07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Nao

Author:Nao
愛媛で絵を描きつつのんびりと暮らしてます。出版社勤務。ブログは今年で11年目☆JAWLAS所属の鳥好き。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

西条

2013.03.09 11:54|探鳥地巡り(2011~)
DSCN9270s.jpg

毎日家に引きこもってずーっと絵を描いていてはいけないので、
水曜日は西条に行ってきました!

西条は山がとても近く、本当に自然が豊かだな~と感じます。

写真s

今回は途中で西条自然学校に寄って
城山自然観察マップに載せるために描いた蝉の絵を
蝉の専門家に見ていただきました。

絵を描くときには標本を参考にしたのですが、
実際の蝉は標本のように茶色っぽい色ではなく、
緑が鮮やかであったり、種類によっては背中にセルリアンブルーの筋が入る
ことなどを教えていただき、驚きの連続です!

蝉を描いたのは初めてで、しかも今まで蝉をじっくり見たことはなかったので
本当は鮮やかで綺麗なんだなーと知りました。
この美しさを伝えられるような絵にしないといけませんね。

これから大幅修正に入ります。

DSCN9293s.jpg

帰り道ではヒレンジャクを発見!!

DSCN9309s.jpg

果実捨て場のような所に、ヒヨドリ、ツグミ、メジロと一緒に集まっていました。

久しぶりに西条のいろいろな所に連れて行っていただき、
本当にいい息抜きになったと思います。(目的の鳥もばっちり見れました)

自然観察マップの原稿締切が18日になったので
引きこもって絵を描かねば。。。

日々追われています~!




久々のカモ特訓(不意打ち)

2012.11.25 22:52|探鳥地巡り(2011~)
DSCN8224s.jpg

ブログに書こうと思って書き溜めていたのですが
学祭前の出来事でいつのまにかUPし忘れていた記事を発見したのでUPします。

11月5日

毎日作品制作や容赦無く出る実験レポートに泣かされています。
しかし、先日は現実逃避をするために久しぶりに師匠とバードウォッチングに行きました!

まず重信川中流を散策し、キクイタダキ、シメ、シロハラなどを堪能。
その後、田んぼでタヒバリとムネアカタヒバリを観察!
ムネアカタヒバリは初めて見たのですが、
ムネアカという割りには胸が濃い黄色をしてるなーという印象を持ちました。

カワラヒワの大群が飛んでいるところや、田んぼにいるミヤマガラス、
そしてニュウナイスズメ、アトリの群が電線に止まっているのをじっくり観察。

DSCN8234s.jpg

その後はカモが沢山いる池に連れて行っていただき、カモ識別特訓です(不意打ち)。
去年のカモ調査頃には頑張って識別点を覚えていましたが、一年ぶりとなると識別点は忘却の彼方…。
特に今回個人的に苦しんだのが、オナガガモメス、オカヨシガモメスです。
オカヨシガモはオスの識別も怪しくなっていましたが、
メスは何度見てもわからなくなってしまうんですよね…。

オカヨシガモメスとマガモメスの違いについてしっかり教えていただきました。

マガモ、コガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オカヨシガモ、
ヒドリガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、
オオバンがいました。

今年もカモ調査までには自信を持って識別できるようにならねば…!

DSCN8236s.jpg

池の上空ではノスリとチョウゲンボウが同時に見られ、
なんと2羽がケンカをしていてビックリ。
タカ類の識別も全くダメですが今回はゆっくり低いところを飛んでくれていたので
黒い腹巻が見え、ノスリだとわかりました。

近くでビンズイも観察。
タヒバリとよく似ていますが、午前中にタヒバリを見ていたのでビンズイだとわかりました。
こうして識別できてくると鳥を見るのがますます楽しくなります♪

10:00から14:00までの間でしたが、かなりいろいろな鳥が見られ癒されました。
これで今週も乗り切れそうです。



久々の鳥見+α

2012.06.25 23:06|探鳥地巡り(2011~)
DSCN6595s.jpg

土曜日、お天気は悪かったのですが
久しぶりにあちこち鳥を見に行ってきました!

まずはコアジサシの調査に参加。
調査の詳細は書けませんが、
前回の調査よりじっくり姿を見られ、写真も撮る事ができました。

DSCN6624s.jpg

トノサマバッタを追いかけたり…

DSCN6627s.jpg

トビと戯れたりしながら、場所を移動。

DSCN6636s.jpg

コアジサシの調査の後は重信川河口へ行きました。
なんと、そこでカラシラサギを発見!!

コサギとよく似ていますが、嘴が黄色いのが特徴で、
名前に「唐」がつくだけあって、東南アジアっぽい目つきです。

じっくり観察していると普通のコサギとは違って、面白い動きをしてくれます。
以前、話には聞いていたのですが、やっと見る事ができました。

DSCN6656s.jpg

その後、橋の下にあるツバメの巣を見に石手川へ。

橋の下のコンクリートの所に座っていると、
ツバメ、コシアカツバメ、イワツバメ、ヒメアマツバメが次々と現れ
じっくりと観察することができました。

特に、ヒメアマツバメは城山探鳥例会で
上空を飛んでいる姿しか見た事がなかったので
今回近くで見て、その格好良さに惚れ惚れ!

DSCN6692s.jpg

ツバメを観察している時、近くをカラスアゲハがひらひら飛んでいたので
どこかに止まってくれないかなーと思っていたら
近くの地面まで来てくれました。

カラスアゲハ、好きな蝶の1つですが、
きちんと写真に収められたのはこれが初めて。
ラッキー!

DSCN6666s.jpg

ひたすら鳥を見た後、午後からは「コマドリ」の発送作業。

朝から夕方まで、鳥と関わる事のできた一日でした。


コアジサシ

2012.05.13 14:07|探鳥地巡り(2011~)
DSCN5549s_20120513140138.jpg

久しぶりの休日。
今日はコアジサシを見に海辺に行ってきました。
お天気はとてもよかったのですが、朝からすごい風…!

風に抗いながら、歩いていると上空を飛ぶコアジサシを発見。
よく見ようとしたら、強風によってコンタクトレンズに砂粒が入り、
死ぬほど痛いのを我慢しながら必死に観察。。。
まだ繁殖には早いようですが、4,5羽を見ることができました。

初めて見たコアジサシ、青空に白い体が映えてとても綺麗でした。
(すみません、写真は撮れませんでした…)


鳥見 in 森の交流センター

2012.03.25 23:24|探鳥地巡り(2011~)
DSCN3679s.jpg

午後から「森の交流センター(旧愛媛県緑化センター)」に行ってきました!

このセンターは“県民参加の森林づくり”の推進を図ることを目的とした施設で
敷地内にある花木園や展示館で、様々な植物を観賞することが出来るようです。

名前は聞いたことがありましたが、実際に行ったのは初めてだったので
どんな所かわくわく。

DSCN3683s.jpg

敷地内は結構広くて、本当に様々な植物があります。
右の生垣は一つ一つ違う木で構成されていて、
じっくり見たら、本当に植物の名前を覚えられそう!

歩いていると、あちらこちらでツグミをたくさん見かけ、
メジロやコゲラ、シジュウカラなどがよく姿を現してくれました。
ここで探鳥会を開いたら、かなり面白そうです。

DSCN3668s.jpg

そして、本日のメイン「マミチャジナイ」もバッチリ見ました!
(写真は眉斑が綺麗に見えないのが残念…)

結構集団で木に止まっており、時々囀ってくれました♪

今までじっくりとマミチャジナイを見た記憶がないので
(2003年の探鳥会の記録が最後なので、ほとんど見てないに等しい…)
大変嬉しい観察でした。

敷地内には桜の木がたくさん植えられていたのですが、
4月くらいに来たらすごく綺麗なんだろうなーと思いました。
機会があればshinoさんを連れて、一緒に行きたいです。

+++
■愛媛県森の交流センター

住所:愛媛県東温市田窪743
時間:9:00~17:00
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)、12月27日~1月5日
駐車場:有
+++

ベニマシコ初見!高縄山へ

2012.03.10 20:40|探鳥地巡り(2011~)
DSCN2906s_20120310193602.jpg

今週はとにかく不安定なお天気が続いていましたが
今日は奇跡的に晴れ!
そんなわけで、奥道後玉川県立自然公園に指定されている高縄山に行ってきました。

ここでは東予地区の探鳥会も開催されています。
昔から無線の移動運用や探鳥会でよく訪れていた山ですが
以前、ここに来たのは2004年の探鳥会が最後…。

DSCN2907s_20120310192641.jpg

ずいぶん久しぶりの高縄山です。
もうどんな所だったか、すっかり忘れていました。

もう3月だしそんなに寒くないだろう…と思っていたのですが
結構風が強く、まだ雪も残っていて驚きました。
春の訪れはもう少し先になりそうです。

DSCN2911s.jpg

歩き出すと、ヒガラ、コガラ、シジュウカラ、エナガ、ヤマガラ等の
元気のいい声が聞こえ、じっとしているとかなり近くまで寄って来て姿を見せてくれました。
ヤマガラが木をつつく音がはっきりと聞こえるくらい雑音がなく、鳥の声がよく響きます。

高縄寺の近くではミソサザイの声もかなり響いていました。

その後、コゲラ、ホオジロ、ジョウビタキ、カシラダカ、ノスリなどと出会いながら
探鳥会で歩いたことのない場所も歩き、久々のアトリも観察。

DSCN2921s.jpg

ゴジュウカラの写真を撮ろうと試みるも、
枝が邪魔になったり、素早く動かれたりして、こんな写真しか撮れませんでした。
でも、肉眼でしっかりと見たので満足です~♪

DSCN2931s.jpg

途中、とても大きく立派な杉の木がありました。
山の中にあるため、全体像を写真に撮るのはなかなか難しいです…。

さらに、この杉の手前で初めて生きているシカを目撃しました。
今まで、足跡とか角とか骨しか見たことがなかったので若干興奮!!

でも、実は逃げていくお尻だけしか見えなかったという哀しさ。
どうせなら、正面から見たかった…。

DSCN2916s.jpg

今年はウソやベニマシコが見たいけど、
なかなかチャンスがないなーと話していたのですが

帰り道で、どこからともなく「ピッ ポ、ピッ ポ…」という声が…(驚)

これはもしや…ベニマシコ…!?と期待しつつ待っていたら、
なんと下の木々の間から飛び上がり、
見えやすい木のてっぺんに止まってくれました!!

残念ながら、雄ではなく雌だったのですが
ベニマシコを初めてみることができて大興奮。
最後の最後に、嬉しい出会いでした☆



DSCN2942s.jpg


3時間程度の探鳥でしたが、
高縄山は本当に静かで、久しぶりに鳥を見ながら
ゆっくり山歩きができて幸せな休日となりました。



シロエリオオハム探し!

2012.03.03 17:49|探鳥地巡り(2011~)
DSCN2703s.jpg

せっかくの休日なので先月高知の帰りに見られなかった
シロエリオオハムを探しに双海町~長浜町まで行ってきました。

今日はお天気もよく暖かいのですが、強風のためかなりの荒波です…。

DSCN2712s.jpg

早速、海上に群がるカモメの大群を発見!
カモメの群に交ってシロエリオオハムがいるかも…
と思ってスコープで探していると、2,3羽のシロエリオオハムを発見!!

ちょっと距離があったため
オオハムとの違いを意識しながら観察することはできませんでしたが、
記念すべきシロエリオオハム初観察となりました☆

図鑑ではあまり可愛いと思わなかったのですが、
実際に見ると結構可愛いですねー。

(shinoさんにシロエリオオハムの写真がないと文句を言われたので)
 どんな鳥かはコチラへどうぞ→シロエリオオハム

DSCN2729s.jpg

もう少し近いところにシロエリオオハムやオオハムがいないかな~と思いつつ
いろいろな海岸に寄り道したのですが、
強風のせい(?)か姿を現してはくれませんでした。

その代わりカンムリカイツブリやウミアイサをじっくり観察したり、
セグロカモメやウミネコに交ってミツユビカモメがいないか探したり、
久しぶりに海辺で鳥見を楽しむことができたと思います。

DSCN2735z.jpg

今日は3月3日、ひな祭り!
一人暮らしでもひな祭りできるように…と
マダム・ミーさんからミニひな人形をいただきました。
しまうのを忘れないようにしなきゃ…。

明日は午前中に城山探鳥例会に行って、
午後は「愛媛県生物多様性普及推進フォーラム」に参加してきます~。

ヤマシギ探し

2012.01.05 17:51|探鳥地巡り(2011~)
DSCN0985.jpg

数日前、ヤマシギを探しに夜の重信川に行ってきました。

車のライトだけが頼りなので、簡単に見つけられるんだろうか…と思っていましたが、
比較的早い段階で土手をうろちょろしているヤマシギを発見…!
お腹がすいていたのかこちらを気にすることなく、ひたすらエサを探していました。

ヤマシギは前回、石鎚の土小屋でちらっと見たのが初めてだったので
今回、比較的近くでじっくりと観察できて非常に満足しました。

しかも1羽だけではなく、何羽も生息しているようです。

それにしても、ヤマシギは丸っこくて可愛いですねー。

一日探鳥in香川

2011.12.15 23:23|探鳥地巡り(2011~)
DSCN0995.jpg

新年に行う探鳥会の下見目的で
師匠と香川県丸亀市に鳥探しに行ってきました!

わざわざ香川県まで行くということは、きっと珍しい鳥に出会えるはず…と
期待に胸を膨らませて現地へ。

はじめに訪れた矢野池・宮池・大池にはカモがいっぱい!
3つの池は隣接しており、カモが行き交っています。
そしてそこには…

IMG_0818.jpg

「あ、あれはパンダガモ…!」

愛媛県ではほとんど姿を見せないミコアイサがそこに…!!
私にとって記念すべきミコアイサ、初観察です。
警戒心が強く、写真を撮ろうとしてもすぐに逃げられてしまいますが、
雄雌ともにスコープでじっくり観察。

IMG_0810_20111216104031.jpg

しかし、他のカモ達はみんな食事中…。
写真を撮ろうとしても、シンクロばかりしててお尻しか見えない…。

この3つの池では、他にもマガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、
ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ等、カモ類も豊富に見られ
ユリカモメも上空を飛んでいるという素晴らしすぎる場所でした。

今まで、池でユリカモメ…という状況はなかなかなかったので、
すごく新鮮で不思議な感じ。

DSCN1037.jpg

田村池・大井池を回った後のお昼ご飯はもちろんうどん。
最近「うどん県」に改名したばかりの香川県だけあってうどん屋さんは豊富ですが、
なかむらうどん」という有名なお店に連れて行ってもらいました。

ここは玉がなくなり次第終了らしく、平日でも行列が…。
お隣の県ですが今まであまり行く事がなかったので、讃岐でのうどん初体験です。

ちなみに、写真は「釜玉うどん♪」

DSCN1046.jpg

午後からは川西町南にある「土器川生物公園」へ。
ここは、「四国のみずべ八十八カ所」にも選ばれており、
土器側の堤防が壊されるのを防ぐためのに設置されている霞堤に、
そのままの自然をいかして造られた公園だそうです。

松山にはあまりこういう場所がないので、いいなーと思います。

DSCN1049.jpg

小さな水辺もあり、歩いているだけでわくわくします。
時間帯のせいか、あまり鳥は活発ではありませんでしたが
ここでは、今年初のツグミを目撃!

そういえば、香川にはまるっこい山が多いなーと思っていたのですが、
どうやら有名な「讃岐七富士」だったようです。
(土器川前の山は飯野山(讃岐富士)で30分程度で頂上まで行けるとのこと)

IMG_0822.jpg
(Photo by 師匠)

公園の後は、三豊市まで移動して国市池、勝田池などの池巡り。
太陽が隠れ、風が吹くと非常に寒いのですが
そんなことも忘れて夢中にカモ観察。

ここでも、ミコアイサが数羽いました。
久しぶりにカンムリカイツブリと出会い、
ヨシガモ、トモエガモを見てほぼ見たいカモを制覇!

DSCN1081.jpg
(手前、ホシハジロみんな寝てる…)

観音寺市大野原町で、大きなカメラを抱えた人たちに遭遇。
何を撮っているんだろう…と人々の様子を観察していたら
オオタカ、ハイタカが木に止まっていることが判明し興奮しました。。。

2年前高文祭用にハイタカの絵を書きましたが、実はオオタカとハイタカを
じっくり見たのは初めて!(飛んでいる姿ならありますが…)
残念ながら雄ではありませんでしたが、十分凛々しいお顔でした。

さらに、「久しぶりにタゲリがみたいなぁ~」と話していたら、
タゲリが見えるというサービスも。

なんと素晴らしい1日なんでしょう~。

DSCN1092.jpg

最後は余木崎で、イソヒヨドリ、ハジロカイツブリ、ウミアイサ(初見)、
そしてひっそりと生息していたクジャクを観察。

今回は8:00に出発して、帰宅したのは18:00。
こんなに一日中鳥を見たのは久しぶりでした。(しかも水辺系の鳥)

現地で讃岐うどんを初めて食べたり、見た事ない鳥を観察できたり、
朝から晩までとにかく見たいものを見たいだけ見れた最高の1日でした☆


特訓編ーカモと私ー

2011.11.25 20:17|探鳥地巡り(2011~)
DSCN0484_20111126181133.jpg

重信川中流の探鳥会の後、時間が余ったのでO師匠と
鳥を見に様々な場所に寄り道していたのですが、
そこでとある池に寄りました。

冬が近づき、そこにはカモの大群が。

そこで私は気づきました。


「カ、カモが全くわからない…」


よく考えれば、小学生の頃は探鳥会に毎週行くほど鳥一途だったのですが
中学生→高校生となるうちに、絵やら学校行事に浮気して
すっかり探鳥会に行く事がなくなってしまいました。

自分で休日などに鳥を見に行けばよかったのですが、
基本的に高校生では受験と絵中心の生活で、
めいっぱい鳥という生活から離れていまい…
(さらに山奥に住んでいた事もあって水辺とは縁のない生活…)

そして、大学生になり再び鳥を見始めてから、
今回、自分がカモレベル1(超初心者)だったという事に気がつきました。
(ちなみに、シギチレベルとタカレベルも1くらいです…)

kamo達
(↑池にいたカモ達。)

とはいえ、カモレベル1は緊急事態なので
過去の記憶を取り戻すために、O師匠の厳しい指導が始まりました…。

スコープに次々とカモを入れて
師匠:「はい、これは何でしょう…?」
記憶があやふやな私:「あ、これは見た事あるんですよ。えーっと…(笑)」

かなりタジタジでしたが、一度も見た事のないカモではないので
数々のヒントを得て少しずつ記憶を取り戻すことができました。

あ、でもヨシガモはナポレオンハットで覚えてましたよ!

今年一年で鳥一途の生活に戻り、改めて鳥を見る事の楽しさを実感し、
識別をしっかりできるようにならなきゃという思いが強くなりました。

今シーズンは苦手な識別を頑張っていこうと思います(楽しみつつ)


というわけで、師匠、また次回からもよろしくお願いします♪

四国カルストへ

2011.05.22 22:00|探鳥地巡り(2011~)
P1080885.jpg

探鳥会が終了した後、ちょこっと四国カルストまで連れて行ってもらいました。

幼い頃、両親がアマチュア無線をするときに連れてきてもらっていた場所に
まさか大学生になって来ようとは・・・・!!

ここなら一日中いてもいいと思えるくらい素敵な環境です。

P1080878.jpg

夕方だったので、ブトの大群と戦いながら、
コルリ、オオルリ、センダイムシクイなどのさえずりに耳を傾けつつ過ごしました。

また時間があれば、ゆっくり訪れたい場所です。


・・・・ただし、ブトをなんとかしなくちゃ。





連れて行ってくださったOさん、ありがとうございました。