05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Nao

Author:Nao
愛媛で絵を描きつつのんびりと暮らしてます。出版社勤務。ブログは今年で11年目☆JAWLAS所属の鳥好き。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

フリーエリア

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

QLOOKアクセス解析

ハイイロチュウヒを探して…

2011.11.30 21:35|東予地区探鳥会
DSCN0549.jpg

西条市氷見蛭子は湿田が広がり、多種多様な生物がいるとても素晴らしい場所です。
東予地区の探鳥会でよくここを訪れていたのですが、
なんといってもハイイロチュウヒを見たときの感動は忘れられません。

確か最後に参加したのは…→2006.1.22 午前の部
                →2006.1.22 午後の部(コミミズク編)

蛭子で見たハイイロチュウヒが忘れられない…
でも圃場整備が行われるらしく、今年で見られるのは最後かも…?と言われています。

今年の蛭子での探鳥会は12月4日に行われるのですが、
週末はどうしても九州に行かなくてはならず、参加できなくなりました。

ハイイロチュウヒが見られないのが辛い~~と泣いていたら、
なんと、知り合いの方が西条に連れて行ってくださいました!!

DSCN0551.jpg

学校の授業は午前中だけだったので、午後からは完全にフリーでしたが、
なんと、到着してみるとお天気が…(なんで最近こんな天気ばかりなの…(涙))

しかし、粘ること数十分。。。
「あ、ハイイロチュウヒ飛んでるよー」
そう言われて、双眼鏡を必死に向けると雄が優雅に飛んでいるではありませんか!!

ほぼ6年ぶりのハイイロチュウヒに興奮する私。

さらに、雄の上に大型の鷹が…と思ったら雌でした。雌って意外と大きいんですね。

そして日が暮れ始めた頃、塒入りのためか
ハイイロチュウヒの雄2羽と雌3羽が現れじっくりと姿を見せてくれました。

これだけの鷹が生活できるということは、
この地域の生態系がしっかりしている証拠だな~と理論ではなく、目で見て実感!

DSCN0557.jpg

気がつけばすっかり暗くなり、欲張ってコミミズク見られないかなーと
思っていましたが、そう簡単には姿を見せてくれませんでした。

とはいえ、もう今年のうちには見られないだろうと思っていた
ハイイロチュウヒが見られて、大変幸せな一日でした♥



↓探鳥会にも、ぜひぜひ参加してくださいね。

*****************
今年が最後かも?ハイイロチュウヒ探鳥会

日時:12月4日 9:00~
場所:西条市氷見 蛭子
集合場所:中山川右岸 旧新兵衛橋下流河川敷
問合:0897-56-8330
備考:弁当持参、小雨決行
******************

1月22日(日)愛媛県西条市蛭子2

2006.01.22 22:22|東予地区探鳥会
午後の部:ヒドリガモ・ヨシガモ組ウミスズメ組~コミミズク!
P1100120-s2.jpg
午後から、私たちは黒瀬ダムにトモエガモを
見に行く予定でしたが、その前にある神社でお昼ごはんを食べました。

P1100091-s-s1.jpg
すると、偶然綺麗な着物を着たお嫁さんが
でてきたではありませんか!驚きです。

さらに、この神社の置くにはトラツグミが
いるかもしれない!と聞いていったのですが、
探しても、探しても、まったく見られませんでした。(残念)

P1100102-s1.jpg
でも、こんな寒さに負けず、チョウが地面にいました。
黄色い羽の中に斑点があります。

名前は・・・いま博物館の方に調べてもらってる(返事まち)なので、
分かったときに、書いておきます。

それにしても、なぜ今頃チョウなんでしょう?
少し弱っているし、気になるなぁ~。
「元気に暮らしてね~」

P1100115-s1.jpg
チョウにお別れを行った後は、出発!
いよいよ目的の黒瀬ダム、トモエガモコースの始まり!

動いては車から降りてダムを覗き、また少し動いて、止まってダムを覗く。という
作業が5回くらい繰り返され、やっと見つけることが出来ました。
でも、私の持っているスコープでは、なかなか。なんです。

P1100121-s1.jpg

だって、みなさん持っているスコープがすごいんですから・・。
スワロフスキーのスコープや自宅でいろいろ改造を加えた
プラス(元から)倍率も明るさもすごいスコープなど。
ここの探鳥会では、私のスコープがボロくみえて、ショックを受けて帰ります。
(普段の探鳥会で使うには、今のですごくいいのですが・・・・。)

あそこにトモエガモとヨシガモがいます!といわれても、カモ類が沢山いて
見つけれず、自分はスコープ持ってるのに人のを見せてもらって・・(くやしい!)

なんとか見れましたが、微妙な気持ちです。

P1100127-s1.jpg
3:00くらいに、蛭子へ戻り、コミミズクをずっと待ちました。
しばらくするとウミスズメ組の方がやってきて、
「見れましたよ!すぐそこで」といわれ、ますますショック(!?)

本当に寒くて、shinoさんも熊女状態・・。
3時間も立ってて、やっと車に乗った時は
足が死ぬほど痛かったとか。

コミミズクを6:00まで(計3時間)待ったけれど結局は見られませんでした。
確か、去年の今頃も一日中朝から夕方までいたけれど、見られなかったような・・・。
次回に期待します。!

いろいろと疲れましたが、やっぱり楽しかったです。


PS/私はこれが原因で風邪を引き、寝込みました。
次回は2月5日  余木崎の探鳥会です。

1月22日(日)愛媛県西条市蛭子   ワシタカゾロゾロ

2006.01.22 22:17|東予地区探鳥会
チュウヒ・コチョウゲンボウを見よう探鳥会! 午前の部
P1100081-s2.jpg
今日は、久々の東予地区探鳥会でした!
朝9:00集合で参加者は私を入れて27人です。

今回は中山川右岸集合だったため、初めはシギ・チドリ
ウォッチングから始まり、後ろに見える橋を渡ってメインの所へ出発です。

橋を渡りかけるとカワセミが!!しかも、橋の左右で別々の
カワセミが現れ、少し興奮気味・・。

P1100063-s1.jpg
その他、ズグロカモメ、セグロカモメ、ユリカモメなど多数。

殺風景でワシタカ類の見やすい所はココしかありません!
ハイイロチュウヒでも、チョウゲンボウでも、ハヤブサでも
だいたいの鷹はどんどん出てきます。(わーい)
興奮しすぎて、スコープがこけそう(汗)

P1100068-s1.jpg
特に、ハイイロチュウヒの雄&雌が同時に何度も飛んだ
時にはすごく感動しました!!

さらに、歩いているとハヤブサ3羽がケンカをして
大きな声をだして飛び回っていた事。
スズメを追いかけて、チュウヒか何かが、足元をすり抜けて
いった一瞬の出来事には驚くばかりです。

P1100086-s1.jpg
カラスがチョウゲンボウ(?)を追いかけていましたが、
後でそこに行くと、羽がたくさん落ちてました。
偶然とはいえ、なんの鳥???

私も拾って帰りましたが、羽図鑑を持ってないので
調べても、なんだか分かりませんでした・・。(まだまだ未熟です・・)

P1100110-s1.jpg
田んぼだらけのココはものすごく風が冷たくて寒い~!!
今日は、山に雪が積もってるのが見え、雪崩を起こしていました。
山が綺麗に見える所です。

今回の探鳥会は、弁当持参でしたが、とりあえず12:00まで。
・・・でもこの東予地区はこれだけでは終わりません。
今この辺りに来ているコハクチョウ・・トモエガモが見たい・・
コミミズクは?ウミスズメは?
と。午後からはみなさん自由に各地で見たい鳥を探しに行くのです。

P1100075-s1.jpg
本日はコハクチョウ組、ウミスズメ組、カモ組と分かれて
最終的にはまた蛭子に戻ってきてコミミズク。
というプランが出来ました。
私とshinoさんは、この辺りのことをあまり知らないため、
カモ組にくっついていきました>>>>

P1100082-s1.jpg

とりあえず午前の部で見られた鳥をあわせます。
~鳥合わせ~~

カイツブリ   ダイサギ   コサギ   アオサギ   
スズガモ   ミサゴ   トビ   ハイタカ   ノスリ   
ハイイロチュウヒ   ハヤブサ   コチョウゲンボウ   
チョウゲンボウ   シロチドリ   イソシギ   タシギ   
ユリカモメ   セグロカモメ   ズグロカモメ   キジバト
カワセミ   ヒバリ   ハクセキレイ   タヒバリ   モズ
セッカ   ホオアカ   オオジュリン   カワラヒワ  スズメ
カワウ   ミヤマガラス   ハシボソガラス   ムクドリ

高縄山探鳥会!

2004.11.23 20:58|東予地区探鳥会
P10201481.jpg

11月23日(火・祝)に高縄山の探鳥会がありました。
いいお天気に恵まれ、とてもいい探鳥会でした。

参加者は8人。歩き出すとはじめにカシラダカが見えました。
登り始めると、こんな看板がありました。(←左の写真)
たしか東予国民休暇村のところにもこんな看板があったとおもいます。

P10201971.jpg

木にこんな穴が開いていました。
中は空洞らしく、ムササビでもいそうだね・・・と
話しました。又、左下のようにボキッとおれている木もあって驚きました。
途中で木にたくさん鳥が止まりました。
コゲラ&メジロが来ていたのでみんなで見ていたら
コゲラでもなくメジロでもない鳥がいました。
図鑑をみながらみんなで、あーでもないこーでもないといっていました。

P10201591.jpg

そこで、ある人がshinoさんに
こんな鳥ではないですか?と似たような鳥の写真をたくさんみせてくれました。
shinoさんはあーこれこれ!といったのですが、
次のページをみてまた「あーこれかも?!」と
さらにまた次のページをみて「あーこれこれ」と
似たような鳥の写真をみるたびにこれこれ!といっていたので、
信用がなく、みんなで爆笑しました。

P10201742.jpg

これをまとめると、その鳥はルリビタキだろうという事になりました。

頂上では、景色がすっきりみえるわけではありませんでしたが、
けっこうキレイでした。頂上からだいぶ降りてきた所でお弁当を食べました。
真鍋さん(探鳥会の担当者)のもってきたシートに座って
たべていたら、シジュウカラが目の前に!!
shinoさんはおもわず「ネクタイ!おなかにネクタイしてる!クロイヤツ!」
といっていました。

P10201841.jpg

も~shinoさんシジュウカラぐらいおぼえてくださいよ~!。
シジュウカラは喉のあたりからおなかのあたりまで
黒い線があります。

お天気にめぐまれたとても楽しい探鳥会でした。

P10202002.jpg

見られた鳥。

ビンズイ、カシラダカ、ヒヨドリ、シロハラ
ルリビタキ、ツグミ、モズ、ハシボソガラス
ハシブトガラス、ジョウビタキ、アトリ
イカル、キビタキ(S)、ヤマガラ、コゲラ、
メジロ、シジュウカラ、キセキレイ