マフラー

未分類
11 /13 2017
この週末は剪定や庭仕事に勤しんでいました。
お天気がとにかく良くて、動くのが気持ちいいです。



昨日から急に寒くなったので、ほぼ日ハラマキ大活躍‼︎

暖かいです。もう一枚欲しいです。

プレゼントにもオススメですよ♪



そして、寒さ故に早くマフラーを作らねば…という気持ちにかられ、真剣に作業に取り掛かりました。
サンプル編みが終わり、(私は今回10cm18目でした)昨日からいよいよマフラーに突入!



最初はメリヤスも裏もわからなくてshino大先生に怒られるやら、呆れられるやらでしたが、ようやくまともに編めるようになりましたよ。

時には妨害にあいつつ…ですが。



そして夜景を楽しみながら息抜きしてきました。激しかった10月…無事に終わってほんとによかったという気持ちでいっぱいです。私なんて他の人に比べたら全く大変な業務量ではなかったのですが、いろんな意味で記憶に残るイベントになりました。皆さま、お疲れ様でした。

光るカクテルの存在感、なかなかすごいです。



11月もいつのまにか半分が終わってしまいます…。早い、早すぎる…。



何気ない1日1日が今はとても大切な時間に感じられます。



やりたいことイロイロ

未分類
11 /09 2017
11月に入って1日1日のスピードが加速してるような気がします。
そもそも10月ハードすぎて秋はどこへ行ったという感じです。



去年の今頃は今治に帰るなんて思っていなかったし、出版社でずーっと働くつもりだったので、この一年は本当に激動の一年だったんだなと早くも一年を振り返ったりしてます。
いろんな人との出会いと別れが私を成長させてくれました。今はいいことが起こりすぎてちょっと心配になってます。
とはいえ、逆に考えると今年はまだ2カ月もあるわけで…。何かチャレンジしとかないとと、人生初の編み物を始めました。



毎日コツコツと…

…。

…。

まだ、基本のサンプル編み。マフラーまでの道のりは遠そうです。サンプル編みで、すでに足拭きマットのような硬さです…。

月の中旬にはしまなみ海道のサイクリングに行き、月末には広島まで食生活アドバイザーの2級試験を受けに行ってきます!まだまだ、やり残したこといっぱいです。

あ、年賀状…


ほぼ日シリーズ

未分類
11 /07 2017
立冬を過ぎましたが、ここ数日は穏やかな日々が続いています。
とはいえ、朝晩の冷え込みは凄まじく、我が家ではすでにストーブが導入されました。私は冷え性体質なので防衛準備が欠かせません!
今年は思い切ってハラマキを装着することにしました。

「ほぼ日ハラマキ」です!
最近、「ほぼ日イトイ新聞」を読むことが日課になっているのですが、ページの中で見つけてしまって一目惚れ♡
XSサイズがギリギリ残っていたので自分ご褒美にポチっと。
ハラマキって見られたら恥ずかしい…というイメージでしたが、むしろ見てください!と言わんばかりの可愛らしさです。(見せないけど)
ネックウォーマーとしても使えるみたいですヨ!

そしてもう一つ。
仕事が決まったお祝いに友人からいただきました!「ほぼ日手帳」
こっちでは売っていないので、わざわざ東京のストアでカバーを見て、私に合ったカバーを選んで送ってくださいました!
鳥とストロベリーの可愛らしい柄です。

毎日しっかり使わせていただきますね。

庭のお掃除

未分類
11 /04 2017
気がつけば今年もあと2カ月…早いです。

去年の今頃は東京や横浜行ったり、宮島行ったり、ごりこん(合宿)行ったり、結構アクティブに活動してました。

まさか一年後にこんな生活になっているとは…想像もしてませんでした。

今回の三連休は、お天気がいいので家仕事!



まずは、電気バリカンで庭木の剪定。
丁寧にするところは電気バリカンなんて使わないらしいのですが、広大な敷地でそんなこと言ってはいられません!笑



畑では落花生のチェック。
収穫はもうちょっと先になりそうです。



庭で作業をしているとジョウビタキのヒッヒッ!という鳴き声が聞こえて来ました。

毎年メスしか見ていませんでしたが、今年はオスがばっちり来ているようです。嬉しい~

鳥のことをあまり知らない友人にジョウビタキのことを教えてあげたら、その日のうちにオスメス両方の写真をちゃっかり撮影していました。恐るべし…



近所の人から美味しい葡萄、いただきました!

のんびりの休日です!

石鎚登山行ってきました!

未分類
10 /28 2017
過酷なイベントが終わったので、友人に誘われ息抜きを兼ねて石鎚登山に行ってきました!
今まで土小屋方面からゆるーく鳥見をしながら登ったことはあったのですが、西条側から真剣に登るのは初めて!

しかも、突然行くことが決まったので、しばらく山をお休みしていた私は全く装備がなく…とりあえずあるものをリュックに詰め込んで行くことに。
トレッキングシューズもなく、shinoさんが10年前に2、3回履いた新品同様のものを借りて行くことになりました。これが、のちに悲劇をもたらすことになろうとは思わずに…。

台風が近づいているとは思えないほどいいお天気。久々の登山だったので、寒いといけないと思ってヒートテックをしっかり着込んでいたのですが、汗がダラダラ出てきて途中で全て脱ぎました笑

そして人生初の鎖に挑戦!
日頃の運動不足が祟って早くも試しの鎖で心が折れそうになりましたが、手厚い友人のサポートによって無事にクリア。

紅葉も完全な赤!ではありませんが、お天気も良くて見晴らしは最高!
本当に静かで、目をつぶっていると大自然の中に吸収されそうな感じです。
この二週間、休みなく働いてきた体をゆっくりと休ませることができました。

午後からは曇ってきて肌寒くなりましたが、お昼を食べていざ天狗岳へ。
前回は土小屋から登ったものの天狗岳までは行かなかったので、やっとここまできた!という気持ちが溢れ出しました。
社会人になって個人的に誰かと石鎚登山をすることはそうないだろう…と思っていましたが、思いがけないご縁でここまでくることができて、幸せです。

ですが…実は天狗岳に到着するまでに、私の靴の底は両方とも完全に外れ、この時完全に靴下で歩いているような状況でした…。
同行者に迷惑をかけてはいけない…と途中まで黙っていたのですが、途中で靴底がぱかっと外れ、次第に無残な状態に。

もはや両足ともこの状態では笑うしかない!!
下山時は紐で靴が外れないようにしっかり縛って補強。頂上でのんびりしすぎて、最終のロープウェイに間に合うかどうかギリギリ(乗り過ごしたら宿泊しかない!)だったので、足に気を配っている場合ではなく、全力で降りました。

汗でベトベトになってしまったので、帰りは温泉に入って美味しいものを食べて帰りました。
朝7時から夜中まで久々に一日中アクティブに活動して、日頃の疲れをしっかり解消できました!連れ出してくれた友人には登山初心者すぎて迷惑ばかりかけてしまいましたが、今度からは装備をしっかり揃えてまた山登りしたいと思います。
Photo by M.S
カメラ女子活動も頑張ります!

風早有機の里づくり・循環型農業見学ツアー のお知らせ

未分類
01 /17 2016
風早有機の里づくり・循環型農業見学ツアー

~大地の恵みは大地へ返す。地域循環型農業へのチャレンジ!~
のお知らせです☆

今回、チラシの担当をさせていただきました。

pamf5.png

松山市北条地域の荻原・上難波地区農家と、(株)フジ(小売業)、
(株)ロイヤルアイゼン(産業廃棄物処理業者・堆肥製造)の3者が
「風早有機の里づくり推進協議会」を構成。

小売店舗で発生する食品ゴミを堆肥にし、この堆肥を使用して農家が安心・安全な野菜を生産し、
地域の小売店で販売する、循環型社会の構築を推進しています。

このツアーでは、環境と健康に配慮した農業生産の現場を見学し、
それらを支える仕組みを学ぶことによって、持続可能で生物多様性が豊かな社会を継承するために、
私たちがすべきことや暮らしのあり方を考えます。

【実施日】

第1回:平成28年1月30日(土)OCファームにてキャベツ収穫体験を行います

第2回:平成28年2月27日(土)OCファームにてタマネギ収穫体験を行います

【対 象】15歳以上で、循環型農業や食の安心・安全に関心があり、
ツアー後アンケートにご協力いただける方。

【定 員】各回22人(応募多数の場合抽選)

【参加費】700円(昼食代、保険料)

【持参物】長靴、軍手、タオル(野菜の収穫体験用)、帽子、水筒、筆記用具、天候により雨具など

◆スケジュール(貸し切りバスで移動)

9:30 松山市役所前集合・受付=北条ふるさと館前集合・受付
=フジ夏目店【食品残渣を資源として活かす取組の見学】
=ロイヤルアイゼン【堆肥工場見学】
=難波地域活性化センター【昼食】
=OCファーム圃場【説明・収穫体験】
=難波地域活性化センター【風早有機の里推進協議会の取組を各主体が説明】
=ふるさと館
=16:30松山市役所

【申込み】申込書をご参照ください。

★お問合せ:NPO森からつづく道 
 TEL:089-992-9152 
 E-mail:info@morimichi.org

★平成27年度環境省・地域活性化に向けた協働加速化事業の一環として実施します。

◆主催:NPO森からつづく道(松山市鉄砲町1-7)
URL:http://morimichi.org

一年お世話になりました

未分類
12 /31 2015
今年もあと数時間ですね。

今年は社会人一年目で、生活環境も大きく変わりました。

辛いこともたくさんありましたが、いろんな人に支えられて
楽しい思い出の方が多い一年となったと思います!

クロスステッチは一年かけて鳥一羽しかできなかった…。まだ全体の5/1くらいです^^;



夏には家に新しい同居人?も増えました。



ずうずうしいけど、心を癒してくれる大切な存在です。

水槽を家に置くことになろうとは夢にも思いませんでしたが、人は影響されるもんですね~笑
冬には加湿器としてしっかり働いてくれるので本当にありがたい!

いつかアロワナ飼いたいな~(無理やけど)



今年は仕事に手一杯で、野鳥の会の活動や
自然関係の活動には一切関われませんでした…。

今の仕事にはずいぶん慣れ、いい成績評価をいただくことができていますが
時々自然関係の活動をしている人と関わると、
なんで今、自然と全く関係のないこんな仕事をしているんだろう…と思うことがあります。

多くの人は仕事をしながら時間を作って趣味として活動されている方が多いです。
愛媛で自然と向き合う仕事に就くことの厳しさも分かっているので、
私には仕事とは切り分けて自然と付き合わないといけないと感じて
今の出版というメディアの仕事を選びました。

でも、まだまだ社会人一年目。
今の仕事に向き合って受け入れるので精一杯。
趣味として自然と向き合うにはまだ厳しいかなと思います。

だから自然関係の人と話してすごく楽しい時間を過ごすと
なにやってるんだろう…って不意に辛くなるんですよね。
今の仕事を好きになろうと一生懸命な気持ちが一気に崩れることもありました。

これから自分の方向性を考えないといけないのかもしれませんね。



自然のことは横に置いて仕事に打ち込むか、
無理してでも追いかけるか、悩むことはいろいろありますが

広い意味で「鳥が好き」っていう気持ちを大切にしていこうと思います。

会社でも、ほぼ全部署の人から「とりちゃん」と呼ばれているので笑



そんなわけで、いろいろありましたが
多くの人にに支えていただいてこの激動の一年を乗り切ることができました。

そういえば、夏には15年間ロングヘアーだった髪の毛を
ばっさり切って心機一転しました。

小さい頃から鳥や自然に偏ったことしかしてこなかったので、
今までできなかった普通のことにも沢山挑戦した気がします。

野鳥関係の皆様にはしばらく音信不通でご心配をおかけしてしまってごめんなさい。
でも、社会人になっても元気でしっかりやってます。
まだまだ自分の中で整理できない課題が多いので、
野鳥の会や自然関係の活動については、気長に復帰を待って頂けたらと思います。

今年最後、ギリギリの投稿となりました。

明くる年もよろしくお願いいたします。

未分類
07 /29 2015
「地域の自然を観る・知るコツを身につける!トコロジスト養成講座」
が8月末に開催されます!!

今回はチラシのデザインを担当させていただきました。

トコロジスト養成講座(アウトライン化)

***概要***

今年、ツバメを初めて見た日はいつでしたか?最近、トノサマガエルを見ましたか?

いつもの散歩コースや通勤の行き帰りの道、お気に入りの場所を「自分の場所」として見続けると、
季節とともに生き物たちの営みがいきいきと展開している様子が見えてきます。
地域の自然をもっとキャッチし、未来へと伝えるコツを体験しませんか。

* トコロジストとは?*

「トコロ=場所、ジスト=専門家」で「その場所の専門家」を意味する造語です。

研究者のようにひとつの分野に詳しくはないけれど、
その場所が大好きでいつも歩いているうちに、
生き物のことや歴史、文化などに詳しくなった人のこと。

地域の自然に関心と愛着を持つ人が増えることが、地域の自然の保全に重要と考え、
今回の講習会を企画しました。


■日 時:平成27年8月22日(土)13:00~16:30 定員60人 
 地域の自然の見方を学びたい方!

8月23日(日)10:00~15:30 定員20人 
 さらに実践してコツを体得したい方!


■場 所:松山市北条ふるさと館1階研修室(松山市河野別府994)℡ 089-993-3266

■申込期限:8月20日(先着順)

■参加費:無料

【講師】
箱田 敦只(はこだ あつし)さん
公益財団法人日本野鳥の会職員。自身の経験を踏まえて、トコロジストの楽しさや意義、手法をお伝えします。

詳しくはもりみちのHPへどうぞ☆
http://morimichi.org/events.html


第6回サイエンスカフェ★えひめ 「とべZOOの仕事・動物たち」

未分類
05 /21 2014
1406101.jpg

第6回サイエンスカフェ★えひめ のご案内です。

***

「とべZOOの仕事・動物たち」

動物たちの興味深い生態を目撃したり、
リラックスした様子にいやされたり。
動物園はいくつになってもわくわくさせられる存在です。
そんな動物園にはどんなミッションがあり、
どんな業務が展開されているのでしょうか?
とべ動物園飼育課長の前田さんに、
現場のリアルな仕事や動物たちの本音(?)をお話しいただきます。

日時:2014年6月10日(火)19:00~20:30
場所: 愛媛大学 交友会館2F サロン
(松山市文京町3番 愛媛大学城北キャンパス)
対 象:自然・環境に関心のある人、30人
参加費:200円

★詳細&お申し込みは→コチラ

***

私は教育実習で参加できず残念ですが、
興味のある方はぜひ♪

生きもんマスター夏号も本日最終チェックが終わりました。
夏号もお楽しみに~。

ウチヤマセンニュウ調査 2014/05

未分類
05 /19 2014
aP1040946.jpg

今日はウチヤマセンニュウの調査に行ってきました。

今回は大学の大型船で
いつもの調査地まで連れて行っていただけることになり、
午前3時大学集合でになったので
前日から研究室に引きこもって集合時間まで待機。
(調査の次の日がゼミの論文発表なのでその準備も兼ねて…)

大学の大型船では島に上陸できないのでボートに乗って上陸します。

aP1050040.jpg

4時頃、真っ暗な港で、オールのこぎ方を教えてもらって何度か練習しますが
カヌーやカヤックに乗ったことがないので、かなり不安です…。

転覆した時にどうすればいいのかという対策も聞き、不安は増す一方…。

そして港から1時間程度で島にたどり着きましたが

ここで事件発生!

aP1040955.jpg

調査地の島が予想以上にごつごつした岩場であるため、
上陸が困難だということになってしまいました。
ボートで行ったとしても、引っかかって破けてしまうかも…。

島からウチヤマセンニュウの声がたくさん聞こえるのですが、
その島の前で「うーん、どうしよう…」と呆然。
今回は音声録音とテリトリーマッピングがメインだったので、
何もせずにこのまま帰るのは悔しすぎます。

そこで急遽、ウチヤマセンニュウの分布調査を行うことにしました。

aP1040990.jpg

地図を見ながら、ウチヤマセンニュウがいそうな島の周辺に行きます。

6時~11時まで島々を巡っていったのですが、
途中で眠気がピークになって、何度か船の中で立ったまま寝てました(笑)

いつもの調査地での調査はできず、
ウチヤマの声はするけど上陸できない…という非常に悔しい思いをしましたが
途中でクロサギを見たり、

aP1050051.jpg

人生初のアカエリヒレアシシギを見たり、

a1P1050056.jpg

途中でちょっとお天気が悪くなったのですが、
最後は晴れて、アマツバメも観察できて
いいこともたくさんありました。

aP1050061.jpg

今日は朝3時~12時まで調査を行い、
多くの方にお世話になりました。

なかなか睡眠時間が確保できず辛い日々ですが、
6月も調査頑張ります!

ラジオに出演しました

未分類
06 /04 2013
DSCN0365s_20130607000823.jpg

松山城山自然観察マップで知り合った方の紹介で
南海放送のラジオ番組「クロダくんのフィールドノート」にゲスト出演しました。

スタジオに行くまではフィールドネタなら何でもいいと言われており、
特に打ち合わせはしていなかったので、不安は募るばかり。
しかも生放送というプレッシャーが…。

変なことを言ってお茶の間の笑いものになったらどうしようと
思っていたので、出演することはごく一部の人にしか伝えず
こそっと出演。

鳥の話を中心にしようと思っていたのですが、
石鎚神社が番組と関わっているとのことで、
西条自然学校の夜の学校のお話をメインに進めていくことになりました。

ただ、自然学校の直近のイベントが夜の学校「ヤブキリのお話」であり、
ヤブキリのことばっかり突っ込まれたので、
虫のことは全くわからない私はやや涙目でした(笑)
パーソナリティーの方がテンポよく進めて下さったので
10分間が本当にあっという間に感じました。

ラジオに生出演するのは人生初だったので、とても緊張しましたが
とてもいい体験ができたと思います。

また出演することがあると思うので、
それまでに、もっと自然を語れるようになっておきたいです!

子どもが生きる空間ー日土小学校と松村正恒ー

未分類
08 /01 2012
DSCN6975s.jpg

試験期間中とはいえ、いろいろな出来事がありました。
ー試験期間中の出来事、その1ー

愛大ミュージアムでは7月29日まで
「特別展 子どもが生きる空間ー日土小学校と松村正恒ー」を開催しており、
遅ればせながら展示を見に行ってきました。

松村正恒さんは愛媛県出身の日本を代表する建築家であり、
今回は、日本を代表する木造モダニズム建築物として全国的に知られている
日土小学校をメインにした展示会です。

DSCN6955.jpg

実際の教室を再現した空間や、写真や模型による解説もありました。
教室の窓を開けるとすぐに木々が姿を表し、校舎の側には大きめの川があります。
自然と結びついた、こんな学校で勉強できるなんて羨ましいです。

DSCN6979.jpg

展示方法もちょっと特殊。
大型写真を配置しているので、本当に校舎内にいるような気分になります。

DSCN6973.jpg



去年、美術の授業で松村正恒と日土小学校について学んでいたので
今回の展示は学習したことと結びつけながら見る事ができました。

でも、テスト期間中だったのですごく早足で通り過ぎてしまい、
すごく残念…。

いつか本物の校舎も見に行きたいです。

日土小学校についてはコチラ→http://wada-archi.com/hizuchi/"> http://wada-archi.com/hizuchi/

新歓スケッチ 砥部動物園!

未分類
05 /30 2012
DSCN6063s.jpg

先週の土曜日、美術部の新歓スケッチで砥部動物園に行ってきました。

砥部動物園には小さい頃から何度も行っていたのですが、
リニュアールしてから一度も行ったことがなかったので
どんな風に変わっているのか楽しみ!

DSCN5961.jpg

駐車場から動物園の入口付近まで運営しているバス。
何度みてもメチャクチャ可愛いです。

DSCN6009.jpg

ライオンがいる所も、以前は平地から見るようになっていたので
なかなか姿が見られませんでしたが、
上から姿を観察することができるようになっていました。

DSCN6021.jpg

クロヒョウも、下からお昼寝を観察できます。

DSCN5991.jpg

ペンギンも、横や下から泳ぐ様子をじっくり見れました。
旭山動物園で見たペンギンを思い出します。

DSCN6039.jpg
(パプアヒクイドリ↑)

昔と比べて、各コーナーにつけられている解説が充実していて
1つ1つ読みながら進んでいると園内を1周するのにかなり時間がかかります。

その他にもオラウータンやカワウソの
コーナーが大きく変わっていました。

やはり動物園は何度来ても楽しいです!

DSCN6028.jpg

トラも珍しく近くまで寄ってきて、このポーズ。
トラ好きの友達がはしゃいでいました。

動物たちをもっと観察したかったのですが
今回3時間程度しか滞在できず、ちょっと残念。
でも、久しぶりの砥部動物園に大興奮の一日でした♪



あ、見るのに必死で何もスケッチしてないや…。

そらうみ通信 4号

未分類
03 /06 2012
DSCN2800s.jpg

そらうみ通信4号が届きました。

今回は以下5記事です。

○市川市がヒキガエルの産卵情報を収集。
 *市川市は市内に生息するヒキガエルの産卵情報を集めているそうです。
  最近は生垣や塀がコンクリート化して隙間がなくなり
  庭際から産卵地までたどり着けなくなることも多いんだとか…。
   ご協力いただける方はよろしくお願いします→コチラ

○キリギリス、太古の美声
 *恐竜と同じ時代に栄えた太古のキリギリスの
  音色を復元することに英国・中国の研究チームが成功!
  こちらから聞けます。すごいっ→コチラ

○ミッドウェーで今年もアホウドリのヒナ誕生
 *ミッドウェー環礁イースタン島で今年も1羽のヒナが誕生♪
  ひなを育てているのは鳥島生まれの番だそうです。
  おめでとう!

○鳥島→聟島 アホウドリひな移送作戦完了!
  *アホウドリのヒナ15羽が繁殖地の伊豆諸島・鳥島から
   小笠原諸島・聟島に移送されました。
   こちらも、来シーズン以降の繁殖に期待ですね!

○20年前に絶滅?の海鳥 小笠原で発見
  *森林総研が小笠原諸島で1997年から去年までに採集された
   小型ミズナギドリ類の標本を詳しく調べた所、絶滅したとされていた海鳥だと判明。
   これらは近年、生きた状態でも見つかっており、
   小笠原諸島に繁殖地がある可能性が高いとされているそうです。
   今後の研究に期待ですね。    
   *詳しくは→コチラ

☆バックナンバー☆
そらうみ通信2号→コチラ
そらうみ通信3号→コチラ


そらうみ通信 3号

未分類
02 /07 2012
DSCN2149s.jpg

そらうみ通信3号が届きました。

今回は以下5記事です。
○脊椎動物最小のカエル発見!
 *パプアニューギニアで成熟しても体長が7~8ミリにしかならない
  陸生のカエルの新種が発見されたようです。
  発見した人がすごいっ!

○クモの糸、硬柔自在
 *クモの巣が丈夫な秘密は高性能の糸にあることが米国とイタリアの
  研究チームによって突き止められました。(2日付・ネイチャーに発表)
  ■詳細は→コチラ

○野生生物、排水路を利用
 *米国で、排水路を利用する動物について2年間調査が行われました。
  オジロジカが狭い排水路を通ったり、
  オオアオサギが排水路を歩く姿も確認されているみたい。   
  ■こちらに詳しく紹介されています→コチラ

○始祖鳥は黒かった!
 *始祖鳥の翼は黒かったとする解析結果が発表されました。
  1億5千万年前の羽毛化石から試料を採取し、分析した結果
  メラソームというメラニン色素の入った粒が見つかり、
  95%の確率で「黒い羽根」であることがわかったそうです。
  ■Nature Communicationsへの発表内容は→コチラ  
  ■読売新聞の記事は→コチラ


○アホウドリを育てる山階鳥類研究所の出口さんのお話

始祖鳥の羽根についての話は、かなり話題になりましたよねー。
これからまた、いろいろな事が判ってくるんでしょうね。

☆バックナンバー☆
そらうみ通信2号→コチラ

DSCN2143s.jpg
↑野菜たっぷりの鶏肉のクリーム煮を作るはずが、
 水分が多くてシチューみたいになってしまいました…。

期末テストも残すところあと2つです。

es-BANKの試料チェック(魚編)も350キャリーまで進み、
来週にはおそらく「鳥」のキャリーに到達できそうです(わくわく)

Nao

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/