07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Nao

Author:Nao
愛媛で絵を描きつつのんびりと暮らしてます。出版社勤務。ブログは今年で11年目☆JAWLAS所属の鳥好き。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

山梨旅行記?

2006.08.15 23:37|創造性の育成塾2006
変な写真と、変な文章を読んでいただいたみなさん。
どうもありがとうございます。山梨旅行記もこれで最後です。



最初と最後は富士山で・・・・。(こっちのほうが綺麗に写ってます)

この2週間は本当にあっという間でした。
写真をたくさん撮ったのに、変な写真ばっかりで、自分は一枚も
写っていません(笑)

こんなに長い間、旅行(合宿)をすることは、めったにない事だと思います。

いろいろあったけれど、充実した2週間でした。


山梨旅行記?

2006.08.15 23:32|創造性の育成塾2006

長い長い2週間も、終わりが近づいてきました。
旅行記の最後に「変な写真集」をいれておきます。


↑アリ目線で写真を撮りました。(変な写真の1つです)

芝生に寝転がって、写真を撮る姿は、かなりバカっぽかったと思いますが。

こちらは、いつかのお昼ご飯。
エビがかなり気に入ってしまい・・・・。


テレビ局のカメラがちょっとカッコイイな。なんて思ってつい・・。

山梨旅行記? の続き の続き

2006.08.15 23:26|創造性の育成塾2006
かなり長くなってしまいましたが、コレで最後です。
(こんなに書いても、こんなあやしい実験を理解してくれる
方はいないとおもうので)


最終的には、こんな感じにできあがりました。

内容↓
?ティッシュが燃える温度を実際に計測
?密閉したペットボトル内の空気圧上昇に伴う温度変化のデータを計測、
得られたデータから、ちり紙が発火する空気圧を数式により求めた
?圧縮発火器で発火する空気圧を計測、数式で求めたものが適正な数字で
あったことを証明。    などなど

実験結果がでたときには、先生がかなり驚いていました。
「えっ!本当にできたの?」
あのダメグループが本当に出来たの?!って感じの言葉に
聞こえちゃいました。
まあ確かにダメグループだったんでしょうけど・・・(笑)

結果的になぜか「科学の鉄人賞」みたいなものを貰ってしまいました。
他にはもっとレベルの高くて、すごい班もあったのに。

へんな事ばかり実験していたのに、ちょっと驚いた2日間でした。

山梨旅行記 ?の続き

2006.08.15 23:17|創造性の育成塾2006

そんなわけで装置から手作りです。

「空気圧と温度の関係」をテーマとしたグループが2つあったのですが、
私達は炭酸のペットボトルを選びました。もう一つのグループは
減圧について調べていたそうです。(ちなみに私達は加圧です)
 
実験をするには、容器を密閉し、容器内の気圧を上げ下げするのですが、
温度を計測するセンサーをビンの口に挟もうとするとどうしても密閉できません。
そして、センサーはケーブル状のもので、計測機、パソコンとつながっているので、
容器の中に入れてしまうこともできませんでした。

この隙間をどうやって埋めるか?一生懸命押さえることから始まって、
隙間をボンドで埋める、粘土で挟む・・・。
助手役をしていた教師も含め、みんなで七転八倒していました。
 


最終的に出来たのがコレです。
加圧していく事によって、圧力が上がるとともに、温度も上がるか?
という実験です。でも、空気が漏れるので、抑えるのに必死です。
その他、人間の体温によって上がらないか?
途中で加圧するのをやめたら、温度はどうなるのか?というような
実験をしました。


↑紙の燃える温度を調べる実験。
なんとも怪しい装置が・・。

山梨旅行記?

2006.08.15 23:09|創造性の育成塾2006
本日は実験日和なり。2日間にわたる、実験の始まりです。

「グループで何でもいいからテーマを決めて、
            実験を行って発表してください」
といわれて、私達が取り組んだのが・・・・

圧縮発火気の仕組みについて・・・です。
絶対に出来るわけない、分かるわけない。とずっと思っていました。
(↑自分がテーマを決めたくせに・・・)
他のグループは、
「携帯電話が熱を持つ、熱の発し方は、使う機能によって異なるのか」
「洗剤の泡だち方はお湯の温度によって変わってくるのか」。
というテーマでしたが、なんか私達のだけ、実現不可能っぽい・・・。

実験の方法、条件設定、どの機材を使うかも、すべて自分で考えます。
実験器材は100種類以上準備されていて、
「これほどの器材を準備する授業は初めて」先生方が言っていました。
 

装置は、イージーセンサー(データーロガー)という機械で
気圧、差圧、温度、湿度、光、心拍数など、いろいろなものを
はかる事ができるそうです。

ちょっと長くなったので、一度ここで切ります。

山梨旅行記? の続き

2006.08.15 22:52|創造性の育成塾2006
富士山の続きです。
午後からは、山梨県の「山梨県環境科学研究所」という所に
いきました!!
初めの1時間とちょっとは、外を歩いて「自然観察」をたのしんで、
のこりの時間は1Fの見学でした。


まず、動物写真展をしていたので、見に行きました。
鳥、虫、爬虫類などなど・・・。


生物に関する本がこんなにたくさん!
時間があれば、ゆっくり見られたのに、たったの30分しか
なかったので、断念しました。


なんとバードウォッチングコーナーというのがありました。
見られたのはキセキレイ一羽だけ。
先生方に、双眼鏡の使い方を説明して、キセキレイを教えると
とても喜んでくれました。時間帯が2時くらいだったので
あまり見られませんでしたが・・・。


最後はやっぱりこれです。

山梨旅行記?

2006.08.15 11:53|創造性の育成塾2006
本日6日目は富士山に登りました。
五合目?6合目までの短い距離ですが、自然解説員の方が
いろいろな説明をしてくれました。


富士山に登るのは初めてだったので、景色を見たときには
とても驚きました。


やっぱり写真は、こんなのばっかりです。
しかし、一番驚いたのは、馬の大きさでしたね・・。
(私達が住んでいるところの馬は、「日本最小の在来馬・野間馬」で
それにしか乗ったことがないからなんです?)
写真は撮ったら罰金!と聞かされていたものですから、写真はありません。


五合目までバスが上るようになってから、いろんな建物が
建ちましたね。

たったの2時間しか、いられず、バタバタした富士登山でしたが、
とてもよかったです。

山梨旅行記? の続き

2006.08.15 11:47|創造性の育成塾2006

さらに、こちらはハブの看板です。
内容は、
「平成14年4月1日(月)午前10時頃、この場所で
ツチノコが発見されました。目撃された方はご連絡ください。
富士急ハイランド UMA課  電話99-9999-9999」

shinoさん、こちらもやっぱり真面目に信じていました。



その他、面白い看板が各地にたくさん設置されていました。
乗り物に乗って遊ぶより、こっちのほうが楽しかったりして・・・・。

絶叫系が嫌いな私は、ウォーター系のアトラクションに乗って、
びしょびしょになって帰りました。


友達へのお土産は・・もちろん

ゲゲゲの鬼太郎」グッズ・・・。





山梨旅行記?

2006.08.15 11:45|創造性の育成塾2006
山梨4日目には、富士急ハイランドに行きました!!
小さい頃、行きたいと思っていた場所です・・。
しかし、私は絶叫マシーンに乗った事もないし、大嫌いです・・・。



これは、誰もが知っている「ええじゃないか」というギネスに乗ったコースターです。
「従来のコースターループやひねりに加え座席自体が回転する機構を持つ、
日本では初めての四次元コースターでもある。
総回転数14回というギネス記録を打ち立てた。」 そうです。

絶対乗りたくないですね(笑)


こちらは、昨日降ってきた隕石だそうです。
shinoさんは、この写真を見たとき、真面目に信じていました。
真顔で「まだ熱かった?」って・・・。

山梨旅行記

2006.08.15 11:21|創造性の育成塾2006
2週間山梨に行ってきました!!
殆どが物理の勉強のためだったのですが、いろんなところに
いきましたよ!
sinoさんは、変な写真を撮ってきた?といいますが・・・。



初めて富士山を近く(?)から見ました。
今までは、飛行機の中からしか見たことなかったので、感動?!
毎日富士山を見ながら、過ごしましたよ。



これは、初めの授業で使った「電気コップ」です。
1万ボルトの静電気をみんなで体験しよう!と声をかけられ、
仕方なく(?)参加しました。
ビリッとする瞬間がなんともいえません・・・まだ体験したことのない人は
ぜひやってみましょう。

とりあえず、2枚ぐらいで。