FC2ブログ

マフラー完成

手芸部/美術部
12 /12 2017
寒いですね❄️
今日は愛媛でも最高気温が5度で、雪もちらちら。



私は寒いのが苦手なので、営業で外に出っぱなしというわけでもないけど、ついにモンベルのジオライン とメリノウールの下着を購入しました!



ジオライン 、ヒートテックとは違って着た瞬間から暖かさが来ます!!
メリノウールのほうが高いのですが、ちょっとわたしにはチクチクします…。
つぎはジオライン で揃えたいなぁ…いつか。

そして、ついにマフラーが完成しました!
やる気がある時期とない時期があって随分と時間がかかりましたが、月末の旅行までに間に合ってよかった…。
モンベルの高級アンダーも全ては極寒地への旅行のための投資です。



つぎはニットの手袋に挑戦したいです!

12月はイベントが多く、そして食べ物もいろいろ発売されるので太りやすい時期です😨

お誕生日とか…



ガトーフェスタハラダのクリスマスボックスとか…



八天堂のクリームパンとか…



コマドリのカットを書き終えてついつい一息。



忘年会シーズン、怠惰にならないよう頑張ります笑

スポンサーサイト



私と靴

手芸部/美術部
12 /09 2017
3年前、社会人になる春に母からプレゼントしてもらった革靴。
社会人になるからにはちゃんとした靴を履かなきゃね。と専門店に連れていってもらって、店長と話ながら自分の足を測定してもらって、値札を見ながらこんなに高い靴を買ってもらっていいんだろうかとドキドキしたのを覚えています。



今までずっと運動靴が基本の生活だったので、自分だけの一足を初めて履いた時にはちょっとだけ大人になった気がしました。
革靴になれない最初の頃は履いて歩くのが痛くかったのですが、日々の営業の仕事の中で私の足に馴染むようになっていき、今では完全に私の足の形に沿ったものになりました。
営業の仕事は歩くことが基本なので、ふつうに購入した靴では1年でソールが剥がれてしまうのですが、この靴だけは今も現役です。
ただ、いい革靴なのに、私がメンテナンスを怠ってしまったせいで、台風の中びしょびしょになったり(バイク営業なので)、泥だらけになったりして、履けるけどボロボロの靴になってしまいました。

そして、私にとって大切な一足は「仕事でよれよれになって悲しみを背負った哀れな靴」という扱いになってきました。

いつか修理しなきゃ…とは思っていたのですが、革はボロボロ、ソールもボロボロなので、修理するとしてもこれは買い換えたほうが早いのではという気持ちもあり、心は完全に新しい靴探しへ。最近は安くてきれい目に見えるヒールとか、パンプスがたくさんありますし、1足高いものを買っても…という気持ちもありました。

そんなとき、職場で一緒に働いている人が「その靴、なかなか味があっていいね」と褒めてくれました。そのとき、この靴は私にとって社会人スタートの思い出の1足だったんだと思い出しました。私の足に馴染んでいる1足。もっと大事に履いてあげなきゃと感じました。家に帰って、クリームを使って一生懸命磨いたのですが、もはや手遅れみたいな感じがして、次の日にはツヤのない状態に…。



そしてついに、購入した靴屋に持ち込み、修理を依頼することになりました。店主に話をすると「うーん、まだまだ履けるよ。5000円くらいで全部直るよ!!」とのこと。こんなにボロボロの靴がそれくらいで…!?という驚きと、もっと早くもってくるべきだったという後悔の念。
こうして、私の靴は修理の旅へと出されたのでした。


1週間後、無事に靴が直ったという連絡をいただき、仕事終わりにわが子を迎えに行きました。
もはや、新品かと思えるくらい綺麗に修理されていました!
購入してから3年も経っているので革が伸びているかもしれない…と再度フィッティングをしていただき、靴の履き方や歩き方も店長から教えていただきました。


キュッと締まった靴を履いていると、今までよくない靴の履き方をしていたんだなぁと感じます。そして、靴を買ってもらった時のフレッシュな気持ちを取り戻しました。この先何年もメンテナンスしながら、大事に履いていこうと決意。
ただ、同じ靴を毎日履くのはあまりよくないらしく、2足目探しも熱心にお手伝いしてくださいました。4月からまた新しい職場だし、今度は自分の力で新しい1足を購入しよう…!と候補を絞らせていただきました(お金を貯めてから4月までには必ず…)。
老舗だけあって、無理に商品を薦めたりはしませんし、本当に親切に足に合った靴探しをサポートしてくださるので本当に嬉しいです。



今回は、友人が7年間履いていた靴を修理見積もりして欲しいと同行していたのですが、その7年間大事に履いた靴の「かなり履きました感」がすごい…!!私も、こんなに履かれきった靴を見たのは初めて。お店の人もこんなに靴を履いてくれる人には薦め甲斐がありますねぇ~とのこと。

友人も時間があったので足の測定をしてもらったのですが、何やら足のサイズが結構特殊なようで、オーダーの革靴を紹介してもらっていました。確かに、靴の値段としては高いかもしれないけれど、こうしていろいろ足のことを勉強していると、自分の足に合ったものをちょっとずつ揃えて、長い時間をかけて大事に履いていくことも大切だな~と思いました。

私も安い靴をたくさん買って、足は1足しかないのに、靴箱が埋め尽くされています…。オシャレは足元からとはいいますが、私はヒールの高い靴が好きなので、旅行など長時間向きの靴がほとんどないんですよね。これからは、長く大切に使っていくことを考えて、厳選した靴を何年かに1度奮発して買いたいなぁと感じました(なかなか難しいけど…)。

お菓子リュック

手芸部/美術部
11 /25 2017
Shinoさんから、お菓子リュックなるものの製作を依頼されました!
以前、会社の人が作っているのを見て知りましたが、実際作るとなるとなかなか大変そう…。
それでも、依頼されたからにはやりますよー

とりあえず、ネットを参考にしつつお菓子を揃えました!
駄菓子があまりないお店だったので、若干割高になり、これで3000円くらい。ひぃぃ

それでも試行錯誤すること数時間…

じゃーん!
こんな感じです。

思いっきり大人のお菓子リュックになってしまいました…。小学校一年生って聞いてたので、もっと小さくてよかったかも。
でも、これからの時期、クリスマスプレゼントなどで喜ばれそうです🎁

ワイルドライフアート協会 山脇展

手芸部/美術部
09 /28 2017
10/27~10/3まで、東京の山脇ギャラリーにて日本ワイルドライフアート協会展が開催されています!

写真:Yukaさんより
これまで、学生の時にバードフェスティバルでの展示会に一度作品を出してから、全く出展できていなかったので、今回は2作品を出展しました。
泉原猛さん著書の表紙と扉絵に描いたものです。

時期としては一年前なので新作ではないのですが、額装までしていただいたので、今回記念として出展させていただきました。
作品はしっかり梱包して会場へ!

アカショウビンと

エゾビタキ

どんな風に展示されるかドキドキ。
現在はこんな感じで展示させていただいてます。
みなさん大作が多いので、並んで置くと
やっぱり小さかったなー汗

写真:Narisaさんより
次は新作出せるように頑張ります!
10/3までですので、お近くの方はぜひお越しくださいませ!
日本ワイルドライフアート協会展
「野生生物・絵と立体の世界」

■ 会期
2015年9月27日(水)~10月3日(火)※1日(日)は休館
11:00~18:00 (27日は14:00から/3日は14:00まで)
■ 会場
山脇ギャラリー ※入場無料
〒102-0074
東京都千代田区九段南4-8-21
TEL 03-3264-4027
●JR総武線、東京メトロ南北線、有楽町線、都営新宿線「市ヶ谷駅」より徒歩1分

Eames House Bird

手芸部/美術部
09 /15 2017
今までいろいろ美術館を巡って、たくさんの企画展を見て来ましたが、私が今までで1番心に残っているのが、2005年に愛媛県美術館で開催された「チャールズ&レイ・イームズ-創造の遺産-展」です。

探鳥会の帰りにshinoさんとなんとなーく寄った展示会。イームズ夫妻はアメリカのデザイナー、建築家、映像家で、今までの美術館の展示とは違い、椅子がたくさん並べられていたり、ポップな映像が流れていたり、わくわくしたのを覚えています。
そんな中で私が1番好きだった作品がPowers of tenという映像作品。
https://m.youtube.com/watch?v=0fKBhvDjuy0
今でも時々見るのですが、初めて見たときは何だか衝撃的でした。
イームズ夫妻の作品といえば、なんといっても椅子が有名!!以前出版社で働いていた時も、豪邸取材に行ったときに拝見することがありました…!
ほんと素敵です。

でも、私がイームズ夫妻で1番思いつくのは、Earms house birds という鳥の模型です。
シンプルでありながら、すごい存在感。
これはイームズ夫妻がデザインしたものではありませんが、夫妻がアパラチア山脈を旅した際に手に入れたもので、50年以上自宅に置かれていたものだそうです。遺族の協力によりVitra社が復元したんだとか。
ただ、置物としてちょっと買うにはかなりのお値段…‼︎
ですが、だからこそ仕事が決まったら、初心を忘れないように、うちに迎えようと決めていました。(shinoさんには無駄遣いと怒られそうなので内緒で)

そして、合格発表日に注文していた鳥がようやく家に届きました!
予想以上に大きいです!!
将来道に迷うことがあっても、これを見るたびに走り出した時の気持ちを思い出せたらと思います。私もイームズ夫妻のように、何十年も大切にしたいなと思います。
リプロ製品はいろいろ出ていますが、正規品(vitra 社)のものにはロゴがバッチリ入っています。

顔も可愛らしいです~
にしても、結構大きいし、地震がきて落ちて壊れることが1番怖いです…
オーデュボンの鳥の絵とともに家宝にします!

三連休は島根に行く予定だったのに台風で行けなくなり泣いてます…。
四国には明日最接近するみたいで…大荒れにならないかちょっと心配です。

Nao

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/