09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Nao

Author:Nao
愛媛で絵を描きつつのんびりと暮らしてます。出版社勤務。ブログは今年で11年目☆JAWLAS所属の鳥好き。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

探鳥会報告

2006.10.09 08:44|自然関係


探鳥会の報告をフィールドノートにUPしました。

こうして考えてみると、半年ぶりの更新となりますね。

今回は、久々の探鳥会だけあって充実したものとなりました。

10月8日(日)運動公園探鳥会     鳥たちの賑わい

2006.10.08 22:14|その他の探鳥会
P10005052.jpg
10月8日(日) 晴れ
本日、久、久、久しぶりの「運動公園探鳥会」に参加してきました。
参加者は8名と最小記録人数だったのですが、
鳥たちはたくさんの姿をみせてくれました。

もちろん、中央高校バードウォッチング部の
19期部長さんも参加されていましたよ~。

P10005131.jpg

次にであったのが、「エゾビタキ」&「コサメビタキ」です。
今回は結構見ることができました。

サメビタキもいる!とがんばって探していたのですが、見つけられず
断念!!

P10005281.jpg
きのこびっしり・・・
この木にはコゲラの穴が2つ

P1000548t1.jpg
P10005581.jpg
19期部長さんは、さすが!というか、とっても面白い方です。
鳥にかかわらず、虫とかコケ(苦笑)とか、いろんなことに
興味があってすごい人です。ちょっと尊敬してしまいます。

P10005451.jpg
P10005421.jpg
「あけび」と「栗」   
しっかり栗拾いをしました!おいしくいただきました。
あけび・・いまでは珍しいですよね。

P10005551.jpg
今回、一番盛り上がったのがここです!!

ここには、エナガの大群や、ヤマガラ、コゲラ
たくさんの小鳥たちが集まっていました。
      
          そして

意外なことに、shinoさんが「キビタキ」を発見したのです。
初めは、周りの人も疑っていましたが、(どうせshinoさんのことだから・・・?)
本当にいたのです!

ここでキビタキが見られるなんて幸運!!shinoさんが
 「黒!黄色!あれなにぃっ~!!キビタキっ?!」
と叫んだので、みんな探し出したわけです。

でも・・・shinoさんはどこにいるか、うまく説明できなくて
ただ、黒黄色!と叫んでいるだけでした(苦笑)

結果的には、見ることができて、みんな大満足!というわけです。

P10005321.jpg

今回は、久しぶりの探鳥会でしたが、充実した一日でした。

参加者は少なかったのですが、鳥たちは多かったですね。
特にキビタキが感動的でした。
エゾビタキもコサメビタキも久しぶりに見ました~。

次の運動公園探鳥会は12月です。
12月は学校で大きなテストが3つもあるので、いけるかどうか
大きな不安が残ります。

いけるといいな。ぐらいに考えています。(たぶん無理、かな?)

種名 数 備考
キジバト 1
コゲラ 6
キセキレイ 2
ヒヨドリ 25+
ウグイス 2
キビタキ(オス) 1
エゾビタキ 6
コサメビタキ 3
エナガ 20+
ヤマガラ 10
メジロ 15
シジュウカラ 10
ホオジロ 2
カワセミ 3
ハシボソガラス 1
ハシブトガラス 1

久しぶりの。

2006.10.07 23:42|自然関係
明日は久しぶりの探鳥会に参加してきます!

来週から中間テスト+英検が始まるので、フィールドノートには
UPできにくいと思いますが、toriたま日記で
少し報告をしますね!!

あと、中央高校バードウォッチング部の部長さんにも
会います?。楽しみだな?。

それでは。

死物学の観察ノート

2006.10.02 23:30|本・映画・音楽

↑アマゾンより

紹介が遅れましたが、ヒヨ吉さんからこの本を教えてもらいました。

一言でいうと、  「読みたい」   です。

アマゾンの本紹介では、
「本書では、図鑑にも載っていないマニアならではのイタチの見分け方や
タヌキやモグラのペニスの恐るべき秘密等、
日々の観察の記録をエッセイと挿絵で綴っている。
ウィットに富んだ文章と精緻な中に可愛さのあるイラストからは、
著者の生き物に対する愛情と、自然や動物との生身の触れ合いを
取り戻そうというメッセージが伝わってくる。養老孟司氏も推薦の一冊。」

と書いていました。

手に入れたいのですが、なんと在庫切れ・・・。
図書館に行って調べてみたのですが・・・見つけられませんでした!

一度でいいから、読みたい本です。


題名:死物学の観察ノート
著者:川口 敏
新書: 188ページ
出版社: PHP研究所 (2001/06)