05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Nao

Author:Nao
愛媛で絵を描きつつのんびりと暮らしてます。出版社勤務。ブログは今年で11年目☆JAWLAS所属の鳥好き。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

ごりコン☆終了

2015.11.19 22:37|自然関係

11月7・8日と双海で研究室の「ごりコン」が行われたので報告しておきます。

毎年研究室で行われている交流合宿ですが、
私は在学中一度も参加できず、今年やっとOGとして初めて参加することができました!
(2回ほど、JBFと重なっていけませんでした…)

P1010051.jpg

ごりコンの少し前には、
大分から来て、こちらに1週間ほど滞在している友人と
差し入れのお酒を買いに街へショッピング。

普段はほとんど連絡を取らないけれど、
久しぶりに会っても全く久しぶり感がないのが不思議です。

街

ランチしながら近況報告をして、時間が余ったので研究室へ。
家からは近いけれど、研究室に行ったのは半年ぶり。
それでも先輩方や後輩が暖かく迎えてくれて、ほっこりします。

研究室に到着すると怪しげな匂いが…。
なにやら、合宿の準備で怪しい料理を作っている模様…。
今回は研究室対抗の料理対決があるんだとか。

ひめはく (2)
貝

そしてごりコン当日。
午前中は仕事があったので、私はしっかり働いてから夕方5時頃に合流。
他の人たちは午前中に先に現地に行っているのでうらやましい限り。

しかもお天気があまり安定せず、
到着する頃には雲行きが怪しくなっていました…

ごりこん4

しかし、到着すると外ではすでにバーベキューの準備がなされており、
準備は着実に進んでいます。

準備段階からもうみんなビールあけて飲み始めてるし…。
さすが生態研。

ごりこん1

一方、台所では多くの後輩たちが料理を作っていました。
(頼もしい男性陣…)

なんとか小雨の降る中、18時頃にバーベキュー開始。

始まってしまうと、誰がどこにいるのか分からないほど盛り上がって
知らない間に暗闇の中でいろんな謎料理を食べました。

ごりこん2

いろいろな魚も揚げられていたようで…(笑)

ごりこん3

途中で大雨になったので、建物の中に引き上げて
それぞれ3か所くらいに分かれて、じっくりいろんな話をしました。

夕方から参加したので、食べて飲んでいっぱい話して、
気が付いたら寝てて…
そしていつの間にか朝になって解散!!

という非常に短い合宿でした。

P1010159.jpg

OBの方も遠くからこの合宿のために愛媛にやってきます。
新しい後輩たちや教授などなど
久々に年の近い人たちと生物の話で盛り上がることができて幸せでした。

同時に、OBさんは結構生物関係のお仕事に就いている方が多いので、
今現在、生物と関係のない仕事に就いてしまったことを
ちょっと後悔してしまった自分もいました。

まだまだ将来どうするかは決まってないけれど、
いつ顔を出しても、みんな笑顔で迎えてくれるので有難いです♪
来年もまた参加できるといいな~と思います。

第7回サイエンスカフェ★えひめ

2014.07.17 21:35|自然関係
第7回サイエンスカフェ★えひめのお知らせです!

第7回サイエンスカフェ140812_チラシ(1)

第7回サイエンスカフェ★えひめ
「愛媛のセミの話」

おなじみのセミ。
一般に、鳴き声によって夏の訪れや終わりを告げてくれる存在ですが、
私たちはセミのことをどのくらい知っているのでしょう?
本年4月「愛媛のセミCD図鑑」を制作された西条自然学校の今川義康さんに
話題提供していただき、セミの生態と環境との結びつきや、
セミの鳴き声の聞き分け方を学び、
愛媛に14種もいるというセミの世界を訪ねます。

日時:2014年8月12日(火)19:00~20:30
場所: 愛媛大学 校友会館2F サロン
(松山市文京町3番 愛媛大学城北キャンパス)
対 象:自然・環境に関心のある人、30人
参加費:200円

話題提供
◆今川義康さん
NPO法人西条自然学校で、自然観察ガイド、天体観察会を担当。
セミ捕りをきっかけに、秋の虫の声、鳥のさえずり、樹木、
山へと自然への興味が広がる。
愛媛大学大学院工学研究科修了。物理学専攻(音響学)
日本セミの会、日本直翅類学会に所属。

★お申し込みは→NPO森からつづく道HP


ふるさと水辺の生き物教室

2014.07.09 19:56|自然関係
aP1050367.jpg

今日は愛媛県中予地方局農地整備課主催の
「ふるさと水辺の生き物教室」のお手伝いをしてきました。

去年は8月6日に松山市の小学校で行ったのですが、
今年は内子町の小学校での開催でした。

全校生徒はたったの9名の学校です。

aP1050377.jpg

この「ふるさと水辺の生き物教室」は
田んぼや川の生き物の観察を通して
農業と自然との関わりや自然環境の大切さを学び、
ふるさとの農と自然を思いやる心を育むことを目的に実施されている事業です。

台風が接近しているので、どうなるか心配していたのですが
朝の時点で風も雨も強くなかったので決行!

aP1050419_2014070916032360f.jpg

田んぼと川で生き物を採集し観察する予定でしたが、
川は増水していて危ないので田んぼのみでの観察となり、
川はあらかじめ設置していたかご網を引き上げる作業のみ行いました。

田んぼにはミズカマキリやオタマジャクシ、アマガエル、
サワガニ、アカハライモリなどがたくさんいて、
子供も大人も夢中で採集。

かご網にはカワムツがたくさん入っていました!

aP1050376.jpg

お手伝いで参加していた学生のうちの1人は胴長を着て
川の生き物採集を頑張ります。

採集は1時間程度で終了(雨が降らなくてよかった~)。

その後は理科室でCODのパックテストと生き物のスケッチ、
生き物の解説を行います。

aP1050427_201407091603194fd.jpg

川の水、田んぼの水、米のとぎ汁をそれぞれ検査。

その後は大学生の生き物解説&生き物のスケッチをして、
最後の1時間はM先生の植物の授業が行われました。

sP1050423.jpg

M先生の植物の授業は、とても面白く内容が豊富なので
子供たちだけでなく大人も盛り上がっていました♪

今回の小学校は本当に山の中にある学校で
子供たちがすくすく育っているという印象を受けました。
短い時間でしたが、今日の体験が子供たちの心に残るといいなと思います。


サイエンスカフェ・西条自然学校・忘年会

2013.12.22 00:50|自然関係
2013年12月22日00時43分44秒0001

コマドリの表紙、来年の1・2月号を担当しました。

1つ1つ丁寧に紹介できないのですが、
今週もいろいろなことがあったので、まとめて報告します。

DSCN9749s.jpg

火曜日、愛媛大学の校友会館でNPO森からつづく道の
「第三回サイエンスカフェ★波打ち際に広がる宇宙」
が行われました。

今回は昆虫のお話と海岸の生物多様性(植物)に関するお話。
サイエンスカフェの様子は、もりみちブログで紹介されています★
http://morimichi.org/blog/2013/12/post-47.html


DSCN9754s.jpg

水曜日は、西条自然学校夜の学校★その111。
講師は今川さんで「彗星のお話」がありました。

最近アイソン彗星が話題になりましたよね。

最初は過去に見られた様々な彗星のお話や、
水星と彗星の違いなど親しみやすいお話でしたが…

DSCN9768s.jpg

そのうち、惑星の軌道のお話になって数式がたくさん…笑

しかし、いつもとはちょっと違った数学(物理?)の混じった内容を
みなさん楽しんでいました。
後半は惑星の分類や、組成についてのお話とアイソン彗星のお話。

1時間がとても短く感じられ、
とにかく今川さんの彗星への愛が伝わってくるお話でした!

DSCN9771s_201312220014150f9.jpg

木曜日は塾の忘年会。
もつ鍋と手巻き寿司を作って、みんなで食べました。

なぜか写真を正面から撮っていないのですが、
大きなケーキも講師のみなさんといただきました♪

IMG_7893.jpg

金曜日は土曜日に愛媛大学で行われる
「愛媛の自然誌ポスター発表会」の準備。

準備中に海洋堂の干支の頭骨コレクション★を見せていただきました。
ただ、干支の頭骨ストラップはすごく繊細なので
ストラップにしてはいけないとのことです…。

当日は海洋堂のガチャガチャが会場に入るということで
前日からみんなでワクワク!

当日の様子は次の記事につづきます。



念願のJBF2013!2日目

2013.11.04 18:05|お出かけ!
PB030568.jpg

バードフェスティバル2日目。
1日目は少し雨が降りましたが、2日目は晴れのようです。

最終日は朝から鳥の博物館に行きました。

PB030399.jpg

2日目は我孫子駅から始発のバードフェスティバルバスに乗って
鳥博広場に行こうとしたのですが、始発でも行列が。
子供たちがたくさん並んでいて、とても微笑ましくなります。

PB030445.jpg

鳥の博物館はJBF期間中は入館無料。
鳥の骨展を開催していて、たくさんの鳥の骨が展示されていました。
特によかったのが、半分だけ骨が見える剥製(写真上)です。

市民スタッフの方が「鳥の骨探」というちょっとレアな本を持っていたので
それ、どこかで売ってるんですか!?という思いで凝視していたら、
「骨の解説しますよ!!」と1つ1つ展示物を解説して下さいました。

10:30~11:30まではゲストトークで
川上和人さんの「小笠原の鳥の自然」の講演をお聞きしました。
学会でもそうですが、川上さんのお話は毎回とても面白く、
専門的なことを噛み砕いて(でも要点はしっかり押さえて)お話してくださって
非常に楽しく濃厚な一時間でした。小笠原いいな~。

PB030574.jpg

午後からは昨日しっかり回れなかったので
各ブース巡り!

薮内正幸さんのiPhoneケースや名刺ケースを販売しているブースもありました!!

ブースを回っていてすごいなーと思ったのは
どのブースにいる方もすごく気さくな方ばかりで、
何でも気軽に話せるという雰囲気を持っている事です。

アンケートに答えてください!や鳥クイズやってみてください!と
迫ってくる感じ(ただし強引すぎない)という感じも好きでした。

PB030584s.jpg

冨士鷹なすびさんのブースでは
3000円で色紙にその場で好きな鳥を描いてくれる!というもの。
ただし人が殺到しすぎて、追いつかない…とのことでした。
1日目も2日目も黙々と絵を描かれていましたが、
その場でみるみる絵が仕上がっていく様子は圧巻です。

PB030608.jpg

2日目は船上バードウォッチングをするぞ!と思っていたのですが
船場まで行くと、2日目は定員に達しました…といわれてしまい
参加できませんでした(うぇ~ん)

P1130244a.jpg

バードソンのブースで子供たちに混じって
オオタカのフェイスペイントをしてもらいました。

これをつけたまま再びワイルドライフアートのブースへ

PB030616.jpg

鳥博広場からアビスタまではJBFのバスで行く方法と
水上バスを使って行く方法があります。

水上バスに乗っている時間は10分程度ですが、
手賀沼の鳥の説明もしてくださって、あっという間の10分間。
ちなみに、手賀沼の水深は平均1m程度だそうで、驚きました。

PB030641.jpg

14:00-15:00までは、アビスタで過ごしました。
昨日ワイルドライフアート協会の方とお話したので、
もう一度作品をじっくり鑑賞。
作者とお話してから作品を見ると、また別の見方ができます。

作品を見ているときにJAWLASの会長さんがいらっしゃったので
震えながらご挨拶をしました。
こういった場に作品を出展し、他人の作品と自分の作品を並べることで
いろいろとわかることがあり、成長できると教えていただきました。
来年は私も頑張って出展したいと思います!

又、軍艦をメインに描かれるプロの方と使用している絵の具の話で盛り上がり、
そのことがきっかけで貴重な絵の描き方を惜しむことなく教えていただき、
本までいただきました。

さらに、別の会員の方からは入会記念として
超貴重な薮内正幸さんの別冊アトリエ「鳥の描きかた」という本をいただきました!!
本当に本当に嬉しいです!!絵を描くときのバイブルにしたいと思います。
昨日初めてお会いしたのに、こんなに親切にしていただいて感激でした。

みなさん本当に親切な方ばかりで、感謝感激です。

PB030632.jpg

15:00過ぎに我孫子を出て、羽田に到着したのは17:30。
帰りは空港で季節限定の紫イモのアイスを食べて一休み♪

三連休の真ん中で人が多かったのか、飛行機は20分ほど遅れましたが
無事に松山まで帰ることができました。

今回の東京&バードフェスティバル旅行では
本当にたくさんの方にお会いし、大変お世話になりました。
お会いできなかった方もいて残念でしたが
また来年もJBFに参加したいと思います!!

おまけ+++

PB030639.jpg

左上のマフラーはイソヒヨドリの羽の色をイメージした染物マフラー。
他にオオルリやアカモズ、ヤイロチョウなどがあり、
どれもとっても綺麗でした♪ 一点ものだそうです。

今回もお土産いっぱい。
また本がたくさん増えてしまいました(笑)





念願のJBF2013!1日目

2013.11.04 17:14|お出かけ!
PB020350_20131104151654a34.jpg

11月2日、ついに念願のバードフェスティバル!!
9年前に初めて鳥の博物館に来た時にこのイベントのことを知り、
ずっと参加したいと思っていました。

今年、日本ワイルドライフアート協会に入会することができたので
会員の方の作品を見に行ってお話をするのも目的の1つです。

2日間、いろんなイベントが複数の会場で行われるので
いつどういう場所で過ごすかかなり迷います。

PB020356_201311041516554b2.jpg

最初は山階鳥類研究所の「見にレクチャー」の整理券を取るために
9:20分に研究所前へ。
これはミニ講義を30分ごとにいろいろなテーマで行っており、
一日分の整理券を9:20分から一斉に配布します。

9年前には門の前で写真を撮って帰ることしかできなかったので、
山階鳥研の中に入ることができて感激!
私は9:30~の「鳥の死体は語るー解剖してわかることー」を聞きに行き、
朝から鳥の死体の写真をたくさん見ました(笑)

PB020375_20131104151649541.jpg

ワイバードブースの前で東郷なりささんにお会いすることができました。
東郷さんは絵本の挿絵などを手がけている方で、
ワイバードのトップページのイラスト、デザインも担当されています。
とっても素敵な方でした♪
(隣には「世界一賢い鳥、カラスの科学」を翻訳された東郷えりかさんもいらっしゃいました。)

そして、10:30~11:30までは水の館で谷口高司さんの講演会へ。
参加費1000円を払って、
「ハンディ図鑑 新・山野の鳥」のサイン入りの本をいただきました。

谷口さんの原画を間近で見ることができ感動!!
図鑑を作る際の苦労や、なぜ鳥を描きはじめたかなど
1時間あっという間の講演会でした。
奥さんもとても素敵な方です。

PB020394.jpg

そして、講演会の後は
9年前に鳥の博物館に行ったことがきっかけで文通が始まった
Shogoさんご夫妻と初めてお会いし、お昼ごはんをご一緒することになりました。

初対面なのに、ずっと文通を続けてきたので
初めて会ったような気がせず不思議な感じでした。
こうして我孫子市でお会いできて本当に嬉しいです。

PB020379.jpg

お昼ごはんを食べた後は
アビスタで行われている日本ワイルドライフアート展へ!
会場に入ってすぐに、たくさんの作品が目に入り圧倒されました。

日本ワイルドライフアート協会(JAWLAS)は
野生生物をテーマとして絵を描き、プロの方もアマチュアの方も共に活動をしている団体です。

私は数ヶ月前に入会させていただいたので、挨拶しなきゃ…!と思って
勇気を振り絞って会員の方にご挨拶をすると、
みなさん笑顔で歓迎して下さり、緊張が一気にほぐれました。

PB020385_20131104165500a3d.jpg

午後からは少しだけ雨が降ってしまいました…。
JBFのバスが会場を巡回しているので、アビスタから離れた
鳥博広場まですぐに戻ることができます。

雨のせいで食べものブースは少し苦戦しているようで、
鮎の塩焼きを半額の200円でいただきました!

17:00~はレセプションパーティーに参加。
最初は日本ワイルドライフアート協会だけの懇親会かな?と思ってたのですが
全体のパーティーだったようで、山階鳥類研究所の方や関係者の方と
じっくり鳥の話をすることができました。

JAWLAS会員の方は本当にみなさん優しくて
最初はあまり話しかけられないかも…と思っていたのですが
何でも気軽にお話できるような雰囲気を作ってくださり、
絵の話や鳥の話を幅広くすることができて、幸せでした。

2日目に続きます♪

インターメディアテク&東京現代美術館

2013.11.04 15:15|お出かけ!
PB010336.jpg

今年のジャパンバードフェスティバルに参加するため、
一日前の金曜日の朝飛行機で東京に行きました。

11:00に東京に到着。折角東京に来たので、
初日はJPタワーのインターメディアテクと東京現代美術館へ。

インターメディアテクは
旧東京中央郵便局舎の内部空間を展示・収蔵スペースに全面改修した博物館。
2013年3月にできました。入館料はなんと無料!
東京大学が蓄積してきた学術標本や研究資料の展示がメインですが、
山階鳥類研究所から来た鳥の剥製も300点程展示されていて驚きました。

普通の博物館とは違い、展示物の「見せ方」が独特。
全体的にラベルや展示ケースもレトロなものにしてあり、
展示物は解説のないものが多く、(解説ほしかったな…)
博物館よりはギャラリーという感じでした。

東京駅のすぐ近くにあるので、ぜひ一度行ってみてください。

■インターメディアテク

http://www.intermediatheque.jp/


PB010339.jpg

そして次は東京都現代美術館に行きました。
企画展は「吉岡徳仁-クリスタライズ」と「うさぎスマッシュ展」。

美術館に到着したのは15:30だったので、
企画展と常設展の展示がすべて見られるかちょっと不安になりましたが
駆け足で回って18:00にギリギリで見終わりました。

「うさぎスマッシュ展」はデザインがテーマで、
現代社会の様々な出来事を身近な形に表している
国内外の21組のアーティストの作品を紹介したものです。

1つ1つの作品を見ていると、だんだん不思議な世界に迷い込んでいくようで
現代美術って奥が深い!と思わされました。

美術館を見た後、我孫子に向かい
天王台のホテルに到着したのは21:00。
2日目からがメインなのに、充実した初日でした。

第1回サイエンスカフェ★えひめ お城の生物多様性対決!2013年夏の陣

2013.07.28 00:24|自然関係
SnapCrab_NoName_2013-7-27_23-47-17_No-00.jpg

重信川中流探鳥会の後、午後からは愛媛大学で行われた

「第1回サイエンスカフェ★えひめ 
 お城の生物多様性対決!2013年夏の陣」

に参加してきました!

NPO法人 森からつづく道の方による、
松山城と今治城の生物多様性についてのお話です。

配布資料↓
DSCN8651a.jpg

森からつづく道は
自然に関する調査・研究・情報発信を行い、自然に触れる体験の場を提供することで
保全に関わる人を増やし、自然と人の暮らしとの豊かなつながりを
次世代に継承していくことを目的に2013年4月に発足したNPO団体です。

HPはコチラ http://morimichi.org/

サイエンスカフェ★愛媛と自然観察会を年5回程度実施しています。

DSCN8654.jpg

あまり難しい言葉は使わず、ジョークなどを交えながらお話が進みます。
松山城は植生の変遷がテーマ。

原生林の頃の城山から現代の城山になるまでを少しずつ紹介。 
マツ中心であった山がシイを中心の林になることで
多様性が減少していっていることを知ってほしいというお話でした。

松山城山自然観察マップについても宣伝していただきました。
ありがとうございます!

DSCN8657s.jpg

今治城は、全国でも珍しい海水のお堀を持つお城です。
石垣は石灰岩。お堀にはたくさんの生物がいて
その1つ1つを写真と共に紹介。
メダカラガイなどの珍しい生物も見つかっているようです。

昔のお殿様がお堀に瀬戸内海を模したビオトープを作ろうとしたのではないか
というまとめ方がとても印象に残りました。

******************
お知らせ
◆次回のサイエンスカフェは10月開催予定です。
◆又、11月16日~11月17日に東予国民休暇村で
 自然観察指導講習会(日本自然保護協会主催、愛媛県共催)が行われます。

ぜひご参加ください。
******************

DSCN8659a.jpg

サイエンスカフェが終わった後は懇親会が行われ、
そこでアクティブレンジャーの方とお会いしました。
昔から憧れていたレンジャーに実際にお会いしたのは初めてだったので
いろいろなお話を聞くことができて感激でした!

ちなみに、いろいろなご縁があって本日「森からつづく道」に入会しました。
自然観察マップを作る等、こちらでもデザインやイラスト関係の活動をしていくことになりそうです。

BOUの話

2012.05.12 13:23|蔵とbouの気まぐれ日記
P1060989s.jpg

多くの方から心温まるコメントをいただき、
本当にありがとうございます。

BOUの最後の記録はshinoさんがちいさなつぶやきに書いてくれました。

■「BOUの話」 

■「BOUのお墓


本当はすぐにお墓参りをしてあげたいのですが、
なかなか帰れず、残念でなりません。

これからはBOUと過ごした11年間の思い出を大切に胸にしまって
生活して行こうと思います。


ありがとう、BOUちゃん。

2012.05.09 19:19|蔵とbouの気まぐれ日記
P1340326-ss.jpg
(↑9日の13時に撮影した最後の写真)

2001年の5月5日に我が家にやって来て、
先日ちょうど11年目を迎えたBOUちゃんが
5月9日の夕方、天国に召されました。

私が小学生の頃から一緒に育ってきたBOUは妹のような存在でした。
11年も長生きしてくれたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

書きたいことはたくさんありますが、
私も先ほどshinoさんから聞いたばかりなので…
ひとまずご報告をしておきます。


ありがとうBOUちゃん。

安らかに眠ってね。


shinoさんとの最終日

2011.04.01 21:27|日々のつぶやき
P1290295.jpg

引越しまであと数時間。

明日がいよいよ引越しです。
そして、明日からいよいよ自立して一人暮らしです。

そんなに遠くに行くわけではないけれど、この自然豊かな土地とも
しばしの別れとなります。

次に行く場所は街中で、半径2Km以内にはすべてのお店が揃っている
という今までの暮らしからは考えられないような生活となるので、
桜を見に行くのもちょっと移動しなくてはいけません。

P1290404.jpg

今まで18年間、ずっと親に依存した生活だったのに、
明日からは全部自分でやっていかなくてはいけない生活になります。

責任感半分、わくわく感半分、、不安少々・・・・。

親は何かあったらすぐに帰ってきなさいね。といってくれますが、
そこは「自立」してなるべく頑張らなくてはいけないと思うので、
日々奮闘しながら楽しく過ごしていこうと思います♪

私の住む町は、ゴミの分別が細かいので、まずそこから苦労するだろうな・・・。


P1290393.jpg

そうそう、お庭はshinoさんが努力して「素敵なお庭」を造ってくれるようなので、
「ちいさなつぶやき」を楽しみにしていてくださいね。(←プレッシャーをかける)

これから春になって、花盛りのお庭が見られるはずです♪

P1290442.jpg

蔵とBOUともしばしの別れとなります。
蔵もいつも以上に寄ってきたので、今日は沢山遊んであげました。

明日からはいよいよ新生活!
今までとは一味もふた味もちがった、苦労あり、笑いありの日記にしていきますので、
これからも変わりなくよろしくお願いしますね☆





エイプリルフール

2011.04.01 21:21|日々のつぶやき
P1290418.jpg

今年は日本も大変で、エイプリルフールなんていっていられない状態ですが、
海外では、粋な計らいがありましたよ。

「今年のエイプリルフールは、来年の4月1日に延期となります。
なお、来年のエイプリルフールは再来年4月1日に延期となる予定です。
楽しみに待っていてください。」 by GOOGLE

こういうのってすごく好感がもてますね。


お引越し前夜

2011.04.01 17:11|日々のつぶやき
P1290351.jpg

今日はお引越し前日です。

地元だからといっても、車で1時間の所だからといっても、
やっぱり引越しとなると大騒動です。

我が家はマイカーでの搬出&搬入なので、まず箪笥とかベットの枠とかを
乗せるのに一苦労・・・!!

地元でさえ大変なのに、県外に行く人は大変だろうな~と思いました。

P1290352.jpg

一回では運べないので、本などは泣く泣く後日にまわすことに・・・。
しかし、人間やる気になればいくらでも物を詰め込むことができるんですね。
入らないんじゃ・・・と思っていたものがほとんど入りました。

THE 詰め込みの達人。

親には迷惑をかけて申し訳ありませんが、明日の搬入よろしくおねがいします~。

台湾藍鵲

2011.03.31 16:50|自然関係
P12903409.jpg

知り合いの方から、鳥のピンバッチを頂きました。

そういえば、昔は帽子に止めきれないくらいたくさんの、鳥のピンバッチを集めて
いたな~と思い出しました。
思い出したので、探し出して、並べてみると・・・・↓↓

こんなに大集合してしまいました。
これを全部帽子にとめて、小学生の時はバードウォッチングに出かけていました。
それで結構有名になったり・・・。

特に、初めて日本野鳥の会の探鳥会に参加した時に貰ったバッチのおかげで
鳥にここまで興味をもつことができたり、
(当時はバードウォッチングに参加するたびに、1つもらえる仕組みだったので、
この時にいろんな鳥がいることを知り、小学校1年生の頃から鳥を追いかけ始めました。
今から考えると、これも鳥への興味の入り口でした)
カササギのピンバッチのおかげで四国初のカササギの営巣を発見できたり、
いろいろなことがあったな~と
結構このピンバッチには深い思い出があります。

P1290307.jpg

そして、今回、久しぶりに新しい子が追加されました。

名前は「ヤマムスメ」
「台湾藍鵲(ピンイン)」、Taiwan Blue Magpie というそうです。

初め、英名を見たときに Magpie というからには、カササギの親戚に違いないと
思い、かなり興奮しました。調べてみると、カラス科までは同じですが、
カササギ属ではないようです。

とても色の綺麗な鳥ですね。
現在は台湾の国鳥に指定されているようです。

何年たっても、鳥のピンバッチをもらうと特にうれしい気持ちになります。
きっと幼い頃の「ピンバッチを貰った時のわくわく感」が残っているからだと思います。



ピンバッチ、これからずーっと一生大切にしますね。

PUEBCO

2011.03.31 16:45|お出かけ!
P1290321.jpg

引越しまで、あと2日。

今日は、自分の住まいに自転車を置きに行きました。
その帰りに、商店街をウロウロ・・・。

すると、プエブコの商品を扱っているお店があったのです。
これは以前購入した鳥のかわいい置物を売っているお店なのですが、
今まで、密かにここで売っている
「エンプティーブック(本型小物入れ)」を狙っていました。

プエブコ→http://www.puebco.jp/


P1290316.jpg


私はよくお手紙を書くのですが、便箋とか住所録を入れる入れ物をずっと探していました。
でも、普通の入れ物はなんだか入れる場所に困るというかなんというか・・・・

そこで、この本型小物入れを発見したのです。
なんだかこのレトロな雰囲気がなんともいえません。

しかし、買ってみたら30cmの物が入る箱は、意外と大きく、分厚かったのです。
この本が入る本棚を見つけなければ、結局置き場所に困るということが発覚・・。


P1290330.jpg

人にプレゼントするのも、素敵ですよね。

本棚を見つけて、大切に使おうとおもいます。