FC2ブログ

ありがとう、蔵

蔵とbouの気まぐれ日記
01 /07 2018
ひいおばあちゃんと時を同じくして、我が家の蔵も14年という長い時間を生き、1月5日の夜に天寿を全うしました。

去年の12月頃から急にどんどん弱って行って、年を越せるかな…?とみんなで心配していたのですが、1日ころにはもういよいよ…という感じで、曽祖母のお通夜から帰った時にひっそりと息を引き取っていました。

ひいおばあちゃんが一緒に連れて行ってくれたのでしょうか。
蔵は私が小学生の時に捨て犬として我が家にやってきて、shinoさんに必死に懇願して飼うことになり、私の学生時代をずっと一緒に過ごしてきました。
亡くなった今も、螺旋階段を降りるたびに蔵が出迎えてくれるような気がして、空っぽの犬小屋を見てもういないんだな…と思うと、ふとした瞬間に悲しみが溢れてきます。

うちに来た頃にはBOUも生きていて、

それがいつのまにかヨウちゃんがそばに。
そう考えると、13年という月日は長いですね。

今日は蔵のお墓を作ってあげました。
いろいろと場所を考えましたが、栗畑の近くの山。ここなら蔵も寂しくないはず。
家族総出です。

立派なお墓ができました。

生きていれば必ず死を迎える日がきます。でも、子犬の時期から老衰で亡くなるまで、一匹の犬の人生をずっと見届けたのは初めてで、いろんな想いが駆け巡って行きました。
お別れは悲しいですが、蔵はずっと私たちの心の中で生き続けています。

蔵、家族になってくれてありがとう。
さようなら。
天国でも元気でね。
スポンサーサイト

ごりコン☆終了

自然関係
11 /19 2015

11月7・8日と双海で研究室の「ごりコン」が行われたので報告しておきます。

毎年研究室で行われている交流合宿ですが、
私は在学中一度も参加できず、今年やっとOGとして初めて参加することができました!
(2回ほど、JBFと重なっていけませんでした…)

P1010051.jpg

ごりコンの少し前には、
大分から来て、こちらに1週間ほど滞在している友人と
差し入れのお酒を買いに街へショッピング。

普段はほとんど連絡を取らないけれど、
久しぶりに会っても全く久しぶり感がないのが不思議です。

街

ランチしながら近況報告をして、時間が余ったので研究室へ。
家からは近いけれど、研究室に行ったのは半年ぶり。
それでも先輩方や後輩が暖かく迎えてくれて、ほっこりします。

研究室に到着すると怪しげな匂いが…。
なにやら、合宿の準備で怪しい料理を作っている模様…。
今回は研究室対抗の料理対決があるんだとか。

ひめはく (2)
貝

そしてごりコン当日。
午前中は仕事があったので、私はしっかり働いてから夕方5時頃に合流。
他の人たちは午前中に先に現地に行っているのでうらやましい限り。

しかもお天気があまり安定せず、
到着する頃には雲行きが怪しくなっていました…

ごりこん4

しかし、到着すると外ではすでにバーベキューの準備がなされており、
準備は着実に進んでいます。

準備段階からもうみんなビールあけて飲み始めてるし…。
さすが生態研。

ごりこん1

一方、台所では多くの後輩たちが料理を作っていました。
(頼もしい男性陣…)

なんとか小雨の降る中、18時頃にバーベキュー開始。

始まってしまうと、誰がどこにいるのか分からないほど盛り上がって
知らない間に暗闇の中でいろんな謎料理を食べました。

ごりこん2

いろいろな魚も揚げられていたようで…(笑)

ごりこん3

途中で大雨になったので、建物の中に引き上げて
それぞれ3か所くらいに分かれて、じっくりいろんな話をしました。

夕方から参加したので、食べて飲んでいっぱい話して、
気が付いたら寝てて…
そしていつの間にか朝になって解散!!

という非常に短い合宿でした。

P1010159.jpg

OBの方も遠くからこの合宿のために愛媛にやってきます。
新しい後輩たちや教授などなど
久々に年の近い人たちと生物の話で盛り上がることができて幸せでした。

同時に、OBさんは結構生物関係のお仕事に就いている方が多いので、
今現在、生物と関係のない仕事に就いてしまったことを
ちょっと後悔してしまった自分もいました。

まだまだ将来どうするかは決まってないけれど、
いつ顔を出しても、みんな笑顔で迎えてくれるので有難いです♪
来年もまた参加できるといいな~と思います。

小田深山 夏山ネイチャーキャンプ2014 5日目(最終日)

夏山サマーキャンプ*小田深山
08 /07 2014
小田深山 夏山ネイチャーキャンプ2014 1日目はこちら

8月6日 最終日。

最終日も朝からザーザー雨が降っていました。
結局5日間ずっと雨でした…。

IMG_9069 (1024x683)

午前中はフィールドに出て
雨の中「木の芽(赤ちゃん)探し」を行い、
それをもとに、室内でこけ玉作り。

こけ玉作りってそういえばしたことないな〜と
思いながら子供たちの作業を見ました。

aP1130985.jpg

その後は千年の森のビオトープを見に行きます。
ここは4月にもM先生と一緒に来た場所です。

P1140040.jpg

雨もぱらぱら降っているので、
足元に気をつけて、少しだけ散策。

もう雨にもみんな慣れました♪

IMG_9118 (1024x683)
(photo by SOL-FA)

アカハライモリもたくさんいました。

aP1130642.jpg


お昼ごはんはカレー。
デザートはスイカ。
写真はサラダ。

IMG_9131 (1024x683)
(photo by SOL-FA)

午後からは、合宿の振り返り。

一人一人感想を言ったり、俳句を作って発表したり、
最後までみんなで楽しみました。
16時にはそれぞれが解散。

スタッフのみなさんに別れを告げ、
私はバスで内子駅まで子供たちと一緒に行きます。

道の駅せせらぎで分かれる子、
内子駅で分かれる子の2班に分かれているのですが、
バスの中でお家に帰りたくない!と泣き出す子もいて
ちょっとウルウル来ました。

aP1130640.jpg

私には兄弟がいないので、自分より年下の相手は本当に苦手で
サマーキャンプでちゃんと子供たちと触れ合えるか心配でしたが、
初日からみんなとても親しく接してくれて
あっという間に仲良くなることができたので、本当にいい経験になりました。

今回、大学生スタッフは私と大学院生の女性の方2人で、
私は小学生の男の子とプロレスをしたり、おんぶをしてあげたり、
身体を張って遊ぶことが多かった気がします(笑)
小学生の男の子が全力を出しても、私の力のほうがまだ強いので
5人でかかってきても、しっかり遊んであげられました。

むしろ、私が小学生みたいにキャーキャー騒いでいたと思います。
すみません笑

特に初日から「鳥の姉貴」というあだ名を付けてもらい、
あだ名で呼ばれるのは初めてだったので嬉しかったです。

aP1130641.jpg

子供たちの相手はかなり体力がいりますし、
だめなことはダメだと教えたり、一斉に話しかけられても
ちゃんと1人1人の話を聞いてあげないといけなかったり、
メンタルケアもしなくてはなりませんでしたが、
無邪気でいろんなことに興味を持って聞いてくれるので
本当にかわいらしく、私も学ぶことがたくさんありました。

この5日間は、この夏一番の思い出になったと思います。

P1140025.jpg

駅で子供たちと別れるとき、
子供たちは案外ケロっとしており、私のほうが泣きそうでした。

小中学生のみなさんにはぜひ参加してほしいキャンプです。
後半の部はしっかり晴れるといいなと思います♪

サマーキャンプの様子は
Sol-Fa でも公開しています☆
https://www.facebook.com/solfa.odamiyama/timeline
本家HPはこちら
http://www.sol-fa.com/

なお、後半の部(8月20日~24日)は8日まで募集中です。

小田深山 夏山ネイチャーキャンプ2014 4日目

夏山サマーキャンプ*小田深山
08 /07 2014
小田深山 夏山ネイチャーキャンプ2014 3日目はコチラ

4日目は早朝、微妙に青空が見え、期待が膨らみます。
予定通りにいけば、いかだ造りやボードに乗って洞窟探検、
水遊びができるかもしれない…。

しかし、ラジオ体操を終えて外を見ると
ザーザー雨が降っています…。

でも、小雨になりそうなのでリュックサックを背負って
森にハイキングに行くことにしました。

aP1130769.jpg

森にはいろんな生き物がいて、
アサギマダラやゾウムシ、バッタ、ザトウムシ、
アカハライモリを子供たちと観察しながら歩きます。

子供たちに一番人気があったのは
ザトウムシ。
女の子でも平気で触っているので、驚きました。

P1130793.jpg


そして、ソウシチョウがたくさん鳴いており、
折角なので外来種についてもちょっと子供たちに解説。
小田に住んでいる方も全く知らなかったようで、
みなさん真剣に聞いてくれました。

30分ほど歩いたところで、目の前に広い川が出現。

aP1130805.jpg

どうするのかな…と思っていたら
校長先生が

「はーい、ここからは靴下を脱いで、裸足で川を渡ってくださいねー。」

と一言。

しかも川渡りは3回もあるらしく、
突然のことに驚きました笑

もちろん私も裸足で川渡りです。
氷水のように冷たく、死ぬかとおもいました←

aP1130842.jpg

1時間ほどで目的地に到着。
お弁当の前にブナの巨木の下でブナの実を拾い。
校長先生がブナは7年に1度しか実を落とさないこと、
そしてその理由を話してくれました。

ただ自然の中でわいわい遊ぶのではなく、
ゲームを通して自然のいろいろな事柄を解説されるので、
子供たちも楽しみながら知識をつけられるなーと思いました。

お昼ご飯はブナの木の下で食べました。

IMG_8972 (1024x683)(Photo by SOL-FA)

12時頃になると、雨が降り始め、
あっという間に土砂降りに…。

大雨…というよりは、集中豪雨!
雨粒が痛い…。

帰りは
「みんな早く歩かないと、
 川が増水して渡れなくなっちゃうよー!」
と行っていたので
みんな一生懸命歩いて、早く帰ることができました。

小学校1年生も手を引かなくても
自分だけで歩いて戻っていました。たくましい!



一度建物に戻って休憩。

aP1130757.jpg
(建物の中にオオミズアオ)

スタッフも少しは休んでくださいね。と1時間休憩をいただいたのですが
男の子たちから「姉貴サッカーしたい!!コートまで連れてって!」と懇願され
1時間の間、外で一緒にサッカーをしました。

楽しいけど、運動音痴の私にサッカーは無理〜!!

「姉貴全然走ってないし、ボール蹴れてないやん」と
言われてしまいました〜(笑)

そして、夕方。

aP1130876.jpg

子供たちは「水遊びできないなら、川なんて行きたくなーい」と
行っていたのですが、校長先生はどうしても小田深山の渓谷を子供たちに見せたかったそうで、
バスで川を見に行くことにしました。

aP1130881.jpg

すごい水の量!!

aP1130905.jpg

吊り橋まで歩いて、水のすごさを感じます。

IMG_8988 (1024x683)

笹舟を作って流したり、
子供たちは何でも遊べるみたい。

aP1130924.jpg

夜はキャンプファイアーの予定でしたが、
急に大雨になって中止。

ろうそくのともし火で室内でミニキャンプファイアーをしました。
でも、その後、とうとう室内ですることがなくなってしまい、
何か案はないか(絵を描くような活動がいい)と言われたので
「絵心対決」を行うことに。

IMG_9051 (1024x683)
(Photo by SOL-FA)

お題をだし、一人15秒づつペンを持って
6人でお題の絵を完成させるというゲームです。

小学校1年生から6年生まで、みんなが知っているものではないと
いけないので、
ドラえもんやピカチュウなどのキャラクターからスタート。

IMG_9058 (1024x683)
(Photo by SOL-FA)

慣れてきた頃にスタッフもチームに加入。
バリィさんなどのお題で行いますが、
意外と覚えているようでみんな覚えてないんですよねー。

これは大人も子供たちも
とっても盛り上がりました!よかった!

この日は最後の夜。

しかし、荷物の片付けができていことや
洗った洗濯物をちゃんと回収できていないことで
消灯時間が30分長くなるはずがキャンセルになり
子供たちは責任を押し付け合って険悪なムードに。

私たちも荷物整理をさせたり、なくなったものを探したり、
ちょっと大変でした。

小田深山 夏山ネイチャーキャンプ2014 最終日はこちら


小田深山 夏山ネイチャーキャンプ2014 3日目

夏山サマーキャンプ*小田深山
08 /07 2014
小田深山 夏山ネイチャーキャンプ2014 2日目はコチラ

3日目は晴れるかも…と期待していたのですが
この日も雨。。。
でもラジオ体操はなんとか外でできました☆

そして9時から小雨になったので、
子供たちがとーっても楽しみにしていた
「隠れ家づくり」「ツリーハウス体験」!!

aP1130476.jpg

宿泊施設の前にある山の中に作成するのですが
隠れ家づくり、なかなか本格的です。

aP1130535.jpg

スタッフ、手慣れてます。

aP1130502.jpg

子供たちは2班に別れ、
みんなで協力して一生懸命隠れ家を作ります。

みんなとっても楽しそうなのですが、
私たちスタッフは昼食のピザとパンの生地づくりで
半日が終わりました…。

お昼、子供たちとピザ・パン作り。

発酵させておいたピザの生地を
手でのばして皿状にし、その上にトッピング。

aP1130568.jpg

生地を伸ばすのも一苦労。
子供たちには「ほら、ゆっくり丁寧にすれば生地は丸く伸びるよ!」と
教えてあげるのですが、いざ自分たちがする番になると
生地がなかなか綺麗に広がらず…。。。

トッピングが無事に終わった後は
外にあるピザ釜で焼きます。

aP1130583.jpg

レンガ式しか知らなかったので、まさかドラム缶でもできるとは!!と。

こういうのを見ていたら、実家にもピザ釜ほしいな…とか
考えてしまいました。

aP1130589.jpg

焼けた子から竹パンづくり。

aP1130603.jpg

このくるくる回して焼くのが地味に楽しい。
そしてパンがおいしい。

もちろん、大学生スタッフも全て子供たちと同じ体験をさせてもらいました。

そして、お腹がいっぱいになった後は
ツリーハウスと隠れ家で遊びます!!

aP1130506.jpg

ツリーハウスはすごすぎて、
私、かなりテンションが上がりました。

しかも、ツリーハウスからは綱が出ていて
綱渡りができるようになっているのです。

スタッフもつなわたりさせてもらいました(強制的に)

IMG_8834 (1024x683)
(photo by SOL-FA)

小学生はみーんな綱渡りしたようで、
下で私を心配そうに応援してくれました。
ありがとう(笑)

心は小学生に戻って楽しませてもらいました!

aP1130661.jpg

ツリーハウスで遊んだ後は
室内で夜の音楽会に備えて笛作り。

aP1130692.jpg

イタドリの上にプラスティックの板を添えて
ブブゼラみたいな音が鳴るようにします。
これでカエルの合唱の音楽に合わせて吹くのが目的。

夜はバーベーキューを行い、
その後は小田深山の方で結成された
「グリーンカルテット」というバンドによる
音楽コンサートが開かれました。

aP1130703.jpg

子供たちも大声で、さんぽや上を向いて歩こうを合唱し
本当に盛り上がりました。
ブブゼラのような笛も、カエルの合唱の曲に合わせてぶーぶー吹きました。
本当に無邪気でかわいらしい!

今日はこれにて終わり。

夜になるとホームシックで泣き出す子供や
けんかをする子供が出てきて、スタッフはちょっと大変でしたが
それもまた、合宿のいいところですよね!

小田深山 夏山ネイチャーキャンプ2014 4日目 へ

小田深山 夏山ネイチャーキャンプ2014 2日目

夏山サマーキャンプ*小田深山
08 /07 2014
小田深山 夏山サマーキャンプ1日目はこちら

2日目も朝から雨!
朝6時30分、室内でのラジオ体操から一日が始まります。

スタッフは子供たちより1時間早く起きて
朝食の準備のお手伝いを行うのですが、
朝から30人分の食事を作るってなかなか大変です…。

IMG_8647 (1024x683)
(photo by SOL-FA)
(↑写真は晩御飯ですが、配膳ってこんな感じです)

それが終わったら、雨で外に出られないので
自己紹介シートの作成。

IMG_8464 (1024x683)(Photo by SOL-FA)

室内で撮影した自分の写真を紙に貼って、
自己紹介シートの作成を行いました。
ほかの人の顔と名前が早く覚えられるように、壁に貼り出します。


その後は、昨日作った和紙ハガキに
一人ずつアイロンをかけて乾燥させていきます。

IMG_8504 (1024x683)(Photo by SOL-FA)

無事に和紙ハガキ完成!

aP1060003.jpg

午後からはこの和紙ハガキに文字を書いて
ご両親や親しい人に送りました。
(ハガキのサイズより和紙が微妙にはみ出ている部分があり、
 送るときに定形外になったのは内緒)

aP1060036.jpg

お昼は「そうめん流し」と「竹ごはん」
雨なので室内になりましたが、子供たちは大喜び。

特に、そうめん流しは流れるスピードが速い!
スタッフも参戦しましたが、これは難しいです。

aP1060013.jpg

竹ごはんも、自分たちで作ります。
ごはんと具を入れて、焼きます。

P1060025.jpg

入れ物も竹でおしゃれ。

P1130415.jpg

2日目は本当なら川遊びや魚取りを行う予定でした。
雨で外にでられないままだとかわいそう…。

そんなわけで、思い切って「雨遊び」をすることに。
水着を着て、外に飛び出します(笑)


みんなで雨を浴びながら、身体を動かすゲームや
サッカーをして遊び、帰ってすぐに
外でドラム缶風呂体験をして暖まりました。

小学生だと2人は余裕で入れるサイズのドラム缶です。

スタッフも入っていいよ!と言われたのですが
私はカッパを着て雨遊びをしていたので
今回はドラム缶に入れませんでした…残念。

夕方、1時間だけ自由時間が与えられたのですが、
子供たちが、外にも出られないし暇!というので
うろ覚えで「遭難ディスカッション」をしました。

P1130423.jpg
(ナイロンテープはナイロンロープの間違い)

教育実習の時には、高校生と「雪山遭難ゲーム」を授業の一環で行い、
その問題と選択肢をうろ覚えでホワイトボードに書いたら
5年生の男の子たちに大ウケ!

もっとやって~といわれたので
NASA問題と呼ばれる「月面遭難ゲーム」もやりました。
小学生には難しいかな?と思っていたのですが、
ものすごく真剣に考え、非常に優秀な回答を出してくれました。


夜は予定を急遽変更して
木のフォトフレーム作りを行いました。

aP1130429.jpg

予定にはフォトフレーム作りはなかったのですが、
雨で身動きが取れないので、即席で見本を作製し、
外で木を切ってきて準備。

P1130453.jpg

子供たちも工作は大好きなようで
それぞれ一生懸命フォトフレーム作りを楽しんでいました。
糸で木と木を縛るってなかなか難しい…。

aP1130473.jpg

それでも、みんなそれぞれ素敵なフォトフレームを作っていました。

2日目はこれで終わり♪

小田深山 夏山ネイチャーキャンプ2014 3日目 へ

小田深山 夏山ネイチャーキャンプ2014 1日目

夏山サマーキャンプ*小田深山
08 /07 2014
8月2日~6日まで、小田深山で開催された
小中学生対象の「夏山ネイチャーキャンプ」に
スタッフとして参加してきました!

aP1050963.jpg

でも、台風の影響か初日から大雨…。
5日間雨が止むことはなく、プログラムが大幅に変更になったのですが、
小雨で野外に出たり、雨遊びをしたり、子供たちといい思い出づくりができました。

1日ずつレポートしていきたいと思います☆

+++

前半の部は小学生24名が参加し、
小学校1年生から6年生までが一緒になって活動を行います。
高知県から来た人もおり、小学校も住んでいる場所もみんなバラバラです。

aP1050970.jpg

まず1日目は11時から開校式。

オリエンテーションをした後、お昼ご飯を食べて
小雨の中、野外でアイスブレイキング&ネイチャーゲーム。

「おなじもの探し」や「じゃんけん列車」などなど
みんなで傘をさして、体を動かしながら交流を深めます。

子供たちも最初は緊張していましたが、
ゲームが終わったころには、完全に仲良しになっていました。

夜はナイトハイクと星空観察の予定でしたが
雨のため、和紙すき体験に変更。

P1050975.jpg

牛乳パックを溶かし、それを使って和紙すきを行い、
近くで葉や花を摘み取って、和紙の中に入れます。

スタッフも真剣に作成。

aP1050988.jpg

でも、ちょっと分厚いかも…。

これで初日のプログラムは終了。
ちなみに、スタッフはソルファの方7名と、
大学生スタッフ2名です。(もう一人の女性スタッフは教育学部の大学院の方)

私は自己紹介で鳥が大好きですと話したのですが、
たまたま身に着けていたTシャツや帽子、リュックに
すべて鳥の柄が入っていたので

小学校5年生の男の子に、なんでも鳥だらけの
『鳥の姉貴』というあだ名をつけられました(笑)

人生であだ名をつけられたのは始めてかも…。


小田深山 夏山ネイチャーキャンプ2014 2日目 へ



第7回サイエンスカフェ★えひめ

自然関係
07 /17 2014
第7回サイエンスカフェ★えひめのお知らせです!

第7回サイエンスカフェ140812_チラシ(1)

第7回サイエンスカフェ★えひめ
「愛媛のセミの話」

おなじみのセミ。
一般に、鳴き声によって夏の訪れや終わりを告げてくれる存在ですが、
私たちはセミのことをどのくらい知っているのでしょう?
本年4月「愛媛のセミCD図鑑」を制作された西条自然学校の今川義康さんに
話題提供していただき、セミの生態と環境との結びつきや、
セミの鳴き声の聞き分け方を学び、
愛媛に14種もいるというセミの世界を訪ねます。

日時:2014年8月12日(火)19:00~20:30
場所: 愛媛大学 校友会館2F サロン
(松山市文京町3番 愛媛大学城北キャンパス)
対 象:自然・環境に関心のある人、30人
参加費:200円

話題提供
◆今川義康さん
NPO法人西条自然学校で、自然観察ガイド、天体観察会を担当。
セミ捕りをきっかけに、秋の虫の声、鳥のさえずり、樹木、
山へと自然への興味が広がる。
愛媛大学大学院工学研究科修了。物理学専攻(音響学)
日本セミの会、日本直翅類学会に所属。

★お申し込みは→NPO森からつづく道HP


ふるさと水辺の生き物教室

自然関係
07 /09 2014
aP1050367.jpg

今日は愛媛県中予地方局農地整備課主催の
「ふるさと水辺の生き物教室」のお手伝いをしてきました。

去年は8月6日に松山市の小学校で行ったのですが、
今年は内子町の小学校での開催でした。

全校生徒はたったの9名の学校です。

aP1050377.jpg

この「ふるさと水辺の生き物教室」は
田んぼや川の生き物の観察を通して
農業と自然との関わりや自然環境の大切さを学び、
ふるさとの農と自然を思いやる心を育むことを目的に実施されている事業です。

台風が接近しているので、どうなるか心配していたのですが
朝の時点で風も雨も強くなかったので決行!

aP1050419_2014070916032360f.jpg

田んぼと川で生き物を採集し観察する予定でしたが、
川は増水していて危ないので田んぼのみでの観察となり、
川はあらかじめ設置していたかご網を引き上げる作業のみ行いました。

田んぼにはミズカマキリやオタマジャクシ、アマガエル、
サワガニ、アカハライモリなどがたくさんいて、
子供も大人も夢中で採集。

かご網にはカワムツがたくさん入っていました!

aP1050376.jpg

お手伝いで参加していた学生のうちの1人は胴長を着て
川の生き物採集を頑張ります。

採集は1時間程度で終了(雨が降らなくてよかった~)。

その後は理科室でCODのパックテストと生き物のスケッチ、
生き物の解説を行います。

aP1050427_201407091603194fd.jpg

川の水、田んぼの水、米のとぎ汁をそれぞれ検査。

その後は大学生の生き物解説&生き物のスケッチをして、
最後の1時間はM先生の植物の授業が行われました。

sP1050423.jpg

M先生の植物の授業は、とても面白く内容が豊富なので
子供たちだけでなく大人も盛り上がっていました♪

今回の小学校は本当に山の中にある学校で
子供たちがすくすく育っているという印象を受けました。
短い時間でしたが、今日の体験が子供たちの心に残るといいなと思います。


よくばりなカササギ

本・映画・音楽
03 /15 2014
つづき
aP1040136.jpg

二冊目はやっぱりこれ!
「よくばりなカササギ」 

ブライアン・リーズが絵を担当しており、
もともとは「MORE」というタイトル。

先月末に発売された本で、
カササギが主人公なら買うしかない!と購入。
イラストは紙ではなくキャンバスに描かれており、
暖かくユニークで素敵なカササギのイラストがたくさんあります。

カササギのいろいろな表情にも注目です。

鳥以外にもいろいろな「ガラクタ」の描き込みがすごくて
子どもと一緒に「これなんだろうね~?」といいながら
読むのも楽しいだろうな~と思います。

はみだす力 スプツニ子!

本・映画・音楽
03 /15 2014
ここ数日お天気がよく、
家の中だけで過ごすのは勿体無いです。

今日は目的の本を買うために
久々にジュンク堂に行ったのですが、
目的以外の本も2冊ほど購入してしまいました。

1冊目は「はみだす力」(スプツニ子!)

aP1040131.jpg

たまには自然系以外のこんな本を買うこともあります。

スプツニ子!は理系の現代アーティスト。

去年の11月に東京都現代美術館で行われた
うさぎスマッシュ展の展示で
ムーンウォークマシーン、セレナの一歩」という映像作品と
撮影道具(ハイヒール付月面ローバー)を見て、
私、一目惚れしてしまいました♥

どうしたらこんなに自由に生きられるの?一体何者!?
非常に個性的で面白すぎる!と感じたのです。

スプ子さんはヒトとカラスという種の違いを超えるアートや
男と女というジェンダーを超えるアートなどを発表しています。
(説明を読まないと映像だけでメッセージを理解するのは難しいけど)

この本は普通からはみだしてきた著者の生き方が書かれており、
面白くてすらすら読めます。

スプツニ子!について
http://biz-journal.jp/2013/11/post_3398.html

つづく

CHARLEY HARPER

本・映画・音楽
02 /18 2014
課題研究の発表も終わり、
昨日、生きもんマスターの入稿も完了したので
今日からは完全に春休みです。(まだ集中講義があるけど…)

1月、自然観察マップで追いつめられたストレスからか、
いくつか衝動買いをしてしまいました。

まずは「野山の鳴く虫図鑑」

P2041566s.jpg

自然観察マップのためにウンゼンツユムシを
描かなくてはならなかったのですが、
昆虫なんてじっくり見たことも描いた事もなく、
そもそも愛情もそんなになかったので(ごめんなさい)
ちゃんと描こうと意識しても全く描けませんでした。

ダメだしされて修正しても、う~んという感じで全くOKが出ませんー。

そんな時、いろいろ鳴く虫について調べていたらこの本に出会いました。
鳴く虫を生息環境とともに絵で描いているという
非常にマニアックな本です。
一瞬、どこに需要があるんだろうと思ってしまうほどのマニアックさ。
細密画ではないので、どこまで参考になるかは分からなかったのですが
鳴く虫に親しむことを目的として衝動買いしちゃいました。

でも、家に届いたのはイラスト修正が終わってから…。
今後役立つ事と思います!

***

そして2冊目は
CHARLEY HARPER のイラストレーションブック。

P2041562d.jpg

可愛すぎます!!

アメリカのモダニズム画家チャーリ-・ハーパーの画集です。
もともとは生物学者になろうと思っていた方ですが、美術方面に進み、
自然を題材にした作品を数多く手がけました。
the Giant Golden Book of Biology の挿絵などが有名です。

鳥や動物の作品も素敵ですが、
個人的にはメンデルのイラストや人体図などの
簡略化された挿絵の作品が好きです。

https://www.charleyharperprints.com/products-page/golden-book-of-biology/

そして、スマホのケースまで衝動買いしてしまいました。

こちらはイギリスで完全受注生産のため届くのに時間がかかり、
数日前にやっと届きました!

aP2121641.jpg

もともとは横長のイラスト
http://www.thesweetersideofmommyhood.com/wp-content/uploads/2013/01/740.jpg

aP2121637.jpg

以前はきのこカバーを使っていましたが、
今日からはこの新しいケースと暮らします。

ほかにもいろいろなカバーがあります
http://www.charleyharperprints.com/shop/category/phone-skins/

でも、このケース4s用のケースなのです。
しばらくは5sに乗り換える事は諦めます〜。

サイエンスカフェ・西条自然学校・忘年会

自然関係
12 /22 2013
2013年12月22日00時43分44秒0001

コマドリの表紙、来年の1・2月号を担当しました。

1つ1つ丁寧に紹介できないのですが、
今週もいろいろなことがあったので、まとめて報告します。

DSCN9749s.jpg

火曜日、愛媛大学の校友会館でNPO森からつづく道の
「第三回サイエンスカフェ★波打ち際に広がる宇宙」
が行われました。

今回は昆虫のお話と海岸の生物多様性(植物)に関するお話。
サイエンスカフェの様子は、もりみちブログで紹介されています★
http://morimichi.org/blog/2013/12/post-47.html


DSCN9754s.jpg

水曜日は、西条自然学校夜の学校★その111。
講師は今川さんで「彗星のお話」がありました。

最近アイソン彗星が話題になりましたよね。

最初は過去に見られた様々な彗星のお話や、
水星と彗星の違いなど親しみやすいお話でしたが…

DSCN9768s.jpg

そのうち、惑星の軌道のお話になって数式がたくさん…笑

しかし、いつもとはちょっと違った数学(物理?)の混じった内容を
みなさん楽しんでいました。
後半は惑星の分類や、組成についてのお話とアイソン彗星のお話。

1時間がとても短く感じられ、
とにかく今川さんの彗星への愛が伝わってくるお話でした!

DSCN9771s_201312220014150f9.jpg

木曜日は塾の忘年会。
もつ鍋と手巻き寿司を作って、みんなで食べました。

なぜか写真を正面から撮っていないのですが、
大きなケーキも講師のみなさんといただきました♪

IMG_7893.jpg

金曜日は土曜日に愛媛大学で行われる
「愛媛の自然誌ポスター発表会」の準備。

準備中に海洋堂の干支の頭骨コレクション★を見せていただきました。
ただ、干支の頭骨ストラップはすごく繊細なので
ストラップにしてはいけないとのことです…。

当日は海洋堂のガチャガチャが会場に入るということで
前日からみんなでワクワク!

当日の様子は次の記事につづきます。



THE BIRDS OF AMERICA

本・映画・音楽
12 /10 2013
PC100656s.jpg

学長賞で図書券をいただいたので、
何か記念になるものを…と思い
以前から気になっていた
John James Audubonの「THE BIRDS OF AMERICA」を購入しました。

オーデュボンはアメリカの画家・鳥類研究家。
「アメリカの鳥類」には鳥たちが実物大で写実的に描かれてあり、
原本は高さが1メートルある5冊セットの大型本です。
2010年にオークション約8億8000万円で落札されたことで話題になりました。

私の購入した本は、その実物大の絵を撮影して
コンパクトな本にしたもの。

10月に発売されたばかりです。

PC100660s.jpg

全部で448ページなので結構厚みがあります。
説明などはほとんどなく、1ページに1枚の絵という構成です。

鳥たちの動きが本当に生き生きしていて、感激!!
一番好きなのは、巣から出てきた蛇に驚く
Northern Mockingbird(マネシツグミ)の絵です。

こんな絵です→The mocking bird

こうしてオーデュボンの絵が好きなときに、
机の上でゆっくり眺められるので本当に嬉しいです♪

第1回サイエンスカフェ★えひめ お城の生物多様性対決!2013年夏の陣

自然関係
07 /28 2013
SnapCrab_NoName_2013-7-27_23-47-17_No-00.jpg

重信川中流探鳥会の後、午後からは愛媛大学で行われた

「第1回サイエンスカフェ★えひめ 
 お城の生物多様性対決!2013年夏の陣」

に参加してきました!

NPO法人 森からつづく道の方による、
松山城と今治城の生物多様性についてのお話です。

配布資料↓
DSCN8651a.jpg

森からつづく道は
自然に関する調査・研究・情報発信を行い、自然に触れる体験の場を提供することで
保全に関わる人を増やし、自然と人の暮らしとの豊かなつながりを
次世代に継承していくことを目的に2013年4月に発足したNPO団体です。

HPはコチラ http://morimichi.org/

サイエンスカフェ★愛媛と自然観察会を年5回程度実施しています。

DSCN8654.jpg

あまり難しい言葉は使わず、ジョークなどを交えながらお話が進みます。
松山城は植生の変遷がテーマ。

原生林の頃の城山から現代の城山になるまでを少しずつ紹介。 
マツ中心であった山がシイを中心の林になることで
多様性が減少していっていることを知ってほしいというお話でした。

松山城山自然観察マップについても宣伝していただきました。
ありがとうございます!

DSCN8657s.jpg

今治城は、全国でも珍しい海水のお堀を持つお城です。
石垣は石灰岩。お堀にはたくさんの生物がいて
その1つ1つを写真と共に紹介。
メダカラガイなどの珍しい生物も見つかっているようです。

昔のお殿様がお堀に瀬戸内海を模したビオトープを作ろうとしたのではないか
というまとめ方がとても印象に残りました。

******************
お知らせ
◆次回のサイエンスカフェは10月開催予定です。
◆又、11月16日~11月17日に東予国民休暇村で
 自然観察指導講習会(日本自然保護協会主催、愛媛県共催)が行われます。

ぜひご参加ください。
******************

DSCN8659a.jpg

サイエンスカフェが終わった後は懇親会が行われ、
そこでアクティブレンジャーの方とお会いしました。
昔から憧れていたレンジャーに実際にお会いしたのは初めてだったので
いろいろなお話を聞くことができて感激でした!

ちなみに、いろいろなご縁があって本日「森からつづく道」に入会しました。
自然観察マップを作る等、こちらでもデザインやイラスト関係の活動をしていくことになりそうです。

Nao

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。