11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Nao

Author:Nao
出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

ついに冬休み

2012.12.30 20:42|とりたま新生活(2011~)
DSCN9446s.jpg

28日に長い集中講義が終わり、昨日からやっと冬休みに入りました。

毎日朝から晩までずーっと講義で精神的・体力的に厳しいものでしたが、
小・中学生への理科の教育方法、中等教育に関する歴史などを教わりました。

中学生に理科を教える時は、ただ説明をするような授業ではなく、
生徒一人一人が「これって不思議だな?学びたい!」という気持ちになるような
授業を展開していかなくてはなりません。
授業では一人5分程度の授業を行う練習をしたのですが、
生徒に疑問を持ってもらうような授業の導入をするのはなかなか難しいです…。

まだまだ勉強しなくちゃ!と思いました。

そして、今朝は実家に帰省して休む暇なく恒例行事の餅つきへ。

DSCN9452s.jpg

必死で餅つきをした後は祖母の作った健康食をいただきました!

12月はブログも全く書けないほどレポートや行事に追われ、
あっという間に過ぎていってしまいました…。
ブログの記事もたった4つしか書いていなくて自分でもビックリ。

帰省中は今まで休めなかった分、ゆっくり休養しようと思います。
ブログ、しっかり更新していきますね。

今年は本当に嬉しい事がたくさん起こった年で、
新しい人との出会いや繋がりがたくさんありました。
ヤマセミさん、ヒヨ吉さんともお会いできて本当に嬉しかったです!

本当にありがとうございました。
来年も楽しい記事をたくさん書けるように様々な体験をしていきたいと思います。

みなさま、良いお年をお過ごしください♪

冬期休業はすぐそこ…のはず。

2012.12.20 15:29|大学関係
5ass.jpg
12月下旬は「ショウジョウバエの実験」のレポートと
「アフリカツメガエルの発生の実験」のレポートの締切に追われつつ、
理科教育法や植物生理学の中間テスト、
分類学の小テスト(動物の門とその学名を覚える)をこなさなくてはならなかったため
本当に地獄の日々でした…。

でも、そんな地獄の日々とも今日でおさらば!
本日無事に最後のレポートを提出してきました。

カエルのスケッチ)高解像度6

アフリカツメガエルの幼生と生体の骨格標本のスケッチ。
青い部分が軟骨、赤い部分が硬骨です。
あまり精密には描けていませんが、二つを比較してみると
骨のつくりの違いなどが分かって面白いです。

カエルのスケッチ)高解像度7

金曜日の授業はないので、明日からは冬期休業!!

…といいたい所なのですが、教職と学芸員の免許取得希望者は
22日~28日まで毎日学校で集中講義を受けなければなりません…(涙)
もちろん土日も朝から夕方までずーっと講義です。

年末まで大忙し!授業頑張ります。

生物学実験IIの2

2012.12.13 17:12|理系な話
Evernote Camera Roll 00241212 105949s

実験を担当している先生が
ペットショップにヒブナを50匹買いに行ったときのことです。

ヒブナをたくさん購入する人は珍しいのか、店員さんがニコニコしながら
「一体、こんなにたくさんのヒブナを何に使うんですか?」
と笑顔で話しかけてきました。

そこで先生は一言。


先生「脳を出すんです」

店員「……。」



と、こんな話から生物学実験IIの2つめの実験が始まりました。
今回は脳と神経に関わる実験で、いろいろな生物の脳出しを行い、
その違いを観察していくというものです。

最初に脳出しを行ったのが「ヒブナ」でした。

Evernote Camera Roll 00241212 110005s

ピンセットを使って脳出しをするのですが、
そんなに手先が器用でないので、脳をつぶしてしまいそうで怖い…。

脳出しを行った後は
背側、腹側から見た図と側面から見た脳の様子をスケッチし、
さらにメスで脳の切片を作成して、その様子も記入します。

ヒブナは喉に咽頭歯という歯のようなものを持っており、
これで硬い貝殻なども食べることができます。
そのため、脳を出して観察すると迷走葉(延髄の一部)
という部分がよく発達していることがわかります。

ちなみに、ヒブナの次は「アカハライモリ」を解剖し
両生類の脳と魚類の脳を比較しました。


みんな、貴重な命をありがとう。。。


*最近、なぜかブログのコメントに返信できなくなってしまいました…。
この場でお返事致します。。

恵藤憲二朗さん>
 はじめまして。コメントありがとうございます。
 最近大学のレポートに追われ、なかなか更新ができませんが
 できるだけいろいろな事を伝えられるように頑張りますので
 よろしくお願いします!

 

生物学実験まとめ

2012.12.06 15:19|大学関係
IMG_1393s.jpg
(オタマジャクシの骨格標本の観察)

後期から「生物学実験」という授業で週3(1日あたり3,4時間)実験を行っており、
そのせいで大半の生徒が日々レポートに追われています。

生物学科ってどんな勉強をしてるの?と時々聞かれるのですが、
今回はその実験の様子をお伝えします!
(但し、紹介する内容はたくさんある実験の一部です)

IMG_1027s.jpg

生物学実験Iの最初の授業は標識再捕法に関する実験で
川にいるカワニナの個体数を推定しましたが、
その実験が終わってからは微生物を培養する実験が行われました。

培地の作り方、無菌操作の方法をマスターするのがメインで、
ずっと実験室に籠っての実験です。
シャーレに培養した微生物の数をひたすら数える…のですが
まさかこんな所でカウンターを使うことになろうとは思いませんでした。

もう数えたくない…。

IMG_1156s.jpg

微生物の実験が終わってからは、「遺伝」がメインの実験。
主に、大学付近から捕獲してきたショウジョウバエを同定したり、
同定したショウジョウバエの数を数える作業がメインでした。

同定やカウントは双眼実体顕微鏡を覗きながら行うのですが
最初はオスもメスもわからず、まして種類を同定するなんて不可能…!と
誰もが思っていました。
*ちなみに、今回扱ったショウジョウバエは15種類くらいに分かれています。

しかし、授業の最後にはなんとかショウジョウバエを見分けられるように
なっていたので、成長したなーと感動。。。

IMG_1338s.jpg

そして、昨日終了したのが「アフリカツメガエル」を扱った実験です。

アフリカツメガエルの発生を初期段階から観察していく実験で、
胚の段階からひたすらスケッチ!!

IMG_1307s.jpg

発生を観察すると同時に、骨格標本の作製も行いました。

まず、オタマジャクシとカエルの表皮と内臓を取り除き、
いろいろな薬品で処理をして、筋肉を溶かしていきます。


IMG_1365s.jpg

最終的には骨だけの美しい標本になる予定なのですが
まだまだ完成までには時間がかかりそうです。

完成したら報告しますね。

さて、これから実験のレポートを書かなくちゃ!

松山城山探鳥例会 12月 2012年最後の城山探鳥会!

2012.12.02 14:31|城山探鳥例会
DSCN8986s.jpg

今日は松山城山野鳥観察会(第二回目)を兼ねた
12月の城山探鳥例会が開催されました。

急に気温が下がり、一気に冬らしい気候になりました。
朝から曇りで次第に雨が降るとの予報だったので
いつもより少し早めに歩き始めます。

今回は集合場所でビンズイが現れましたが、
観察できたのはスタッフだけでした…残念!

DSCN9066s.jpg

シロハラの声やツグミの声は聞こえますが、
やはりなかなか姿を見ることができないまま、
ハヤブサのいるいつもの鉄塔のところへ。

DSCN9039s.jpg

今回はハヤブサのオスとメスがとまっていました。
こうして2羽とまってくれると、大きさの違いが改めてよくわかります。
(写真では上手く撮れませんが…。)

DSCN9007s.jpg

曇りで鳥も見えにくいので、かわりにツブラジイ拾いをしたり、
クサギの匂いをかいだりして自然観察。

DSCN9063s.jpg

特にテイカカズラの実は綿毛がついていてかわいらしく、みなさんに大人気でした。

ちなみに、この植物の和名は式子内親王を愛した藤原定家が、
死後も彼女を忘れられず、ついに定家葛に生まれ変わって彼女の墓にからみついた
という伝説に基づいてつけられたそうです。
だから「テイカ」カズラなんですねー。

DSCN9080s.jpg
(バードバス掃除中↑)

バードバスも落ち葉を拾って綺麗に掃除!

あまり鳥の姿は見られませんでしたが、
鳥の声はいろいろな場所で聞こえ、最終的な種数は多くなりました。

DSCN9060s.jpg

時間:8:50~11:00
参加者:33名(うち会員23名 初参加者:6名)
見られた鳥 :21種
   カワウ1 ハヤブサ2 キジバト5 アオゲラ1
   コゲラ2 キセキレイ1 ビンズイ2 ヒヨドリ25+
   ジョウビタキ1 シロハラ20+ ツグミ10+
   ウグイス2 エナガ3+ ヤマガラ5+ シジュウカラ3
   メジロ20+ カワラヒワ1 シメ4 スズメ1
   ハシボソガラス2 ハシブトガラス5+ (アオジorクロジ5)

   *******************
次回 1月6日(日) 8:30~11:00
    県庁横西登山口 集合
    雨天中止
*******************