイ乗り場付近の東雲口登城道から登ります。

時間は13:30~。

DSCN8747s - コピー

城山はドングリが多く、いろんなドングリが落ちています。
「殻斗(かくと)」と呼ばれる帽子の部分の模様でも見分けることができ、
1つ1つ教えていただきました。

横縞模様の殻斗を持つものは、アラカシのドングリ。

DSCN8772s - コピー

先生からは植物のことを教えていただき、
私たちは鳥の話をしながら歩きます。

ヤマガラ、エナガ、シジュウカラが非常に近くで見られ、
先生にも可愛らしい~!と喜んでいただけました。

DSCN8891s - コピー

シロハラもシメもじっくりと見られて、個人的にも満足♪
たまには外に出て、ゆっくり歩くのもいいなー。

植物の場所は教えていただけたので、近いうちにまた来て
今度は植物のスケッチをしっかりとしようと思います~!


西条自然学校 第101回 寄生二枚貝のお話

2013.02.20 23:59|西条自然学校(82回~)
DSCN8702sas.jpg

西条自然学校第101回目は「寄生二枚貝」のお話です。

貝は軟体動物であるためタコやイカと同じ仲間になるのですが、
非常に奥が深く、きちんと理解しようとすると難解…。
今回はあらかじめ受講者に二枚貝を配布し、
二枚貝ってどんな生き物?という内容から講義スタート。

最初に「貝類学(佐々木 猛智(2010))」などの本の紹介も行われました。

河口干潟のお話からハマグリやバカガイなどの二枚貝の紹介が行われ、
1人1人、配布された二枚貝を見ながら、
貝の各部名称や口はどこか?という説明を聞いて行きます。

DSCN8709s_20130221100648.jpg

貝は同じ種でもいろいろな模様を持つものがいるため、
模様だけで区別をすることは難しいのですが、
歯の形は貝によって違うので、ここで見分けることもできるそうです。

貝の形態・生活史のお話の後は、いよいよ寄生についてのお話。
寄生貝類には、ヒトデに寄生するヤドリニナ、ホヤに寄生するタマエガイ、
海綿動物の寄生するヤブサメガイ、星口動物に寄生するユンタクシジミなど
様々なものがいますが、今回最も盛り上がったのが
節足動物(アナジャコ)に寄生するマゴコロガイ。

マゴコロガイはアナジャコの胸部腹面に寄生する二枚貝なのですが、
アナジャコが脱皮する時にマゴコロガイはどうするのでしょう…?

この疑問に答えるため、1年間アナジャコを撮影し続けた方がいらっしゃるとのことです。
ぜひ、動画をご覧ください~。

■「アナジャコが脱皮をする際に見せるマゴコロガイの移動行動」
http://zoo2.zool.kyoto-u.ac.jp/ethol/showdetail.php?embed=on&movieid=momo030708po01a

DSCN8718s.jpg

干潟は本当の多くの生き物によって支えられており、
その中でも「珪藻」の役割が大きいという話も最後に行われました。

今回は講義終了後に、受講生のノートを見せてもらいました。
受講者のみなさんはいつも熱心にノートをとっています。

イラストが描かれており、とても見やすいです!
(Tさんありがとうございました)

DSCN8719s.jpg

最後はラーメンを食べながら貝について語り合いました。

******************
次回 西条自然学校★夜の学校★その102
「陸貝」のお話

日時:平成25年3月20日(水)19:00~20:00
場所:西条総合文化会館2F 視聴覚室
 *受講料 一人100円 (施設使用料)
 *申し込み不要
 *お茶とお菓子があります。コップをご持参ください
 *問い合わせ 080-5667-5314(西条自然学校)

*****************

インフルエンザでした…

2013.02.17 10:40|とりたま新生活(2011~)
IMG_1999.jpg

実は14日の夜からインフルエンザにかかり、
3日3晩寝込んでいました…。

今年は風邪をひかない!という変な自信があったのですが
13日の夜から急に喉が痛くなり、14日には38度以上の熱が。。。

15日にどうしても出かけなければならない用事があったので
最初は風邪ぐらい気合で治す…と思っていたのですが、
病院でインフルエンザと診断されてしまい、絶望しました…。

病院ではタミフルではなく、吸入粉末剤のイナビルというお薬を出してもらい、
その1回でインフルエンザの治療は終了。

早期治療のおかげで4日目の今日はすっかり元気になりました。

IMG_2093.jpg
(↑過去に作られた松山城山の自然かんさつマップ(左)を基に、
  新しい自然観察マップを作成するため、様々なパンフレット研究中…)

月曜日には今学期最後のテストがあるので出席停止と言われたらどうしよう…と
思っていたのですが、無事にテストも受けられそうです。

ただ、卒論発表会には参加できませんでした。
(S先輩、見に行けなくてごめんなさい~)

3日休んでいた分、いろいろな用事が溜まってしまったので
これからゆっくりと片付けていきたいと思います!

モニ1000調査 上林 2013 冬 +α

2013.02.11 16:18|調査記録
DSCN8597s.jpg

今日は朝9:00から上林のモニ1000調査。
前回より気温は暖かいかなーと思ったのですが
曇っていて風がやや強かったのでじーっとしていると寒かったです。

調査ではオオアカゲラやルリビタキが出ましたが、
前回と比べると全体的に鳥は少なく、ちょっと残念。

調査の後は、上林とは別の場所にウソを探しに行きました。
ウソは鳥を見始めた頃からずーーーっと見たいと思っていたのに
今まで見る機会がなかった鳥です。

DSCN8621s_20130211160022.jpg

そして今日、やっと念願のウソを見ることができました!!
ほんとうに可愛らしい~。

DSCN8660s.jpg

メスは頬がピンク色ではありませんが
全体的にシックで上品な雰囲気がするので好きです。

でも、蕾をものすごい勢いで食べる食べる…笑

ウソは桜や梅の蕾を食べてしまうので害鳥となっている
という話を聞いたことがありますが、確かにたくさんウソがいたら
あっという間に蕾がなくなってしまいそう…。

DSCN8669s.jpg

帰りはアトリ群に遭遇。
今回は頭が真っ黒になっていて綺麗なオスもいました。

ウソに出会えて、幸せな一日でした♪

テーマ展

2013.02.06 20:24|EUAC 美術部
DSCN8501s.jpg

2月2日〜4日にかけて、
校友会館二階で「テーマ展・卒展」が行われました。

テーマ展の今回のテーマは「せいぶつ」で、
50展あまりの作品が出展。

大学のAO入試と被ってしまい、集客は厳しいものでしたが、
今回は油絵を中心とした大型作品が並び、見応えのある展示会となりました。

DSCN8509s.jpg

私は今回は微生物のペン画を出展しました。
かなりデフォルメされていますが、
鳥以外の生き物を描いたのは久しぶりです。

ミジンコ

DSCN8510s.jpg

ケンミジンコ

DSCN8511s_20130206201911.jpg

ゾウミジンコ

DSCN8512s.jpg

ミカヅキモです。

いつかカラーでも出したいと思います。
春休み中には引き続き油絵も頑張ります!



城山探鳥例会 2013年2月

2013.02.03 17:04|城山探鳥例会
DSCN8458s.jpg

今月の城山探鳥例会は、NPO法人いよココロザシ大学との共催で行われました。
そのため、今回探鳥会開始時にはすでに45名が集まっており、
鳥合わせの用紙が不足する事態に…!

これにはスタッフも驚きでした。

初参加の方が20名もいらっしゃったので、
常連の方には先に進んでもらい、初心者には双眼鏡の使い方を説明してから
ゆっくりと後を追う形でスタートしました。

DSCN8481s.jpg

シロハラを望遠鏡で見たり、クロジを探したりしながら登ります。

今回は途中でサービス精神旺盛なヤマガラが
2m程の所で現れ、じっくりと姿を見せてくれました。
近すぎて双眼鏡が使えない…!!という距離で、これには皆さん大満足。

参加者が多い時は先頭と最後尾でかなり距離があいてしまうことがあるので、
しっかり鳥を見られない方もいるのでは…と心配でしたが
今回はスタッフが多かったので、
初参加者にもその都度しっかりと解説ができたのではないかと思います。

でも、私は今回もクロジを見られなかったのでショック…(涙)

DSCN8469s_20130203165546.jpg

最終的に参加者は53名!
いつも平均30名前後なので本当に賑やかな探鳥会でした。

初参加者が再度探鳥会に参加してくれる割合は少ないので
ぜひ次回も参加していただければと思います♪

時間:8:50~11:00
参加者:53名(うち 会員21名 初参加者:21名)
見られた鳥 :20種 110+羽
アオサギ1 ハイタカ1 ノスリ1 ハヤブサ1 キジバト15+
アオゲラ1 コゲラ3 ヒヨドリ10+ ルリビタキ1 シロハラ10+
エナガ5 ヤマガラ15+ シジュウカラ3 メジロ20+
クロジ3+ カワラヒワ1 シメ3 スズメ6 ハシボソガラス5+
ハシブトガラス5+

*******************
次回 3月3日(日) 8:30~11:00
    県庁横西登山口 集合
    雨天中止
*******************

おまけ

Evernote Camera Roll 00250203 162020

今日は節分ですね。
今年も恵方巻きを食べ、部屋で密かに豆まきです(笑)

恵方巻きの「恵方」とは、その年の福をつかさどる神様である
歳徳神(としとくじん)の存在する方角のことを指すらしく、
2013年は南南東のやや右に向かって、太巻き寿司を丸ごと食べると
一年間いいことがあるそうですよ~。

ちなみに去年の節分はこんな感じでした↓
http://toritamadiary.blog10.fc2.com/blog-entry-1157.html

今年は鬼のお面が厳つくなってる…。