03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Nao

Author:Nao
愛媛で絵を描きつつのんびりと暮らしてます。出版社勤務。ブログは今年で11年目☆JAWLAS所属の鳥好き。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

「田んぼの自然」西条自然学校 西条産業文化フェスティバル

2012.04.30 08:40|西条自然学校(82回~)
DSCN5085s.jpg

昨日は西条市で産業文化フェスティバルが行われ、
西条自然学校の「水田の生き物」の展示のお手伝いをしてきました。

お天気は快晴。
お祭りは10:00から始まりますが、開始前から結構賑わっており、
準備段階からいろいろな人に話しかけられました。

DSCN5030s.jpg

私は友人3人を連れ、9:00から準備のお手伝いへ。

各地から採ってきた田んぼの生き物を水槽に入れたり、
その生き物にラベルをつけたり、
開始に向けて時間との勝負…という感じですが、
こうして作業をしていると、まるで文化祭のようです。

DSCN5061s.jpg

作ったラベルは、こうして水槽の下に設置。

私は水田の生き物を真剣に見た事がないので、
名前と生物が一致せずちょっと苦労しました。

県内では近年見つかっていないと言われるタガメや
ゲンゴロウなども展示されています。

DSCN5235s.jpg

入り口にはパネルと水槽を設置して、
覗けば魚が見える…という面白い展示方法をとりました。

ドジョウやメダカ、ミズカマキリ、タイコウチなどが
それぞれの水槽に入っています。

私もスタッフとして解説を任されていたのですが
昆虫には詳しくないので、予備時間に
昆虫学研究室の先輩にあれこれ聞きながら必死で勉強。

DSCN5034s.jpg

準備が無事に終わり、10:00~は
来てくれたお客さんに対して水田の生き物の解説を行っていきます。

今回展示した生き物は
ドジョウ、メダカ、ヨシノボリ、コオイムシ、ミズカマキリ
コガタノゲンゴロウ、ゲンゴロウ、クロスジギンヤンマ、
アメリカザリガニ、アカハライモリ、ヒメアメンボ、
シマドジョウ、ギンブナ、タガメ、スジエビ、タイコウチ
ヒル、オケラなどなど…。

子供達は田んぼの生き物を見て大興奮!!
大人の方もなかなか見ることのない生き物を見て、
興味深く説明を聞いてくださいました。

DSCN5150s.jpg

今回、特に人気だったのは「アメリカザリガニ」。
ザリガニくらいなら解説できる…と
雄と雌の違いを説明したり、実際に触ってもらったりしました。

こどもたちもしっかりと説明を聞いてくれて、
すごく嬉しそうにザリガニと触れ合っていたので
見ているこちらも幸せな気持ちになります。

DSCN5124.jpg

今治や松山では町をあげたお祭りはあっても、
なかなか自然関係の出店をすることはないので、
産業文化フェスティバルでこのような出店をすることができるのは
本当にいいなと感じました。

今回の展示を通して
少しでも多くの方に田んぼの生き物に興味をもっていただけると幸いです。

皆様、1日中お疲れ様でした。

コマドリ表紙デビュー

2012.04.28 19:02|鳥関連
DSCN5011sss_20120428191139.jpg

今日は午後から、日本野鳥の会愛媛の会報誌「コマドリ」の
発送作業に参加してきました。

コマドリの表紙は毎回2人の方(大御所)が交代で担当されていたのですが
今月号から私も担当させていただくことになったので、
どんな風に刷り上がっているのかドキドキしました。

自分の描いた絵が表紙になる…ということで非常にプレッシャーを感じましたが
なんとか完成させることができ、ほっとしています。

1435.jpg

いろいろツッコミ所があると思いますが、
そこは見なかったことにしてください…(汗)

次は11・12月号の表紙を担当する予定です。

お弁当はじめました。

2012.04.26 20:59|ごはん
DSCN4996s.jpg

4月は新歓行事などで出費が重なり、
お昼ご飯も大学で食べることが多かったので、
このままではいけないと思い「お弁当作り」を再び始めることにしました。

でも、正直何を詰めていいのかわからない…というのが今の悩みで、
このままでは毎日同じおかずになってしまいます(笑)

今のところ4日連続お弁当を持っていくことができているので
来週も頑張ろうと思います。

DSCN4864s_20120426205109.jpg

と、いいつつ…15時くらいに友達に誘われて
大学付近にできたクレープ屋さんに行ってきました。

注文すると、その場ですぐに焼き始めてくれます。

DSCN4874s_20120426205115.jpg

クレープを包んでいる紙をはがしていたら…

「あたり!次回100円引き」
という小さな紙が出てきました。ラッキー!!


こうしてクレープ屋さんにいく口実ができて、
さらに出費はかさんでいくのです…。

外来鳥ハンドブック

2012.04.24 19:36|本・映画・音楽
DSCN5000s.jpg

ついに、「外来鳥ハンドブック」が30日に文一総合出版から発売されます!

この本は外来鳥にターゲットを絞った日本初の書籍で、
日本で繁殖の記録がある外来鳥が掲載されています。

写真・分布図・移入経緯など多くの情報が詰め込まれており、
国内移入のものも記載され、
外来鳥の影響や間接効果に関するコラムもあって勉強になります。

外来鳥に関する本は少なく、今までこのような本はなかったので大変嬉しいです。
ハンドブックとして使用する機会はないと思いますが、
この本を通して少しでも多くの人が外来鳥に興味をもってくれたらなーと感じます。

皆さんもぜひご購入ください☆

詳しくはコチラ↓
「外来鳥ハンドブック」
川上和人 (著), 叶内拓哉 (解説)



実は、以前著者の川上さんに少しだけ情報提供をしたのですが、
なんと本の最後に協力者として私の名前が印刷されていて驚きました。
この本は私にとって記念すべき1冊です。

臨海実習 2日目

2012.04.23 00:42|大学関係
DSCN4947s.jpg

臨海実習2日目。
朝9:00~昨日と同じような感じで
顕微鏡も使いつつ、ひたすらスケッチの続きをしていきます。

各生物の門、綱までわかるように、メモをしながら観察。

DSCN4958s.jpg

その後15:00~は
ヒモイカリナマコ(左)とイシコ(右)、
そして種のわからないナマコの骨片の観察がありました。

見た目ではわからないナマコは骨片の形を見て判断するようで、
種類のわからないナマコ(おそらくトラフナマコかフジナマコ)の
同定もしていくことに…。

DSCN4952s.jpg

プレパラートを作って、いざ観察!

ヒモイカリナマコはなぜ「イカリ」なんていう名前がついているのかなーと
思っていたのですが、観察すると骨片が綺麗な碇の形をしていました!
感動!(この感動を写真でお伝えできないのが残念…。)

そして、種類のわからないナマコを特定しようと
先生と一生懸命と図鑑を広げながら観察したのですが
骨片もいろいろな形があって難しいです…

最終的にはトラフナマコではないか?という事になりました。

DSCN4964s.jpg

最後は、門名と種名を答えるテストのようなものがありました。
生徒を1人ずつ指名しながら
先生がバットに入っている生物をその時の気分で聞いて行きます。

ちなみに私の時は、「脊索動物門ベニボヤ」があたりました。

臨海実習前半も無事終わり、50個のスケッチを完成させることができました。

26.jpg

朝9時から夜9時までずーっと作業をしていましたが、
時間があっという間に過ぎて行く感じでした。

来月に行われる後半の実習もとても楽しみです。

DSCN4974s.jpg

帰りはちょこっと研究室訪問をして、
ヒョウモントカゲモドキを観察させていただきました。

DSCN4980s.jpg

名前は「やすなり君」というそうです☆

臨海実習 1日目 

2012.04.21 23:04|大学関係
DSCN4835s.jpg

今日は臨海実習第一日目でした。
臨海実習は4月21・22日と5月の19・20日の4日間行われ、
海岸に行って生物を採集し、その後同定・スケッチ等をする実習です。

実習は朝9時からスタート。
お昼までは大学でスケッチの方法についての講義が行われたのですが、
「手の肘から手首までを常に机やケント紙に接触させ、
肘を基点そして腕全体を軽くこするように手を移動させながら描く」
というような細やかな指導があり、まるで美術の授業を受けているような気分でした。

練習ではイヌザメのスケッチをしましたが
スケッチは点で描かなくてはいけないので大変…!

DSCN4815s.jpg

午前中の講義が終わった後は、一度解散して
13:00に第一回目の採集場所・梅津寺の海岸へ各自で移動。

採集に行くのに西条自然学校のジャンパーを着て行ったのですが
大半の人に「西条自然学校って何!?」と聞かれたので
その度にしっかり宣伝しておきました(笑)

ちなみに、採集が始まって一番初めに生き生きと採集を始めたのは
3人の先生方でした…。(なんだかとっても楽しそう)

DSCN4852s.jpg

次から次へと見たこともない生物たちが採集できます。
今まで海岸にいる生き物をじっくり見たり、採集したりする機会は
なかなかなかったのですごく新鮮!!

各地から「きゃー獲れたよ!!」とか「出たーー!!」などの声が聞こえ、
皆採集しながら楽しんでいたようです。

DSCN4922s.jpg

夕方、とった生き物を持ち帰って同定作業。
片っ端から図鑑を開いて一生懸命同定します。

甲殻類や魚類はまだマシなのですが、
貝類の同定は見分けるポイントがなかなか見つからず悪戦苦闘…。

DSCN4931sa.jpg

クロシタナシウミウシも採れました。
ものすごく可愛い~!!!

DSCN4935s.jpg

同定作業をやっとの思いで終えたら、後はひたすらスケッチ。
18:00~19:30までは晩御飯休憩でしたが、
夜も21:00までスケッチは行われました。

スケッチは点描でなくてはならないので、ちょっと心が病みます。

DSCN4941s.jpg

臨海実習を終えるまでには50以上のスケッチをしなくてはいけないので
まだまだ先は長そう…。

でも1つ1つの生物に愛情を持って、しっかり描いてあげようと思います。

明日も朝9:00~21:00までひたすらスケッチです!

西条自然学校 第91回 蝶のお話し+総会

2012.04.19 23:47|西条自然学校(82回~)
DSCN4780s.jpg

西条自然学校第91回は「蝶」のお話。

今回は松山農林水産課の菊原さんが「蝶」のお話をしてくださいました。
菊原さんの専門はカメムシですが、高校時代から愛蝶会で活動されている方です。

初めに蝶という漢字の成り立ちについてと日本人と蝶の関わりについて説明がありました。
その時に奈良の大仏の下にいる8本肢の蝶の写真が出てきたのですが、
私はそれを見て、ワルター・J・ゲーリングの「ホメオボックス・ストーリー」という本のことを思い出しました。

こんな感じの話です↓
著者が日本の古都、奈良を訪れたときのことである。
大仏の前には青銅でできたハスの花の彫刻と4匹のチョウが据えられている。
そのうち、2匹のチョウは脚が8本あることに著者は気づいたのだ。
これは明らかに、第一腹部体節が、肢のある胸部体節に転換するホメオティック変異を示している。
なんと1000年以上も前に、日本人は発生の謎を解く鍵に迫っていたのだ。(amazonより)

以前大学の授業でこの蝶の話を聞いたのですが、すごく印象的だったんですよねー。

そしてメインは愛媛県で記録のある蝶についての話。
愛媛県には126種の蝶がおり、街中でも14種類を見ることができます。
身近な蝶として以下が写真付きで紹介されました。

<成虫越冬>
キタキチョウ、テングチョウ、ウラギンシジミ、キタテハ、
ルリタテハ、アカタテハ、ムラサキシジミ
<新成虫>
モンキチョウ、ツマキチョウ、ルリシジミ、ベニシジミ
サカハチチョウ、ヒメアカタテハ
(成虫越冬してるかも)
コツバメ、ミヤマセセリ

最後は四国で絶滅の危機にあるチャマダラセセリと
ウラナミジャノメの保護活動についてのお話でした。
今後の課題もたくさんありますが、数の回復を祈るばかりです。

菊原さんの豊富な知識と見事なお話に圧倒された1時間でした。

+++

夜の学校の後はNPO法人化に伴い、総会が行われました。

次回は「太陽」のお話です。
金環日食の2日後になってしまいましたが
復習を兼ねてぜひ来てくださいね。

******************
次回 西条自然学校★夜の学校★その92
「太陽」のお話

日時:平成24年5月23日(水)19:00~20:00
場所:西条総合文化会館2F 視聴覚室
 *受講料 一人100円 (施設使用料)
 *申し込み不要
 *お茶とお菓子があります。コップをご持参ください
 *問い合わせ 080-5667-5314(西条自然学校)
 *西条自然学校HP→コチラ
 *Twitterはじめました!!→コチラ

******************

野鳥画家の神戸さん、毎日新聞に!

2012.04.17 22:54|とりたま新生活(2011~)
DSCN4013s.jpg

紹介が遅れてしまいましたが、4月15日の毎日新聞に
野鳥画家・神戸宇孝さんの記事が掲載されました!!

新聞記事が手元にないのが残念ですが
毎日新聞のHPで記事が読めるようになっています。

http://mainichi.jp/area/nagano/news/20120415ddlk20070021000c.html

神戸さんの絵には、生き物に対する愛情がたくさん詰まっており、
生き物を取り囲む自然全体を感じることができるので、
私はとても好きです。

野鳥図鑑の完成、楽しみです!

干潟・湿地を守る日2012 in愛媛 重信川河口探鳥会

2012.04.15 15:17|その他の探鳥会
DSCN4733s.jpg

昨日は「干潟・湿地を守る日」でした。

日本湿地ネットワークは
長崎県諫早湾が閉め切られた4月14日を「干潟・湿地を守る日」とし、
全国の干潟・湿地の保全に取り組むキャンペーンを開催しています。

日本野鳥の会愛媛でも、本日「干潟・湿地を守る日イベント」として
干潟・湿地を守る日2012重信川河口探鳥会が開催されました。

DSCN4739sa.jpg

最高気温も20度程度で観察するにはちょうど良いお天気。

初回からミサゴが何度も魚を捕まえている様子や、若いハヤブサがエサを頑張って
獲ろうとしている姿を観察したりしました。
でもハヤブサは若い個体だったので、エサを捕まえるのがちょっと下手
加えて、ハヤブサが飛ぶとカモメやカモが一斉に飛ぶので観察するほうもちょっと大変…(汗)

シギチも、シロチドリ、メダイチドリ、ムナグロ、ダイゼン、トウネン
ハマシギ、オバシギ、イソシギ、オオソリハシシギ、
ホウロクシギ、チュウシャクシギなど充実しており、
シギチの識別がまだまだな私にとってはすごく勉強になりました。

↓そして、今回一番興奮したのがこの鳥!↓

DSCN4744sa.jpg

なんとミツユビカモメを見ることができました!!
セグロカモメやウミネコに交って一羽だけ水浴びをしており、
重信川河口で見られるなんて夢のよう。
私も初観察だったので皆さんと一緒に大興奮!!

しかも、結構長い間くつろいでいたので
じっくりと観察することができました。

DSCN4754s.jpg

ミツユビカモメは小さいし羽の先が黒いから
他のカモメの中にいてもよくわかるよーと聞いていましたが、
こうして見ると本当に黒くて目立ちますね。

学校の授業が始まると、なかなかじっくり鳥も見られない…と思っていたのですが、
今日はあらゆる鳥を見られ本当に幸せな探鳥会でした!

時間:10:00~12:00
見られた鳥:43種

カンムリカイツブリ カワウ ダイサギ コサギ アオサギ 
マガモ カルガモ コガモ ヨシガモ オカヨシガモ ヒドリガモ
オナガガモ ウミアイサ ミサゴ トビ ハヤブサ
シロチドリ メダイチドリ ムナグロ ダイゼン トウネン ハマシギ
オバシギ イソシギ オオソリハシシギ ホウロクシギ
チュウシャクシギ ユリカモメ セグロカモメ オオセグロカモメ
カモメ ウミネコ ズグロカモメ ミツユビカモメ ヒバリ ツバメ 
ハクセキレイ セグロセキレイ イソヒヨドリ カワラヒワ
スズメ ムクドリ ハシボソガラス (ドバト)

新学期開始

2012.04.12 20:34|EUAC 美術部
DSCN4713s.jpg

楽しかった春休みは終わり…
ついに11日から新学期が始まりました。

しばらく閑散とした大学しか見ていなかったので
大学構内にあふれかえる入を見て、こんなに人がいたっけ…?
と思ってしまうほどでした。

2回生からは学芸員と教職の資格を取るための授業が入ってくるのですが
その数がかなり多く、生物系の授業は数えるほどしかありません。。
しかも、教職と学芸員の授業は半数以上がリタイヤしてしまうほど
厳しいらしいので気合をいれて行こうと思います!

新学期に突入してからは美術部でビラ配りをしたり、新入生とお食事にいったりの毎日。
部室にも結構行くようになり、作品も少しずつ進んでいます。
今日は下絵を書き上げました。

DSCN4725s.jpg

あわただしく、ちょっと手抜きの夕食です。

伊藤若冲×木部一樹

2012.04.10 10:28|本・映画・音楽
DSCN4700s.jpg

50号の油絵を描きたい…そんな衝動に駆られたのは
本屋でたまたま伊藤若冲の画集を見かけた時のことでした。
(若冲の絵は油絵ではありませんが…)

伊藤若冲の描く絵(特に鶏)には勢いがあり、
見事な色使いと細密な描写には魅了されます。

「動植綵絵」の全三十帖を全て見たかったのですが、
本格的な画集となると学生には買えない値段なので
今回は「目をみはる伊藤若冲の『動植採絵』」を購入しました。

DSCN4707s.jpg

羽の一枚一枚までしっかり見ることができ大満足です。

いつか本物が見たい!と思うのですが、2010年に静岡県立美術館で行われた
伊藤若冲 アナザーワールド」以降、大きな展示会はないようです。

今後展示会があればどこでも見に行きます!

DSCN4697s.jpg

そして、木部一樹さんの「ワイルドライフアート 鳥の画帳」も購入しました。

木部一樹さんは青森県生まれの画家。
「私が描く絵を見て、自然に関心を抱き、自然を愛する人が少しでも増えてくれれば…」
という思いを込めて自然の生態系をありのままに描かれています。

私が木部さんを知ったのは、知り合いの人から
木部さんのポストカード集をいただいたことがきっかけです。

DSCN4702s.jpg

本は絶版になっているのか、なかなか手に入らなかったのですが
今回中古で出品されている方から購入することができました。

青森県の方から購入したのですが、届いてみてびっくり…!!
な、なんとサイン入りでした!!

久しぶりに買った画集、じっくり見て描き方を研究しようと思います。

ビラ配り・下塗り・お花見!

2012.04.07 22:39|EUAC 美術部
P1120027s.jpg

今日は、美術部でお花見がありました。

桜は満開!!
朝4時くらいから担当の方が場所取りをして、いい位置をキープ。

お花見は13:00~開始だったのですが
最初は雨がポツポツと降りだし大慌て…。
でも途中からは晴れて一安心。

DSCN4515s.jpg

ちなみに、私は調理担当だったので
朝からひたすらだし巻き卵を焼きつづけ…

DSCN4519a.jpg

みんなで手分けした結果、こんなお弁当が完成しました!
バーベキューではイノシシのお肉も出て、大盛り上がり。

初めは上手くいくか不安でしたが、先輩方にも協力していただき、
大変いいお花見になりました。ありがとうございます。

DSCN4477s_20120407214009.jpg

ちなみに、昨日のビラ配りはこんな感じでした。
11:30に入学式を終えて出てくる新入生を狙って、
数時間前から各部活やサークルの人達がビラ配りのために行列を作ります。

もはやこれは新入生を奪い合う戦争です(笑)
私たち美術部も2時間前からいい位置をキープしていたので
500枚のビラもあっという間に配り終えることができました。

DSCN4442.jpg

50号の油絵も、部室で新入生を待っている間に下塗りが終わりました。
友達も20号の油絵を始めたので、2人で完成目指して頑張ります。

5月には、部内で新入生・部員を対象とした油絵講習会も開く予定で、
油絵を描く人がどんどん増えるといいなと思います。


皆様、数日間お疲れ様でした。

美術部新歓展示

2012.04.05 09:30|EUAC 美術部
DSCN4294s.jpg

4月4日から美術部の新歓展示が始まります。
昨日は朝からリアカーを借りて、
部室から展示会場へ作品を搬入しました。

護国神社の桜もあっという間に咲いて、すごく綺麗です。

DSCN4308s.jpg

今回の展示は3日間、校友会館2Fで展示をします。
新入生が見に来てくれるか不安と期待でいっぱいですが
私は残り2日、部室で油絵を描きながら見学者を待ちます。

6日は入学式で部活動のビラ配り、
7日はお花見と行事がいっぱいです。

新歓展示、新入生でない方も大歓迎です。
ぜひ見に来てくださいね~。


暴風と50号

2012.04.03 16:05|EUAC 美術部
120403_150221.jpg

今日は一日中暴風雨…。
でも、こんな日に限って美術部でお花見の買い出しがありました。

買い出しが終わった頃、雨が止んできたので
人手があるうちに画材もいくつか購入しておこうと思い、
近くの美工社に行ってきました。

今まで足りなかった画材を購入し、ケント紙やキャンバスも購入。

その時に、次作を30号で描くか50号で描くか迷っている…とお店の人にお話ししたら
「貴方、それはもう50号で描かないと駄目よ!!」と猛プッシュされ、
ついつい買ってしまいました…50号のキャンバス。
(こちらはもちろん自腹で…。)

でも、ここからが問題でした。
結構大きい50号、乗ってきたのは自転車…
そしてこんな日に限って暴風…(涙)

すれ違う人に大丈夫!?という目で見られながら
片手でキャンバスを担ぎ、暴風に耐え、必死の思いで部室に持ち帰りました。

部室に持ち帰るとやっぱり結構大きいです。
2年前に自分が描きあげたのと同じサイズとは思えません。。
でも、また高校時代のように心を込めて描き上げたいと思います。

P.S. 愛媛大学美術部のHPができました。
   →http://ehimeunivartclub.shichihuku.com/
    明日から3日間は校友会館2Fで新歓展示をします。
    午前中は私も受け付けをしているのでぜひ見に来てくださいね~♪

城山探鳥例会 2012年4月 

2012.04.01 15:18|城山探鳥例会
DSCN4137s.jpg

3月は雨で中止でしたが、今日は晴天!

桜の花も咲き始め、春の訪れを感じながら
4月の城山探鳥例会が行われました。

風はやや冷たいのですが、探鳥するのには問題ありません。

DSCN4099s.jpg

歩き始めはあまり鳥の声が聞こえず寂しい感じです。
所々でコケの観察や植物の観察をしつつゆっくりと上がって行きます。

しばらくするとカラ類の声が聞こえ始め、やや賑やかに。
ヤマガラとシジュウカラが同じ場所で鳴いてくれたので
それぞれの鳴き方を聴き比べることができ、
初参加の方にも違いを実感していただけました。

DSCN4125s.jpg

今回も参加者は多めで嬉しい限りです。
でも、こうして並んでいると本当に多いなーと感じます

桜が咲き始めたせいか、観光客もたくさん歩いていたのですが
このバードウォッチング団体を見て
「一体何なんですか…!?」と驚く方も多かったようです(笑)

DSCN4108s.jpg

2010年夏の集中豪雨で土砂崩れが発生した場所の復旧工事が終わっていました。
以前はブルーシートで覆われていたのでよくわかりませんでしたが、
階段が作られていたんですね。
ここからは、市内中心部が一望できるようになっています。

ちなみに、土砂崩れの下には夏目漱石の下宿「愚陀仏庵」があったのですが、
こちらは土砂で全壊してしまったようです…。

DSCN4173a.jpg

参加者の皆さんが集まって輪になっているので
何だろう…と思って近寄ると「金環日食」の話で盛り上がっていました。

5月21日に全国で部分日食が見られ、
九州地方南部、四国地方南部、近畿地方南部、中部地方南部、
関東地方などでは金環日食を見ることができるんだとか。

DSCN4187s.jpg

愛媛では南に行くほど、綺麗な金環日食が見られるようです。

一瞬だけ、「城山探鳥例会」ではなく「金環日食説明会」になっていました。
鳥だけでなく、いろいろな事を学べるのも城山探鳥会の醍醐味です。

ちなみに、日食の詳細は→コチラ のサイトで見られます。

DSCN4205s.jpg

ウグイスの声が聞こえましたがまだまだ下手で、
もう少し頑張れ!とみんなで応援。

シロハラも数羽見られ、水場ではマミチャジナイも見ました!
4月の探鳥会でマミチャジナイを観察できたのは6年ぶりです。

DSCN4199s.jpg

4月6日(金)~8日(日)には松山春まつり(お城まつり)が開催されます。
時間がある方はぜひ足を運んでみてください♪

時間:8:45~11:10
参加者:32名(初参加者:5名)
見られた鳥 :17種(+1種)
   トビ1 ハヤブサ1 キジバト2 カワセミ1 コゲラ4 ツバメ1
   ヒヨドリ20+ シロハラ5+ マミチャジナイ2+ ウグイス4 
   センダイムシクイ1 ヤマガラ10+ シジュウカラ5+ 
   メジロ20+ カワラヒワ7+ ハシボソガラス5+ 
   ハシブトガラス10+ (タカSp 1)

*******************
次回 5月6日(日) 8:30~11:00
    県庁横西登山口 集合
    雨天中止
*******************