09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Nao

Author:Nao
出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

第9回サイエンスカフェ★えひめ 「ホネのはなし」

2014.09.28 22:17|森からつづく道
第9回サイエンスカフェ★えひめのお知らせです。

第9回サイエンスカフェ141021_チラシ
****************************

第9回サイエンスカフェ★えひめ
「ホネのはなし」

ホネは「死」を連想してしまうなんだか怖いもの。
でも、いつでもどこでも感じて触ることができるとても身近な存在でもあります。
ホネにはその動物がどんな暮らしをしているのか、
どんな進化の道筋をたどったのかを知ることができる、
多くの情報=「ものがたり」が隠れています。
そして、何よりも骨は美しくてカッコいい!

この夏、面河山岳博物館でおこなわれた
特別展「ホネものがたり」の展示裏話を含め、
ホネにまつわる様々なエピソードを紹介します。
ヒトの手には何個のホネがある?
あのフライドチキンのホネってどこの部分?
ホネの標本ってどうやって作るの?
さあ、あなたを普段は見えない骨の世界へご案内します。

日時:2014年10月21日(火)19:00~20:30
場所: 愛媛大学 交友会館2F サロン
(松山市文京町3番 愛媛大学城北キャンパス)
対 象:自然・環境に関心のある人、30人
参加費:200円

◆おはなし◆矢野 真志 さん
1975年松山市生まれ。
愛媛大学農学部昆虫学研究室で昆虫分類学を学ぶ。専門はカメムシ。
1999年より面河山岳博物館に勤務。
学芸員として資料収集や調査研究、資料保存管理をおこないながら、
自然観察会や展示を企画運営。面河渓の開発史と生物相の関係、
愛媛のカメムシ相を調査中。

★お申し込み★
お名前、電話番号、e-mailアドレス(お持ちの場合)を明記の上、
次の連絡先まで、e-mailあるいはFAXでお申し込みください。
NPO 森からつづく道(松山市鉄砲町1-7)
e-mail:info@morimichi.org
FAX:089-992-9152
(ご提供いただいた個人情報は適正に管理し、
サイエンスカフェ★えひめ、自然観察会等のご案内にのみ使用します)
主催:NPO 森からつづく道 共催:愛媛大学女性未来育成センター

****************************

第8回サイエンスカフェ★えひめ in エミフル 「ようこそ、水草の世界へ」

2014.09.28 22:15|森からつづく道
第8回、サイエンスカフェのお知らせです。

第8回サイエンスカフェ_141012_チラシ

****************************

第8回サイエンスカフェ★えひめ in エミフル
「ようこそ、水草の世界へ」

「水草」といえば、どのようなものを思い浮かべますか?
身近なところでは、
金魚とセットのイメージがあるキンギョモがよく知られた水草です。
水草には、キンギョモのように完全に水の中で生活する沈水性水草、
スイレンのように水面に浮葉を浮かべる浮葉性水草、
さらには微生物を取り込んで栄養を得る食虫性水草など、
環境に適合した様々な形態があります。

水草は水中の栄養素を吸収して光合成するため、
水質を浄化する働きがあり、魚類や水生昆虫の産卵場、
鳥類の食糧になるなど、水環境の生物多様性を支える重要な存在です。
そんな水草の不思議で型破りな世界へご案内します。

日時:2014年10月12日(日)
★1回目 11:00~11:40
★2回目 14:00~14:40
場所: エミフルMASAKI 1階 フローラルコート
(松前町筒井850)
対 象:どなたでも
参加費:無料

◆おはなし◆福岡 豪 さん
とある水草を求めて愛媛県下のため池巡りを始めたことが
水草を研究するきっかけ。
その道中で様々な水草に出会い、
その不思議な生態や形態に魅了された。
一昨年、松山市で絶滅宣言された水草を再発見し話題となるなど、
四国の水草研究の最前線で活躍。仲間内では、水草王子。
普段は税理士を目指す専門学校生。
愛媛植物研究会会員、水草研究会会員、
愛媛県レッドデータブック改訂委員会高等植物分科会委員。

◆お申込みは不要です。
◆今回のサイエンスカフェ★えひめは、
愛媛県が行う「愛媛の3R企業展」
~地球のいのちつないでいこう生物多様性~
の一環として開催します。
美しい水草の展示もあります。

◆企画・運営◆NPO森からつづく道
http://morimichi.org/

****************************

めざせ!生きもんマスター! 春号開始★

2014.03.19 00:03|森からつづく道
いきもn

めざせ!生きもんマスターの冬号の報告がどんどん届いています。
10ポイント集めた方には
「生きもんマスター!ウィンターマスター」の認定証を配布♪

冬号の認定証の写真はオシドリ!
写真はIzuさんからご提供いただきました。

そして、3月からは春号が始まりました。
春号からでも参加可能なので、やってみたい!という方は
ぜひぜひエントリーしてくださいね★

今回、NPO森からつづく道のリニューアルに合わせて
生きもんマスターのブログも解説しました。
エントリー方法などは以下のHPをご覧下さい。

県内の方はもちろん、県外の方でも参加可能です。

NPO森からつづく道HP

生きもんマスターの様子は
3月31日にNHKのおはようえひめで紹介されます。

春号は以下の生きもんを見つけてくださいね~!
初級 ☆☆★
ツクシ・ツバメ・アゲハチョウ・オオイヌノフグリ・ウグイス(鳴き声)

中級 ☆★★
ネジバナ・ツマグロヒョウモンの幼虫・ナナホシ以外のテントウムシ
シャクトリムシ・四葉のクローバー

上級 ★★★
ツマキチョウ・ニホンタンポポ・ホオジロ
ニホントカゲ・クビキリギス(鳴き声だけでもOK)


めざせ!生きもんマスター!

2013.10.31 19:33|森からつづく道
生きモンマスター表最終版追加

県主催の愛媛の身近な生き物一斉調査、
「めざせ!生きもんマスター!」が今年の冬から始まります!!

***「生きもんマスター」とは?****

「生きもんマスター」とは、生き物発見の達人のことで、
季節(3ヶ月)ごとに送られるカレンダーに指定された生き物を探し、
発見した生き物を報告するとポイントによって、
生きもんマスターの認定証がもらえる。という企画です。

多数の人が一斉に生物調査をすることで、
県内の生物相の変化を把握することと
子供たちが身近な自然に興味を持つきっかけづくりを目的としています。

***

今回、NPO森からつづく道の一員として
チラシ・カレンダー・解説書のデザインと挿絵を担当することになりました。
打ち合わせから印刷会社との話し合いまで参加させていただき、
大変いい勉強になっています。

このチラシは1万部印刷。
週末から県内の小中学校等に配布する予定です。
自分の描いた絵が県内に配られるなんて嬉しくも恐怖でもあります。

来週末には公式サイトが作成されるので
詳しい応募方法などまた紹介しますね。

P.S.週末は千葉県我孫子市で行われる
  ジャパンバードフェスティバルに参加してきます!また報告します。