10 | 2004/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

Nao

Author:Nao
愛媛で絵を描きつつのんびりと暮らしてます。出版社勤務。ブログは今年で11年目☆JAWLAS所属の鳥好き。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

11月28日 ~ちいさな秋の散歩~

2004.11.28 20:55|その他の探鳥会
aP10203651.jpg

11月28日。
今日はお天気がよかったので、shinoさんと二人で散歩に行きました。

遠くの山へ登ることは多いけど、
なかなか自分の家の周りを歩いてみるということは
ないのでたくさんの発見と、季節の変わった感じにとてもおどろきました。

aP10203681.jpg

家から300メートルぐらいはなれた、
池の所にドングリがたくさん落ちてる道があります。
たくさんの人が拾っているせいか、
1つしか見つけられませんでした。(でっかいのは)
池の横には、メジロやヒヨドリがたくさんいました。

aP10203691.jpg

池は干上がっていたので、サギ多いかな?と期待していたのですが、
残念ながら一羽もいませんでした。
2時ぐらいだったので、時間が悪かったのかもしれません。

でもこんなに水のあとみたいなのが残るのにはおどろきました。

aP10203721.jpg

この池の横の道を竹藪の方へと進んでいくともう1つ池があります。
その斜め横に、毎月写真を提供してくれる青野さんの家があります。

と、その池にはこんな植物が生えていました。
葉がとても大きくて、1つだけありました。
これなんでしょうか?

aP10203771.jpg

家に帰ると、ヒッ!ヒッ!ときれいな声
見ると外のテーブルの上にとまって鳴いていました。

思わずカメラを構えると飛んでいってしまい、
それをどんどん追いかけて、裏庭で撮りました。
でも本当に人懐っこくて、撮ってくださいと、
2メートルぐらい先の木でしっぽをふっていました。
これはメスですが、白い「もん」がありますよね。
それで「もんつき鳥」と呼ばれる事もあります。

お天気もよく、たまには外を歩いているのもよかったです。
そして季節の変わり目にとてもおどろきました。
フィールドノートなので、見れた鳥は

メジロ10、ヒヨドリ4、ジョウビタキ♀1、アオサギ1、カイツブリ、ハシブト1、スズメ
ぐらいかな?

とても良い1日となりました。

もう一つのWATARIDORI

2004.11.27 21:22|自然関係
みなさんは、WATARIDORIという映画を見たことがありますか?
この映画はWATARIDORIの1年を撮っている映画です。
ストーリーはありませんがとてもすごくて、
音楽と映像と両方おどろきました。
wataridoriのDVDがありますが、
くわしくは、オススメの本をみてください。
映像入りです。

サギのエサ

2004.11.27 09:16|お出かけ!

この前、砥部動物園に行って来ました。
目的はライオン・・とかではなくもちろん鳥!です。
ここでもずいぶんバードウォッチングができるね?とshinoさんと話しました。
ここの動物園にはアオサギの巣がたくさんあります。

そして、お客がアシカやホッキョクグマにあげる魚のエサを狙っています。
でもなかなか取れないみたいで、
そこで、私はアシカにあげるのではなく、サギにあげるために
魚を買い、やってみる事にしました。
魚は2匹100円で、一匹目は水の中に落ちてしまい、
やっと2匹目にサギが食べてくれました。
サギが食べる様子はとてもおかしくて、のどに詰まっていました。
shinoさんは、「あれでしばらくお腹は空かないね」と笑って言いました。

又、片羽のないゴイサギの夫婦がいましたが、
雄は釣り糸にからまって片羽がなくなり、雌はルアーの針がからまって
羽がなくなったそうです。
今は動物園で保護されて巣も作り生活をしています。
釣りをする人は必ず釣り糸をもって帰ってください。お願いします。

タロちゃん

2004.11.27 09:00|お出かけ!

砥部動物園にはタロちゃんというインコがいます。(キバタンかコバタン)
このインコはクチバシがペンチのように強いので
さわるとかまれる恐れがあるのでさわってはいけません。
しかしshinoさんは気に入られてているらしく、近づくと
頭を掻いて?とカンムリをひろげてきます。
かいてくれないと「ギャーギャー」とさわぐので、近づくのもびくびくです・・・。

でも、先日は足をだしてきて握手をねだってきました。
(エサかなあ・・・?)パンフレットを掴むとものすごい力です!
おそるべきタロちゃんです。
(タロちゃんは、こんにちわ?とかしゃべります)
みなさんは絶対タロちゃんを触らないでくださいね。
かなり危険です・・。

高縄山探鳥会!

2004.11.23 20:58|東予地区探鳥会
P10201481.jpg

11月23日(火・祝)に高縄山の探鳥会がありました。
いいお天気に恵まれ、とてもいい探鳥会でした。

参加者は8人。歩き出すとはじめにカシラダカが見えました。
登り始めると、こんな看板がありました。(←左の写真)
たしか東予国民休暇村のところにもこんな看板があったとおもいます。

P10201971.jpg

木にこんな穴が開いていました。
中は空洞らしく、ムササビでもいそうだね・・・と
話しました。又、左下のようにボキッとおれている木もあって驚きました。
途中で木にたくさん鳥が止まりました。
コゲラ&メジロが来ていたのでみんなで見ていたら
コゲラでもなくメジロでもない鳥がいました。
図鑑をみながらみんなで、あーでもないこーでもないといっていました。

P10201591.jpg

そこで、ある人がshinoさんに
こんな鳥ではないですか?と似たような鳥の写真をたくさんみせてくれました。
shinoさんはあーこれこれ!といったのですが、
次のページをみてまた「あーこれかも?!」と
さらにまた次のページをみて「あーこれこれ」と
似たような鳥の写真をみるたびにこれこれ!といっていたので、
信用がなく、みんなで爆笑しました。

P10201742.jpg

これをまとめると、その鳥はルリビタキだろうという事になりました。

頂上では、景色がすっきりみえるわけではありませんでしたが、
けっこうキレイでした。頂上からだいぶ降りてきた所でお弁当を食べました。
真鍋さん(探鳥会の担当者)のもってきたシートに座って
たべていたら、シジュウカラが目の前に!!
shinoさんはおもわず「ネクタイ!おなかにネクタイしてる!クロイヤツ!」
といっていました。

P10201841.jpg

も~shinoさんシジュウカラぐらいおぼえてくださいよ~!。
シジュウカラは喉のあたりからおなかのあたりまで
黒い線があります。

お天気にめぐまれたとても楽しい探鳥会でした。

P10202002.jpg

見られた鳥。

ビンズイ、カシラダカ、ヒヨドリ、シロハラ
ルリビタキ、ツグミ、モズ、ハシボソガラス
ハシブトガラス、ジョウビタキ、アトリ
イカル、キビタキ(S)、ヤマガラ、コゲラ、
メジロ、シジュウカラ、キセキレイ


すごい方からメールがきました。

2004.11.20 10:07|自然関係
神戸 宇孝(ごうど うたか)さんという方からメールが届きました。
神戸さんはバーダーの編集者で、こんなかたがHPをみて感想を
送ってきてくれたのでとてもおどろきました。
「バーダー」というのは、文一総合出版社発行の
バードウォッチングマガジンで、野鳥がすきな方は
ほとんどの人がしっています。
くわしくは→文一総合出版へ
さらに神戸さんは2003年英国の野鳥雑誌Birdwatchでの
野鳥生態画コンペティションで日本人初のArtist of the Yearを受賞された
野生生物画の方面でのすごい方でした。
ちいさいときから鳥の絵を描くのが好きだったそうです。
頑張れば夢叶うよと言ってくれました。

私はバーダーをまだとっていないので来年はぜったいにとろうと思っています。
神戸さんこれからもよろしくおねがいします。           

手賀沼からのエッセイ

2004.11.18 22:21|自然関係

 この前、我孫子市の鳥の博物館で正吾とミヨ子の「手賀沼漫歩」というエッセイに
出会いました。とても素敵なエッセイで、欲しい方には差し上げますと書いてあったので
愛媛でも送ってもらえるかなあと思いながら名前を書いてかえったら、
先日エッセイが届きました。とてもうれしかったです。

正吾さんとは、これをきっかけに、メールの
やりとりをしています。
エッセイには「手賀沼を散歩して」ということを書いています。
長年発行されていて、今№5(2000年)
まであります。
 エッセイ?にはウォッチングした鳥達の写真がついていました。

  正吾さん!ミヨコさん!これからもエッセイを書き続けてくださいね。



おでかけ面白話

2004.11.15 21:46|お出かけ!
不忍池で、カモ類の鳥がたくさん泳いでいるのを見ていました。
そこに若い男女の団体・・・。
「あ、カモだ、たくさんいるね?」なんていいながら一緒になって
眺めてた。中の人が「あ、白鳥」と言う。
そこにいるのはどうみてもアヒル・・・・・。
でも、訂正されることなく、「そうそう。絶対あれはハクチョウだな」と
みんなで盛り上がったまま、やがて行ってしまった。
あれはアヒルなんですけど・・・・・・・・「言えなかった。」

またまた通りかかったカップル。
「ねえ、あそこにいるのカモメ?」
「ふつうに考えたってあんな小さなカモメがどこにいるんだよ?!?」
・・・・・でも、カモメです。

そういえばshinoさんまで、
なんで海じゃないのに池にこんなにカモメがいるの?
なんて言っていました。
東京都庁の鳥ってユリカモメなんですよ?shinoさん!

報告

2004.11.14 17:15|お出かけ!

みなさんしばらく更新しないでごめんなさい!!
11月3日?6日までちょっといろいろあって水戸、我孫子、上野まで行ってきました。
水戸までは飛行機で行きましたが、飛行機は乗ったことがなかったので
もう見るもの初めてでとってもびっくりしました。
そこで、長いので4つの記事に分けてショートストーリーで紹介します。
ーーーーーーーーー第一章  水戸に行くまで(3日)ーーーーーーーーーーーーーーー
家を出たのは9時。車で一時間ちょっとはしって空港まで行きました。
空港なんて行くのは初めてだったのでとっても驚きました。
10時50分の飛行機で東京へ出発?!
もう窓にへばりついて景色を眺めていました(笑・・・)
鳥になった気分でした。(鳥はこんな高いところは飛ばないか・・・)
shinoさんとここは大阪の辺りかな・・?あれ淡路島じゃない?
とかいろいろ話しあいながら1時間30分はあっと言う間に過ぎていきました。
そのあと2時間かけて水戸へ行きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
水戸到着!
なんか立体交差みたいに、歩道橋みたいなのがでかくて・・・ここでも驚き!
いろいろと町をぶらついたあとホテルにもどりました。


                                  終

報告2 ジャパンバードフェスティバル;

2004.11.14 17:14|お出かけ!

第1章を見てくれた方へその次の日を紹介します。
ーーーー第2章 ーー旅行の目的(4日)???????????????
私達は水戸黄門像の前で写真をとった後電車で千葉県我孫子市まで
いきました。我孫子の駅では、ジャパンバードフェスティバルのチラシが
いっぱいはってありました。
ジャパンバードフェスティバルとは(Japan Bird Festival/略称:JBF)
千葉県我孫子市手賀沼周辺にて行われる、鳥をテーマにした一大イベントです。
私もバードフェスティバルにいきたかったのに、いっぱいあって2日ぐらいないと
見られないと聞いていたのでいけませんでした。
(バードフェスティバルは6、7日で私は6日までしかいられません)
でもいつかこようと思っています。

報告3  鳥の博物館?山階鳥類研究所

2004.11.14 17:11|お出かけ!


この日はいい事づくめだったのでこの日は2つに分けます。
我孫子市(千葉県)の鳥の博物館と国立科学博物館に行ったからです。
ーーーーー第3章ーーー鳥の博物館ーーーー
やってきました!!鳥の博物館!!もう興奮してます。(思い出すだけで)
でも・・鳥の博物館ってもっと森の中?ってイメージがあったのに
こんな道路端にあるなんて・・・そしてあこがれのやましな鳥類研究所の
柵の前までいったのですが、これも住宅地の道路端!?ちょっとビックリでした。


やましな鳥類研究所にいったあと鳥の博物館に行きました。
入った時から鳥!鳥!鳥!で本とかがぎっしりありました。
又、鳥のお土産がたくさんあって、(しかも安いし!)
買い占めたい気分になりました。
結局、バッチ、下敷き、ケシゴム、トートバッグ、帽子、ステッカー、しおりなど
使えるものをすべて買いました。けっこうな額になりましたけど・・・(笑)
また、体験室には触れる剥製や、鳥の羽などがあり、とっても
うれしかったです。
3Fもいろんな鳥の剥製があり、

ためになりました。
鳥の博物館をでで、私達は上野へ向かうことにしました。

報告5 カモは大変!キンクロハジロがいっぱい!

2004.11.14 17:10|お出かけ!

偕楽園ではボートにのれなかったけれど、
上野の不忍池でボートに乗れるところがある!と聞いたので行きました。
ボート乗り場の手前から、私としては珍しいキンクロハジロがたくさんいました。
食パンを持ってボートにのったらさあ大変。
カモメからキンクロからオナガガモ(?)からたくさんよってたかって
ボートの周りに・・。ユリカモメは空高くパンをあげると飛びながら空中キャッチします。
上から、下からボートの周りはもう鳥たちが大騒ぎ!!!!!

カモ類は手からパクパク食べます。指もかまれましたが・・。
コンビニで一袋買ったパンはあっと言う間になくなってしまいました。


パンがなくなってもいつまでもついてくるかわいい奴・・・!!

報告4 上野の国立科学博物館

2004.11.14 17:10|お出かけ!

やってきました!上野の国立科学博物館!!!
11月2日に新館のほうがグランドオープンしたのです。
地下3階?地上3階まであり、半日では充分見れませんでした。
頑張って閉館までぎりぎりまでいて、駆け足でなんとか
全部3階までみれました。
どの階もとても良いところで、本当はもっとゆっくり居たかったです。














偶然にもここで私は真部真さんにあえました!
真部真さんは以前新居浜科学博物館で講演した方で、
私は聞きに行った事があります。
有名な恐竜の研究者です。
普段はココにはいないらしく、今日偶然来ていたらしのです。
勇気を出して声をかけ、お話をしていただきました。
もうとっても嬉しかったです!!

ホテルに帰った時は足がとっても痛かった???。
それだけとっても見るところがあったということです?!

自然科学教室でbirdウォッチング!

2004.11.04 16:41|その他の探鳥会
IMG_3324s2.jpg


11月4日。今日、8時15分から自然科学教室で冨田埠頭の
竜登川へバードウォッチングに行きました。
でもお天気は雨のち曇り。
しかし、水がひいていたので、たくさんの鳥にあうことが出来てとてもよかったです。
講師の方は日本野鳥の会に入っている人で、色々な事を教えてもらいました。

IMG_3326s1.jpg

主に、アオサギ、マガモ、コサギ、が最初に見えたのですが、
鳥の事を全く知らない人が多いので、
みんな「あれなに?!」「えっ!どこどこ?」と騒いでいました。
普段、池の周辺などをじっくり観察すればよく見られる
鳥なのですが、鳥に興味のない人は気が付かずに通り過ぎてしまいますからね。
それから、セグロカモメもいました。

IMG_3334s1.jpg

傾斜型のスコープはこんな時に役に立ちます。
なぜなら、子供たちの目の高さよりちょっと高い防波堤などが
あるとき、直視型ではその向こうを入れることができないけど、
傾斜型は下から見上げるように、
小さな子供でも向こう側を見ることができるからです。(左のように)
このようにいろいろと役に立つ傾斜型でした。

IMG_3331s1.jpg

みんなが見ているのは「ヒドリガモのオス」!!
こんな所にもいるのだな~と驚きました。
初心者の人も、うれしそうに眺めていました。
この辺りから、激しく雨が降り始めたので
集合場所まで帰りました。

見られた鳥
アオサギ、コサギ、ハクセキレイ、ゼグロセキレイ、セグロカモメ、シロチドリ、
ヒドリガモ、マガモ、コガモ、ハシボソガラス、スズメ、トビ 等

お天気はまあまあだったけれど、いいバードウォッチングでした。

キジに会う

2004.11.01 22:15|自然関係

今日、家の近くで初めてキジの雌を見ました・・。
半年くらい前には雄を見たのですが
いや?この辺にはいるんだなーと感激です。
畑の中をものすごい速さで「タタタタタ・・・・・」と小走りに
突っ切って走って行ってしまい、その面白い格好に
笑ってしまいました。
秋冬には雄雌別々の群れを作っていることが多い・・と
本には書いていたので、今は単独行動なのかもしれません・・・。