05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Nao

Author:Nao
愛媛で絵を描きつつのんびりと暮らしてます。出版社勤務。ブログは今年で11年目☆JAWLAS所属の鳥好き。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

日本野鳥の会愛媛オリジナルグッズ その1

2012.06.29 21:20|グッズ
DSCN6763s.jpg

日本野鳥の会愛媛は、会員同士の連携がより高まることを期待して
オリジナルグッズの制作・販売を行うことになりました。

今回制作したオリジナルグッズは
愛媛の県鳥「コマドリ」をイメージしたピンバッジと、シールの2つです。
ピンバッジは7月中旬から販売する予定ですが、
シールは週末の城山探鳥例会で先行販売します。

文字の部分が日本語と英語のものと無地の
3シート1セットを200円で販売です。
(シール一枚は直径20mmで、1シート20個。)

ちなみに、シールの可愛らしいイラストは15期部長さんが描かれたものです。
いろいろな使い方ができると思います♪

DSCN6754s.jpg

久しぶりに実家に帰り、shinoさんと過ごしていますが
台所で今日はトマトの代わりにひたすらシールの袋詰めです。

みなさん、日曜日のの城山探鳥会でお会いしましょう~。


久々の鳥見+α

2012.06.25 23:06|探鳥地巡り(2011~)
DSCN6595s.jpg

土曜日、お天気は悪かったのですが
久しぶりにあちこち鳥を見に行ってきました!

まずはコアジサシの調査に参加。
調査の詳細は書けませんが、
前回の調査よりじっくり姿を見られ、写真も撮る事ができました。

DSCN6624s.jpg

トノサマバッタを追いかけたり…

DSCN6627s.jpg

トビと戯れたりしながら、場所を移動。

DSCN6636s.jpg

コアジサシの調査の後は重信川河口へ行きました。
なんと、そこでカラシラサギを発見!!

コサギとよく似ていますが、嘴が黄色いのが特徴で、
名前に「唐」がつくだけあって、東南アジアっぽい目つきです。

じっくり観察していると普通のコサギとは違って、面白い動きをしてくれます。
以前、話には聞いていたのですが、やっと見る事ができました。

DSCN6656s.jpg

その後、橋の下にあるツバメの巣を見に石手川へ。

橋の下のコンクリートの所に座っていると、
ツバメ、コシアカツバメ、イワツバメ、ヒメアマツバメが次々と現れ
じっくりと観察することができました。

特に、ヒメアマツバメは城山探鳥例会で
上空を飛んでいる姿しか見た事がなかったので
今回近くで見て、その格好良さに惚れ惚れ!

DSCN6692s.jpg

ツバメを観察している時、近くをカラスアゲハがひらひら飛んでいたので
どこかに止まってくれないかなーと思っていたら
近くの地面まで来てくれました。

カラスアゲハ、好きな蝶の1つですが、
きちんと写真に収められたのはこれが初めて。
ラッキー!

DSCN6666s.jpg

ひたすら鳥を見た後、午後からは「コマドリ」の発送作業。

朝から夕方まで、鳥と関わる事のできた一日でした。


プロジェクトEはじまりました。

2012.06.22 14:40|大学関係
DSCN6575s.jpg

日頃から興味を持っていることや地域に貢献することについて調査研究を行う
「平成24年度愛媛大学学生による調査・研究プロジェクト(プロジェクトE)」に応募していたのですが
6月上旬にその採用通知が来ました。
学校から10万円の調査資金がいただけます。

私のチームのメンバーは5人。
城山の鳥類相と植生の変化について調べ、
最終的には城山探鳥会で配れるガイドブックのようなものを作る予定です。

DSCN6579s.jpg

まずは日本野鳥の会愛媛の会報誌に掲載されている
情報をまとめていくことにしたのですが、
この際、過去のコマドリを全てPDF化することになりました。

なんと支部報は1976年から発行されており、
「コマドリ」は1983.10~から現在まであるので、膨大な量です!

第1号~17号までは全て手書きで作製されており、歴史を感じます。
ついつい、じっくり読んでしまって作業をする手が止まってしまいます…。

DSCN6580s.jpg

研究期間は来年3月までなので
どの程度まで詳しく調査を行えるか未定ですが、
メンバーや指導教員と相談しながら少しずつ進めていこうと思います。

絵本「かあさん ふくろう」

2012.06.18 22:25|鳥関連
DSCN6564s.jpg

「かあさん ふくろう」(偕成社)という素敵な絵本をいただきました。

リンゴの木に住みついたかあさんフクロウが
ひなたちを一人前に育てて行く様子を描いた科学的な絵本で
1974年にアメリカで出版された本の日本語版です。

翻訳がフクロウの生態と合っているかどうかのチェックに
神戸宇孝さんが関わっていらっしゃいます。

DSCN6573s.jpg

フクロウや背景の木版画がとても美しいです!

フクロウをテーマにした絵本はよく出版されていますが、
この本は子供向けの絵本とは思えないくらい
フクロウの生態が丁寧に描かれています。

7月発売です!ぜひご購入ください。

「かあさん ふくろう」
イーディス・サッチャー・ハード作
クレメント・ハード絵
おびか ゆうこ訳
偕成社
本体価格 1100円(税別)

http://www.kaiseisha.co.jp/index.php?page=shop.product_details&flypage=flypage.tpl&product_id=6327&vmcchk=1&option=com_virtuemart&Itemid=9

オオタカ来ました

2012.06.15 17:04|es-BANK関連
DSCN6479s.jpg

昨日の夕方「硝子にぶつかって死亡したオオタカが来た!」
という連絡を受けたのですが、
授業中だったのですぐには行けず、
今朝大急ぎでBANKに見に行ってきました。

DSCN6466s.jpg

全長約57cm、雌。

城山付近の東雲学園内で死体が見つかったので、
城山探鳥会に生息していたオオタカではないかとのことです。

探鳥会で時々声を聞いていたので、残念でなりません…。

DSCN6499s.jpg

以前持ち込まれたハイタカと比べ、オオタカはやはり大きいです。

至近距離でオオタカを観察し、胸筋や大腿筋が発達していることをしっかり実感。

DSCN6523s.jpg

お腹側を観察していると、胸の上あたりに蠅1匹のがいるのを発見。

しかし、これはただの蠅ではなく、寄生バエだから貴重な試料になる…と言われ
その後一生懸命オオタカの羽をめくりながら蠅探しをしました。

危うくただの蠅かと思って捨てるところだった…。

DSCN6554s.jpg

結果、3匹の寄生蠅を発見。
寄生バエはなかなか手に入らないので貴重なものらしく、
これから何の蠅か同定するそうです。

ハイタカの時と同じく、スケッチをすることは叶いませんでしたが
また1つ、貴重な経験をさせていただくことができました。

今回オオタカは試料として冷凍庫に入れられるのではなく、
剥製として博物館に展示されるみたいです。


愛美展 2012

2012.06.13 21:55|EUAC 美術部
DSCN6413s.jpg

6月11日から3日間、大学構内で「愛美展2012」が行われました。

今回はいつもより少し狭い会場だったのですが、
会場の隣が総合健康センターだったのでお医者さんがよく展示会に来てくださり、
3日間大盛況でした。

今回は新入生が油絵をたくさん描いてくれたので
キャンバスがたくさん並んで見ごたえがあります。

DSCN6439s.jpg

油絵が描きかけで、まだ展示できる段階でないから…と
臨海実習で描いたスケッチを展示している人もいました(笑)

展示会を見に来てくださった人の中に
バードウォッチングを趣味とする方がいらっしゃり、
鳥の話でかなり盛り上がりました。

DSCN6451s.jpg

そして展示会の裏側では、
週末の部会で配布する部員のプロフィールを製作するため、
製作係(3人)が印刷室に籠ってひたすら作業をしていました。。。

50ページの原稿×50部を作らなくてはいけないので
いくら印刷しても終わりが見えない…という
高校時代を思い出させるような地獄の印刷作業でした。

今日中に完成させることは無理だろうと諦めかけていましたが
夜には製本テープを貼って無事完成!

部員のみなさま、そして製本を手伝ってくださったみなさん
本当にお疲れ様でした。




タコスパーティー

2012.06.09 22:20|とりたま新生活(2011~)
DSCN6317s.jpg
(↑タコス。これを巻いて食べます)

数日前、塾でタコスパーティーを行いました。

タコスはメキシコを代表する料理の1つで、
トルティーヤ(トウモロコシの生地)に具をのせて、
サルサ(トマトと玉ねぎなどをベースにして作られる調味料)をかけて食べる軽食です。

DSCN6302s.jpg

具や調味料は講師たちによる手作り。

塾の講師の方たちと日頃じっくり話せないような話をしながら
久しぶりにタコスを食べることができ、大満足でした。

私は今年度4人の受験生を受け持つので、
気合を入れて指導していきたいと思います~。

金星の太陽面通過観測!

2012.06.06 16:39|大学関係
IMG_0189s_20120606155649.jpg

21世紀最後の金星の太陽面通過、見てきました!

今日は朝から校内で金星の太陽面通過を見よう!というイベントが
教育学部を中心に行われ、午前中から正午にかけて
各地で多くの人が観測をしていました。

IMG_0174s.jpg

先日の部分月食はお天気が悪くて見られませんでしたが、
今日は快晴!!気温も高くて暑いくらいです。

朝7;00過ぎから金星の太陽面通過が始まりましたが、
教育学部の前には3つも天体望遠鏡が並び、
誰でも自由に観測できるようになっていました。

私は1限終了後の10:30に観測!

IMG_0182s.jpg

教育学部の学部生の方や先生が
丁寧に解説をして下さり、
専用のメガネでも見せていただきました。

肉眼でも金星をバッチリ見る事ができて感激です!

IMG_0198s.jpg

教育学部の前だけでなく、共通教育棟の前でも
同じように観測が行われており、
普段は天体に興味のない人たちも、
今日は金星の太陽面通過を見て感動していました。

このようなイベントが行われることはすごく素敵な事だと思います。


次回は105年後の2117年12月11日となるそうです。

城山探鳥例会 2012年6月 

2012.06.03 20:04|城山探鳥例会
DSCN6387s.jpg

朝から雲行きが怪しかったのですが、
無事に城山探鳥例会が行われました。

今回は鳥達も子育ての時期であるため、
鳥達も堂々とは姿を見せてくれません…。

しかし、子育ての時期だからこそ巣立ちビナを見るチャンス!

DSCN6384s.jpg

あまり邪魔をしないように、そーっと探します。
城山は木が茂っていて、鳥を探すには厳しい場所なのですが
それでもヤマガラやコゲラが姿を見せてくれました。

又、今回はなんと私と同い年で県立松山中央高校バードウォッチング部のOBの方(2人)が
探鳥会に参加して下さり、参加者のみなさんも久しぶりの再会に
感激していました。私も同い年のバードウォッチャーに出会えて感動!

さらに、探鳥会中に高校時代の恩師と久しぶりの再会をして、
しばらく探鳥会そっちのけで話し込んでしまいました。
(よって今回鳥は真面目に見ていない…かもしれません)


時間:8:30~11:00
参加者:21名(初参加者:1名)
見られた鳥 :15種
   キジバト1 コゲラ7 ツバメ5 ヒヨドリ5 ヤブサメ1
   ウグイス4 キビタキ3 ヤマガラ10+ シジュウカラ3
   メジロ10+ カワラヒワ2 スズメ10+ ハシボソガラス2
   ハシブトガラス5+ (カワラバト2)

*******************
次回 7月1日(日) 8:30~11:00
    県庁横西登山口 集合
    雨天中止
*******************

DSCN6392s.jpg

午後からは、男女共同参画センターで
2012年度日本野鳥の会愛媛 定時総会が行われました。

総会の後は、久しぶりに集まったみなさんと鳥の話をしたり、
野鳥の写真のスライド上映会を行ったりして、多いに盛り上がりました!

photo.jpg

この羽根は何の羽根でしょう?
拾った方はホトトギスではないか…とのことですが
皆さんと一生懸命推測。

rg.jpg

私も気になって「動物遺物学の世界へようこそ!」の羽根検索で
調べてみたのですが、やっぱりホトトギスの羽根みたいですね。

羽調べは難しいですが、検索図鑑があると結構楽しいです。

モニ1000調査 上林 6月

2012.06.02 10:31|調査記録
DSCN6347s.jpg

今朝は2週間ぶりに上林のモニ1000調査に行ってきました。

調査開始前からヒゲガビチョウの声が少し聞こえ、
その後、なんとアカショウビンも鳴きはじめました。
もしかしたら姿が見られるかもしれない…という変な期待が生まれ、
声が気になって、なかなか調査に集中できません(笑)

今回は調査中にいろいろな生き物に出会ったので紹介します。

DSCN6366s.jpg

ニホンアマガエル。
田んぼの近くにたくさんいるのを見かけました。

ぴょこぴょこしていて可愛い~。

DSCN6368s.jpg

ホタル発見!!
これはオバボタルだと教えてもらいました。

DSCN6369s.jpg

ミイラ化したイモリ…。
ひっくり返して、お腹が赤いことを確認!

ちなみに、ミミズのミイラもたくさん生息していました。

DSCN6374s.jpg

ラミーカミキリです
模様がなんともユニークで
探偵ナイトスクープでは「礼服を着たガチャピンムシ」として放送されたんだとか。
ガチャピンに…見えなくもないですね。

明治初期に中国大陸から
ラミーという植物にくっついて日本に入って来たそうです。

DSCN6357s.jpg

道端の草が茂っている所に点々とキジの羽が落ちていました。
何かに襲われたのではなく、歩いているうちに擦れて取れた…という感じです。

羽をたどっていけば、キジがどこを歩いていたのかがわかるので
みなさんと羽を必死に回収しました。


朝早起きして、いろいろな生き物に出会えると幸せな気持ちになれます。

調査は8:00に終了。
キジの羽を整理して、これからレポート頑張ります。