08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Nao

Author:Nao
愛媛で絵を描きつつのんびりと暮らしてます。出版社勤務。ブログは今年で11年目☆JAWLAS所属の鳥好き。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

修了検定無事通過!

2011.09.30 22:25|日々の暮らし
P1110568t.jpg


夏休み中に免許取る!なんて言いながら、
魚や鳥とばっかり遊んでいたので、
結局車に乗り始めたのは9月に入ってから。

大阪になんて遊びにいっていたから、
9月末にやっと修了検定までたどり着きました。

そして、脱輪の恐怖を乗り越えて、無事に仮免取れました!!
コースを覚えないといけないと先輩から聞いていたので、
必死でコースを覚えていったのですが(写真上)、
なんと検定時は教官が道順を指示してくれました。
(私の努力を返して…)

月曜日からはいよいよ路上。。。
路上には教習所にはないアクシデントが待ち受けているんだろうな…

ちなみに、今日から大学の後期授業が始まりました。
授業の合間をぬって、通わなくてはいけませんが
あと20時間乗車+学科(16時間)があるので
10月中に免許が取れるように頑張りますね。

動物遺物学の世界にようこそ!

2011.09.30 00:02|本・映画・音楽
P1110578.jpg

鳥学会でお会いした森林総研の方から、
「動物遺物学の世界にようこそ!」という本を紹介していただき、
注文していたものがやっと届きました。

P1110580.jpg

まず、どの羽がどこに対応しているのか?や
鳥の羽を識別する分類チャートなどが書かれています。
鳥の羽の本はたくさん出版されていますが、
これは鳥だけでなく獣毛の同定方法なども書かれており
非常にディープな感じです。

P1110581.jpg

そして、羽を見て識別するなんて男のやることじゃない!(笑)
ということで、できる人は「顕微鏡による小羽枝構造からの識別」を
するそうです(ひょえー)
おそらく、こんな識別をすることは一生ないだろうと思いますが、
初めてこの方法を知ったので驚きです。

P1110583.jpg

最後は鳥の骨を余すところなく掲載しています。
しかも原寸大で!!

見ているだけで、本当に楽しく役に立つ一冊です。
詳細は以下に記載しておきますね。

======
「動物遺物学の世界にようこそ! ~獣毛・羽毛・鳥骨編~」
著者:邑井良守・藤井幹・川上和人
発行:里の生き物研究会
発売:築地書館
定価:4,500円(税別)

内容:
野外には、たくさんの鳥や獣が生活しています。
しかし、その姿が見つからず、彼らが残した「遺物」だ けが見つかることも少なくありません。
枝に引っかかった獣毛、巣箱に残された羽毛、タカの食べ痕に見つかる骨など、
野外には様々なフィールド サインがあり ます。
しかし、日本ではその正体を探るための参考書が、ほとんどありませんでした。
この本では、日常的に動物遺物の識別を行う現役調査者が、
その実践的な方法を280ページにわたりフルカラーで紹介しています。
白黒でもかまわない鳥の骨までフルカラーです。
趣味の山歩きから、本格 的な環境調査まで、活用の仕方はあなた次第です。
限定1000部のみの発行ですので、購入はお早めに!

サンプルページダウンロード:
http://www.tmlphp.appspot.com/file/page/jfbn/doubututirasi.pdf

購入方法:
1)出版元直送
下記の担当者に、直接「この書籍が欲しい!」と連絡を入れてください。
====
里の生き物研究会
   E-mail: ssaito(at)jwrc.or.jp (斉藤)
====

新しい友人

2011.09.29 23:33|日々の暮らし
P1110590.jpg

少し前に、私の友人が増えました!

大学にはノートパソコンなんてなくても、
ディスクトップが一代あれば十分!と思っていましたが、
やはり学生生活を送っているうちに、あればいいなーと思うことが多く、
数ヶ月前から目をつけていました。

とはいえ、ノートパソコンなんて軽々と買えるものではないので、
夏休みに一生懸命働いてネットで最安値とにらめっこしながら、
やっとの思いで手に入れました…!

P1110601y.jpg
(A4の封筒に収まるサイズ。薄さもノートを少し厚くした程度)

ノートパソコンはいろいろな会社から出ていますが、
今回はとにかく軽くて薄くて持ち歩けるというのが優先事項だったので、
「11インチのMac Book Air」を購入しました。

さっそく、shinoさんに作ってもらったパソコンケースに入れて
後期の授業から持ち歩こうと思います。

そして、人生で初めて自分で買ったPC、長く大切に使います~。

生物分類技能検定 問題集

2011.09.29 22:42|本・映画・音楽
P1110555.jpg

少し前にお話していた「生物分類技能検定」の問題集が
やっと手元に届きました!

これでじっくり楽しく勉強することができます。

3、4級は比較的簡単な問題だといわれていますが、
問題を見てみると…。

P1110558.jpg

確かに、これはかなりできそう!
イラストと対応しているので見やすいし、やる気がでてきます。
鳥の項目は確実にできないといけませんね。。。

しかし、自分の全く関心のなかった分野の問題になると
簡単な問題でも急にわからなくなってしまいます。

例えば、
「次のうち、この羽はどの蝉のものでしょう・・・?」
とか
「次のうち、越冬しないクワガタはどれでしょう・・?」
 (1、オオクワガタ、2コクワガタ 3、スジクワガタ 4、ミヤマクワガタ)
はたまた
「アカネズミに最も近縁なものを選びなさい
 (1、カワネズミ 2、ジネズミ 3、ハタネズミ 4、モグラ)

・・・なかなか手強いです。

P1110561.jpg

次のシルエットはどの鳥を表しているでしょう?

こんなのだったら、一瞬で回答できるのに・・・。

生物系は広く浅く知っていないといけないなーと感じる今日この頃。
この際頑張って勉強してみようと思います!

ちなみに、検定日は来年の6月なのでかなりゆとりがあります。
みなさんもぜひ挑戦してみてください~。




西条自然学校 第84回 シカの話

2011.09.28 23:00|西条自然学校(82回~)
P1310557.jpg

第84回の西条自然学校は「シカの話」。

今回は、ネイチャー企画の宮本さんが講師として
お話をしてくださいました。

まず、ニホンジカの分布、サイズ、特徴、食性についての説明があり、
シカについて理解を深めた後、
愛媛県にはどのくらいのシカがいるのか?ということを中心に
調査方法についての話がありました。

愛媛県のシカの数を把握することは、
農作物への被害状況の実態や対策につながるそうですが、
調査方法もたくさんあり、ハンターの方の協力が必要となってくる
大変な作業であることを知りました。

今回はシカの調査方法が話の半分を占めていましたが、
(区画法、比率比較法、捕獲・再捕獲法、ライトセンサス法
 復元法、糞塊法、糞粒法など)
たくさんある調査方法の長所と短所を理解してデーターを
読み取っていかなくてはいけないんだと感じました。

ちなみに、愛媛県のシカは推定570頭いるそうです。
有害捕獲や捕獲数は増えているようですが、
実際の被害などもう少し詳しく知ることができたらなと思います。


自販機前の昆虫観察も秋になって少し寒くなると
あまり活発ではなくなってきました。

++++
次回 10月19日(水) 「寄生虫の話」
西条自然学校 夜の学校
開催日:毎月第3水曜日 19:00~20:00
会場:西条市総合文化会館 視聴覚室
参加費:100円
++++

寄り道

2011.09.25 22:35|お出かけ
P1110507.jpg

以前のような蒸し暑さはなくなり、ずいぶん涼しい気候になってきました。
夏休みもあと一週間!

そんなわけで、数日間は実家でゆっくりと過ごしました。

P1110514.jpg

あまりにもお天気がいいので、shinoさんとお散歩に。
気が付けば彼岸花が咲き始め、赤色の絨毯を作っていました。
去年までは当たり前だった光景なのに、今では懐かしい風景です。
彼岸花なんて街中では全くみないので・・・。

P1110529.jpg

ここからは、いつも街中が見渡せます。
このあたりを歩いていると、いろいろな虫の鳴き声が聞こえるのですが、
虫網を持ってきたらたくさん捕獲できそうです。
その前に鳴いている虫の正体を突き止めなきゃ・・・。

P1110546.jpg

久しぶりに見た蔵も元気そうでしたが、
一緒にお散歩に連れて行ってもらえずに、拗ねてしまいました。。。

大学での生活も新しい発見がいっぱいで楽しいものですが、
やはり自然の中に出かけるほうが、何倍も楽しいですね。

夏休み最後の想いでづくりができました!



大学芋!

2011.09.24 22:36|ごはん
P1110552s.jpg

サツマイモをたくさんいただいたので、実家にいるうちに大学芋を作りました。
これを食べると「秋だな~」と感じます。

一人暮らしだと芋を油で揚げることができないので、実家に帰ったときに特訓です。
(危険だから揚げ物はダメ~と親から言われている上に、
 コンロ周りが狭いのでなかなかできないんですよね・・・)

しかし、サツマイモを油で揚げなくても大学芋はできるらしいので、
機会があれば、揚げないやり方でも作ってみようと思います。



アライグマin es-Bank

2011.09.22 23:48|es-BANK関連
P1110496.jpg
(↑es-Bankの冷凍室の中)

今日は、今治から松山に一時帰宅。
電車に乗っている時に、
「アライグマの解剖を愛大校内のes-Bankでやってるんだけど見に来ない?」
とお誘いを受け、駅から直行して見に行きました。

ちょっと画像がエグイので見たくない人は記事を飛ばしてくださいね。
(いつもの事ですが・・・)


P1110487s.jpg

以前、鯨類の解剖は見させていただきましたが、毛皮のある生き物を
見るのは初めてだったので、とても有意義な時間でした。

匂いは鯨類と比べてほとんど気になりません~。

毛皮もこんな感じで作られるのか・・・とも思いました。

P1110495.jpg

解剖を見させていただいたついでに、冷凍室も見学させていただける事に!
冷凍庫の中はマイナス25℃なので、エスキモーみたいな格好をして入室。
(一人だけゲタを履いて中に入る猛者もいましたが・・・)

中はやはり、すごい試料の数・・・!!
鳥類、爬虫類、哺乳類などあらゆる動物が保管されています。

P1110500.jpg

鳥類はバラバラにされずに、まるごと保管されていることが多いようで、
ハクチョウ一体・・・とか、コアホウドリ一体・・・・とか
本当にそのまま保管されていました。

しかも、この部屋は1Fだけでなく2Fもあるそうで、
2Fになると倍以上の広さの保管庫になっているそうです。

長時間見ていたかったのですが、マイナス25℃の世界は耐えられず
短時間でリタイヤしてしまいました。

毎日ここで働かれている「地獄の番人さん」お疲れ様です。


鳥学会2011in大阪 その2

2011.09.22 00:16|鳥関連
P1110449-s.jpg

2日目はいよいよ鳥学会!!
しかし、お天気は台風が近づいているため、朝から雨が降りそうなくらい不安定。
大阪市立大学も2年ぶりの訪問です。懐かしいな~。

P1110454-s_20110921235334.jpg

この看板を見ると、鳥学会に来た!という感じがします。
鳥の研究がしたいと本格的に思い初めてからずっと来たかった鳥学会に
やっと参加することができ、初回からテンション上がりっぱなしでした。

会場へは、立教大学のKさんとニュージランド出身のCさんと一緒に
行ったのですが、私は英語をまだまだうまく喋れずCさんとのコミュニケーションがあまり
取れなかったので英語をしっかり喋れるようになりたい!と本気で感じました。
やはり必要に迫られなければ気合が入りません~。

P1110459.jpg

こちらは受付をすると貰う事の出来る今年度の要旨集(発表内容が記載された本)と
うちわ、収納バックです(名札もあります)

どれもデザインが素敵で鳥づくしです!

一日目は終日口頭発表。
口頭発表は2つの教室を同時に使って行われる、スライドを使った発表です。
一つの発表は15分程度。発表者の交代は数十秒で行われるので、
目当ての発表の部屋が違うと教室間をダッシュで行き来しないといけなくて、
ちょっと大変でした。

発表の仕方や研究の内容など、新しいことばかり・・・!
特に、今まで新聞に掲載されていたような研究の内容も具体的に聞く事ができ、
後から質問をする事もできたので、とても貴重な体験でした。
P1110471.jpg

2日目は午前中は口頭発表で、午後からはポスター発表。
ポスター発表は廊下に全てのポスターが貼りだされ、2時間ずつの交代で
合計4時間使って行われます。
これは、好きな発表を自由に聞きに行けるため、自分の興味のあるポスターの
前に行って、発表者の方としっかり時間をかけて交流することができました。

2日目の夜は懇親会があり、
今までずっとお会いしたいと思っていた有名な先生方や、
興味のある分野の研究者の方たちとお話をすることができ、
自分にとってすごく有意義な時間でした。

作った名刺も無くなるくらいの名刺交換ができ、満足しました。
また、要旨集の後ろには参加者の名簿があるため、
愛媛出身の方が話しかけてきてくださり、とても嬉しかったです。

P1110463.jpg

私の在籍している大学には、鳥専門の先生がいらっしゃらないため、
将来的に勝手に鳥をするか、伝統的な魚の研究をしていくか・・・という事で
すごく悩んでいたのですが、こうして鳥学会に参加すると、
大先輩方や教授の方々が応援して下さったり、研究者を紹介してくださるので、
やはり鳥がしたい・・・!!とも思えるようになってきました。

一回生から鳥学会に参加する人は少ないらしく、
今回は多くの方にお世話になりました。

本当に新しいことばかりで、目からウロコ状態でしたが、
特に立教大学の皆様(とくにKさん)には3日間ずっとお世話になり、
本当にありがとうございました。


いつか、自分が発表する側になれるよう頑張ります!


鳥学会2011in大阪 その1

2011.09.21 23:41|鳥関連
P1110006.jpg

9月16~19日、鳥学会の為に大阪に行ってきました!!
鳥学会は9月17,18,19の3日間、大阪市立大学で開催されますが、
船で旅立つので、学会の前に大阪観光をしてきました。

島国「四国」から外に出るためには、船という手段が便利です。

P1110036.jpg

天王寺周辺に宿泊予定だったので、朝から「天王寺動物園」へ!
愛媛にも「とべ動物園」というのがありますが、やはりどこに行っても
動物園巡りは楽しいものです。

特に天王寺動物園には「鳥の楽園」という鳥づくしのコーナーがあり、
これは行かないわけにはいかない!と出発。

平日の、しかも開園丁度から入る客なんて誰もいないだろう・・・と思っていたら
幼稚園児達が集団でやってきました。
なんとも賑やかで、エネルギーをたくさん分け与えてもらいました。

P1110207.jpg

そして、これが鳥の楽園です・・・!!
オシドリ、ツクシガモ、ハシビロガモ、アオガン、コサギ、アオサギ、
ウミネコ、カワウ、オナガガモ等などがのんびり暮らしているようです。
たくさんのサギで構成されているサギ山が迫力ありました・・・。

P1110254.jpg

その後、動物園を出て「新世界」へ。
通天閣と町全体が大阪らしい雰囲気を醸し出しています。

串カツとたこ焼きのお店がほとんどですが、
なんといっても勧誘がすごい・・・!
これも大阪ならでは、という感じがします。

P1110307.jpg

通天閣の後は「大阪市立自然史博物館」へ!!
ここに来るのは3年前のダーウィン展以来。

今回は「OCEAN 海はモンスターでいっぱい!」という特別展を開催して
いたので、魚関連ということで行ってみました。
これは、魚の分類、魚がどう進化してきたか・・・?に焦点をあて、
たくさんの剥製や骨格標本を展示している素晴らしい企画です。

魚の研究室に出入りしたり、博物館で魚の世話をするうちに、
魚に対して今までとは違った見方ができるようになっていたので、
今回の特別展もすごく楽しめました。

しかし、午前中に動物園で生きていた動物たちが
博物館では標本になっているので
「あ、これ午前中生きてたやつだ・・・」とついつい思ってしまいました。

P1110438.jpg

こちらは、植物園。
ここに来るたびに、植物園を全部歩く!と思うのですが
いつも博物館だけで歩き疲れてしまい、ハス池止まりです・・・。
しかも今回は蒸し暑かったため、涼しい季節にまたゆっくり歩きたいと思います~。

植物園を出た後は、そのまま鳥学会の受け付けへ。

というわけで、初日はとにかく歩きまわって大阪を観光したのでした☆
次回へ続く。。。

いざ、鳥学会へ!

2011.09.16 08:10|お出かけ
P1310393s-s.jpg

今日から4日間、鳥学会のため大阪に行ってきます~。

鳥学会は17日~19日の3日間、大阪市立大学で行われるのですが
一日早く大阪入りして、天王寺動物園、自然史博物館を巡る予定です。
(自然史博物館は海洋の動物に関する特別展をしているとか)


鳥学会は毎年東京や北海道で行われることが多かったのと、
高校生であったので、今までなかなか参加できませんでしたが、
今回は大阪ということでやっと参加する事ができます。

私にとっては小さい頃から憧れていた鳥学会なので、もうドキドキです。

たくさんの人たちの発表を聞いて、勉強してこようと思います。
帰って来たらまた報告しますね~!

今夜船で出発します。

真夜中の研究室

2011.09.14 02:08|大学関係
P1100998-1.jpg
(↑ニッポンバラタナゴの透明標本)

今日は激務の一日でした。
教習所→博物館→塾・・・・・・・→研究室。

教習所では無事にS字カーブとクランクと坂道発進をクリアし、
博物館では水槽の換水の手順を学び、
塾では英語をひたすら教え・・・・

そして、タナゴについて研究されている先輩が
塾の帰りに研究室で採れたての二枚貝の測定をするというので
お手伝いをさせていただくことになりました。

110913_223000.jpg


今回は60個くらいある二枚貝の殻長、殻高、殻幅を丁寧に測定し、
タナゴの卵があるかどうかを調べていく作業。

測定はノギスを使ってどんどん進めていきます。

ノギスを使うのは初めてでしたが、目盛を読むのもなんとなく慣れました。

110913_223012.jpg

それにしても、まさか真夜中の研究室で作業をさせていただけるとは・・・!
生態学研究室にはお世話になりすぎて、1回生にも関わらず
いつの間にか堂々と部屋に入れるようになってしまいました。

しかし研究というのは地道な作業の積み重ねなんだな~と実感します。
先輩方は明日も調査に出かけるようで、本当にお疲れ様です!

数年後には、「鳥」か「魚」かテーマで悩むことになりそうですが、
今からスキルを積んで、地道に頑張って取り組みたいと思います~。

おかえりなさい~!

2011.09.12 17:35|お出かけ
P1100949.jpg

今日は北海道から帰省している先輩と久しぶりに会いました。
小さい頃から探鳥会で一緒に活動をしてきたのですが、
今は野生動物保護管理学研究室に所属してバリバリ活躍している方です。

北海道の話を聞いていると、環境の違いに驚かされることばかり。
野良猫や野良犬の代わりにキツネが普通に歩いているなんて・・・。

***

松山と行っても街中に行くのは面白くないので、なんとなく「重信川河口」へ。
自然派・野生派が2人揃うと思いがけない場所に行ったりするので
なかなか面白いです。

しかし、今日は特に湿度が高くて蒸し暑い日だったので、
「心は落ち着くけど、何もないね・・・」という状態に。

それでも、上から魚が沢山泳いでいるのを眺めているときに、
網を持ってきて捕獲したいと思ったのは私だけではないはず・・・。

P1100950.jpg

その次に向かったのは「道後公園」。
ぶらぶら歩いて展望台まで上がってきましたが、今度は曇ってる・・・。
でも、予想以上に街中が一望できたのでびっくりしました。

こうしてみると、本当に街中に住んでるな~と実感させられます。
日ごろ大学周辺で生活していると、田んぼを見ることすらないので、
自然から離れているな・・・と感じます。
(といっても、まだ街中に緑豊かな城山があるので恵まれているとは思います)

P1100954.jpg

そして、時間が余ったので「石手寺」へ。
こうしてみると、なんて奇妙な所を回ってしまったんだ・・・と思いますが、
しかし、この「石手寺」、ただのお寺ではないんです。

これは別名「アミューズメントパーク」と呼ばれている奇妙で有名なお寺なのです!!
どんな所が奇妙かといえば・・・
口で説明するのは難しいので詳しくはこちらのサイトへ→コチラ

P1100955.jpg

今回はあまり時間がなかったので、石手寺をすべて堪能することはできませんでしたが、
一つ言えることは「マントラ洞」は絶対に一人で入りたくない場所ということです。。。

ただでさえ暗い洞窟・・・足元も見えないのに
急に横から人が飛び出して来たり(道が分かれているので)、
奇妙な絵や仏像があったり・・・・
全部見たわけではありませんが、これは自然のお化け屋敷に匹敵しますね!(←失礼)

普段友人とは行かないような場所にたくさん連れて行っていただいて
濃い時間を過ごすことができたと思います。

野生動物を相手にする活動や勉強は大変そうですが、
私も自然関係の道からは離れられそうにないので、頑張って行こう!と思いました。
北海道、もう一度行きたいな~。
(今度は観光ではなく、本格的な自然観察を目的に)

今日はありがとうございました!


*PS.このブログをご覧になっている方で、愛媛に来ることがあれば、
    ぜひ道後温泉巡りのついでに「石手寺」へ・・・(笑)

本屋の恐怖・・・!!

2011.09.09 20:56|本・映画・音楽
P1100938.jpg

今日は、久しぶりに高校時代の友人と会うことになっていたので
待ち合わせ時刻まで、集合場所付近の本屋で時間をつぶすことに・・・。

実は、少し前にビオトープ管理士の資格を取ることを薦められ、
1回生~2回生の比較的時間があるうちに勉強してみようと本気で
考えるようになっていたので思い切ってテキストを購入することに。

ビオトープ管理士の試験を受けるためには、公式テキスト以外に
かなりいろいろな本を読まなくてはいけないようですが、幸い大学には
購入希望をすれば学校が本を買ってくれるという素晴らしい制度があるので
それに頼って勉強することができそうなのです。

しかし、よく使う(読む)本は線を引いたり書き込んだりしたいので、
必要なものは購入・・・!!(専門書はやはり高いので涙ながら・・・)

P1100941.jpg

なかなかお財布にイタイ価格だったので、この辺で立ち去ろうとしていたら・・・・
「まるごと日本生き物」という本が目に入り、ついつい手に取ってしまいました。

可愛い表紙もさることながら、中身も植物、昆虫、魚類、鳥類、哺乳類など
多くの動物をカバーしている本です。
これは、「生物分類技能検定(詳細はshinoさんのサイトをご覧ください)」
を受けるときに役立ちそう・・・!!と思い、購入を決意。

*最近、昆虫や魚類について勉強するうちに、自分にはまだまだ知識が足りない・・・!
と悔しい思いをすることが多かったのですが「生物分類技能検定」の勉強をするのは
ビオトープ管理士の勉強をしていく上でも非常にプラスになると思ったので、
ついでに挑戦することを考え中。


そしてレジに歩いていく途中に、たまたま画集コーナーの隅をみたら
「野鳥フィールドスケッチ」を発見してしまいました・・・。
1巻は持っているのですが、まさか続編が発売されていたとは・・・・


というわけで、思いがけずたくさんの本を買ってしまいました。
これだけ濃度の高い本が揃って嬉しいのですが、やはり本屋に行くと
思いがけない出費をしてしまいますね・・・(汗)


カボチャの煮物

2011.09.08 17:53|ごはん
P1100935.jpg

「ごはん」記事が好評だったので、
今日もカボチャ料理をUPしておきます~。

メニューは
カボチャの煮つけ、鳥釜飯、サラダ。
お吸い物がないのはちょっと手抜きだからです。

そうそう、大学で開催されている土木学会もかなり盛り上がっていましたよ。
カフェテリアで隣の席の人が
「ここのマトリックスが・・・・積分をしましてね・・
ちょっとお盆の間に行列を計算してみたんですよ。」
という会話を行っていました。

まさか、日常会話で積分とか行列という言葉を操る人達がいたとは・・・!!
心のなかで一人ツッコんでしまいました。

今日朝から博物館バイト→教習所で
これから塾のバイトに行ってきます。




カボチャグラタン

2011.09.06 22:55|ごはん
P1100869.jpg

外に出たら、ずいぶん秋らしい気候になっていることに気が付きました。
8月より風が少し涼しくなった気がします。

今日は実家からカボチャとナスをいただいたので、
これをなんとか使わなくては・・・!!と思ってグラタンを作りました。

カボチャ、ナス、玉ねぎ、鶏肉、マカロニ、チーズで構成されています。

久しぶりのごはん記事でした。

8月中は風邪をひいたり、予定がいっぱい詰まっていたりして
夕飯もろくに作らなかったので、9月からは頑張って
野菜中心のレシピを考えていこうと思います~☆

最近の部屋

2011.09.06 21:56|日々の暮らし
P1100905.jpg

行事が多くなって忙しくなると、ついつい家事が手抜きになり、
部屋の中がいつの間にか大変なことになっているというのは
よくある事だと思います。

現在、私の部屋は半アトリエ状態で、
油の浸食を受けているため、部屋がとてつもないことになっていました。

P1100894.jpg

そんなわけで、午前中地道に部屋の掃除をしていたのですが、
掃除をしているとまだまだ足りないものがあることに気が付きました。

私の部屋には、机の上に並ぶ小物を収納するための「ボックス」と
ちゃんとした「アナログの時計」がなかったんです・・!

午後から教習所だったので、それが終わってから買い物に出発。
しかも今日は教習所で交差点周辺の8の字カーブで躓いて
坂道発進まで進めなかったという、悔しくも悲しい出来事があったので、
雑貨屋さんで やけ買い してきました・・・。(右端の鳥の時計)

P1100923t.jpg

あと、右下の3つ引き出しがあるボックスも手に入れました。

自分で写真を撮って初めて気が付いたのですが、
私の部屋はずいぶん鳥さん達に浸食されているんですね。。。


余談ですが、明日から、愛媛大学では「土木学会」が行われるようです。
土木学会の期間中に博物館のお仕事も入っているので、
ついでにちらっと覗いてみようと思います~。




城山探鳥会 9月

2011.09.04 19:54|城山探鳥例会
P1100855.jpg

四国直撃で大雨をもたらした台風は通り過ぎ・・・
無事に8:30から城山探鳥会が行われました。

今日は松山東高校の放送部の皆様が、
なんと日本野鳥の会愛媛の取材のために城山探鳥会に参加。
そんなわけで、参加者の年齢層がぐっと若くなった上に、
初参加者が5人というなんとも新鮮な探鳥会でした。

P1100857.jpg

お天気のせいあってか、初回にシジュウカラやヤマガラの声が
少し聞こえる程度で、鳥達は全く姿を現してくれません・・・。
声はすれども姿は見えず。
そしてだんだんカラスとセミの声のボリュームが大きくなっていきます。
放送部の生徒さんは、集音マイクと録音機を持って歩いていましたが、
収録された音がカラスとセミばかりでないことを祈ります。。。

P1100859.jpg

鳥が出てこなければ、人が活躍するしかない!
というわけで、今回は植物や昆虫に詳しい方が生きた授業をしてくださいました。
最近の城山探鳥会は小学生の子供たちの参加率が増えているので、
昆虫を見せると盛り上がります。

街中で暮らしているだけでは決して見ることのできない
ヤモリやクワガタの「自然の姿」をじっくり観察。

子供だけでなく、大人たちも盛り上がっていました。
(もしかしたら、大人の方が盛り上がっていたかも・・・)

P1100863.jpg

鳥は台風で機嫌を悪くしたか、取材に緊張してあまり姿を現してくれませんでしたが、
全体的に見れば本当に活気のある、賑やかな探鳥会となりました。

いろんな方が放送部のインタビューを求められていましたが、
いざ「鳥のどんな所が好きですか!?」と言われると、ドキっとしちゃいますね。
でも、多くの人が幼い頃or若い頃から自然に興味を持ち、
今では鳥の魅力にすっかりはまってしまった・・・ということは共通しているようです。


時間:8:30~11:00
参加者:32名(初参加者:5名)
見られた鳥 :13種+1
   トビ1 キジバト3 ヒメアマツバメ7 コゲラ2 ツバメ1
   ヒヨドリ1 ウグイス1 ヤマガラ7 シジュウカラ1
   メジロ5 スズメ7 ハシボソガラス6 ハシブトガラス4
   (ムシクイ類 Sp.1)

*******************
次回 10月2日(日) 8:30~11:00
    県庁横西登山口 集合
    雨天中止
*******************