FC2ブログ

ブログ、お引越ししました!

未分類
03 /17 2018
ブログをお引越ししました!
次回からはこちらによろしくお願いいたします。↓↓
◆新toriたま日記
https://toritamadiary2018.hatenadiary.jp/
スポンサーサイト

日本ワイルドライフアート協会展@新宿

未分類
03 /16 2018

3月6日~11日まで、東京の新宿御苑で日本ワイルドライフアート協会展が開催されました。

今回は私も作品の出展に合わせて久々に東京に行っておりました。私は全くお手伝いすることができなかったのですが、搬入・搬出などをしてくださった会員の皆様、お忙しい中本当にありがとうございました!

前回の山脇展には作品だけ送ったので、みなさんの作品をこの目で拝見するのは4年ぶりです!(前回は我孫子市で開催されたJBFの展示会場でした)以前はただただ、「すごいな~すごいな~」だけで終わってしまいましたが、今回は大先輩方の作品を見て自分なりの課題や目指すべきものを見つけることができた気がします。ちなみに、今回はF4号の小さな作品を描きました。

社会人になってからはなかなか絵を描く気力が湧かず、退職してからも就職先が決まるまでは落ち着かなかったので、やっと2年ぶりに筆を握りました。今回はアクリルガッシュとデザイナーズカラーを使って描いたのですが、製作期間も1ヶ月くらいしかなくて悪戦苦闘。反省点がいっぱいのままの出展でしたが、自分の作品をみなさんと並べさせていただくことによって、多くの発見があり、今回出展してよかったなぁと思います。

高校の時に美術を教えてくださった恩師に作品の写真を見せると、「大人になったね」というお言葉をいただきました。どういうことだろう…?と思って、前回のカササギの絵を久しぶりに見てみたのですが、なんとなく先生のおっしゃっていることがわかりました。

昔はとにかく「鳥」が描きたい!!という主張が強くて、画面いっぱいに鳥を描いていたけれど、たしかに全体のバランスを考えて描けるようになったんだなぁと感じます。ちゃんと植物にも目を向けようという心意気が…(観察眼は養わないといけないけど)

本当は搬出まで滞在して、先輩方といろいろお話ししたかったのですが、久々の上京ということもあり、会いたい人がたくさんいたので、今回はいろんな場所に少しずつ顔を出しての旅になりました。
 
次回の展示では搬出作業までお手伝いして、大先輩方とお話しできたらと思っています。

絵を描く理由

未分類
02 /27 2018
先日、ようやく新宿展に出す作品(カケス)が完成しました。 締切に向けて間に合わない~!!といいつつも、こうして作品ができるとホッとします。でももっと頑張れるんじゃ…という反省点もいろいろと後から生まれてくるんですけどね。


少し前に、絵なんて小学校で水彩絵の具を使ったくらいしかないという超スポーツ系の友達に「何のために絵を描いているの?」と聞かれました。友人曰く、スポーツは誰かと外に出かけて体を動かしてストレス発散もできるし、気分転換になるけど、家で一人で絵を描いてて何が得られるの…?ストレス発散できるの…??という純粋な疑問を感じたそうです。その頃、私は締切に追われてカケスを描いているところだったので「え、そこに締切があるからだよ」とドヤ顔で答えたのですが、よく考えるとすごく核心を突かれた感じの質問でした。


私は小さいころから絵の授業が大っ嫌いで、幼稚園の時に提出した蛍の絵で私だけなんの賞も貰えなかったことを未だに根に持ってます(ほかの子はお母さんが手伝ってた)。小学校の写生の授業も嫌いで、水彩絵の具の良さなんて微塵も理解できませんでした。それでも、なぜか中学で美術部に入り(周囲はびっくり!)、いい先生に恵まれて、絵のセンスやデッサン努力は皆無でしたが、それでも楽しめるランクまでになりました。


それがきっかけで大学でもマップとか絵画展とかのためにいろいろ絵を趣味として手掛けてきましたが…、思い出せば「依頼されるから描く」「締切が迫っているから描く」みたいなことばっかりだったなーなんて思います。本当に絵が好きな人は道端で人を待っている間にも手帳を出して絵を描いているそうで(ヒグチユウコさんとか)。そう考えると、私何の目的で絵を描いてるんだろうなーという気持ちが。今は副業禁止の職業に就いたので絵で原稿料を貰うこともそうできないだろうし、締切とかがないと燃えないタイプなんだろうか…とあれこれ考えていました。


そんな中、2年ぶりにカケスの小さな絵を描いているうちに、やっぱり大きな絵が描きたいなぁという気持ちに駆られ久々に油絵をやってみることにしました。 カケスはアクリルガッシュで描いたのですが、ツヤが出ないしなんだか扱いに慣れず、久々に油の匂いと感覚か懐かしくなり、過去の絵を引っ張り出してきました。 チョウゲンボウを生かしつつ、この情けない背景を変えるべきか、一から描き直すか…悩みます。


しかも、四年ぶりの油絵なのでペインティングオイルも油壺の蓋も開かないという悲劇に見舞われ、家族総出でオイルの蓋を開ける作業。火気厳禁なのであぶるわけにもいかず最終的には蓋の頭にキリで穴をあけて、残り少ないオイルを絞り出しました。


 こうして4年ぶりの油絵開始。大型作品を描いてると結構体を動かすし、体力も使うし、「これは描いてる感ある!集中できるかも!」という感じになってきました。これなら、どこかに出展するための締切ありきの制作ではなく、自分が趣味としていろいろ試行錯誤しながら、完成目指してできるかも。とふと昔の感覚を思い出しました。50号サイズは大変ですが、ちゃんと自分の頭で考えながら体を動かしてコツコツできるので、久々にちょっとやる気がでてきました(3日坊主じゃないといいけど…)。ただ、油絵も自室で描いているとやっぱり臭いなどが気になってくるので、shinoさんに頼み込んでリビングで大型作品させてもらおうかな…なんてひそかに計画中です。


絵を描こうとすると、今まで気にもしなかった風景とか、葉っぱの一枚一枚の形とかを気にするようになり、なんだか観察眼が養われているような気がします。絵を描くことは、きっともっと深い意味や影響があって、日常生活にちょっとした「気づき」を与えてくれるのではないかと思いました。


「何のために絵を描いているのか」

ちゃんと説明できるような答えをいつか見つけられたらいいなと思います。

やる気、出てきたかも!


ひいおばあちゃん

未分類
01 /07 2018
1月3日の夕方、曽祖母が数えの106歳でこの世を去りました。



ひいおばあちゃんの家はツバメの巣がたくさんある家で、のどかな田舎にありました。

会いに行くたびに「Naoさんや…」といろんな手作りの小物をくれて、いつまでたっても変わらず元気でした。

社会人になってからは年賀状程度になってしまったので、今年は会いに行こうねとshinoさんと話していたところだったので、最後に会いにいけなかった事が悔やまれます。



住んでいた家は夏はクーラーもなくてものすごく暑く、冬はものすごく寒い…。でも、そんな環境だからこそ、106歳で亡くなるまで足腰もまだまだ元気で、特に苦しむ事なくある日突然天寿を全うしたそうです。

火葬が終わってからもしっかりと足の骨が残っており、最後の時まであっぱれ!と思えるほどすごい方でした。

子供、孫や曾孫などたくさんの人たちに囲まれながら旅だつことができて、ひいおばあちゃんは幸せだったんじゃないかなと思います。106年も生きるって本当にすごいことですよね。

別れは悲しいけれど、いろんな節目にひいおばあちゃんのことを思い出してあげられたらなと思います。



京都プチ旅その8

未分類
12 /26 2017
⑧二条城(★★★★☆)

10年前、二条城がどうしても見たかったのですが、夜のライトアップしか見ることができず終わってしまったという悲しい思い出が…。
しかも、その後すぐに改修工事に入ってしまったので、見る機会は完全に失われてしまいました…。
そんなわけで、やっとの思いで二条城に来ることができました!!

ただ、友人の午後の予定が詰まっているので1時間しか時間がない!!というギリギリの状態に。駆け足で回ることになりました。
入り口から世界遺産だけあって、お城とはいえ観光客向けの設備がかなり充実しています。ここはやはり外国人の方が多いな~というイメージ。
チケットを買って門から入り、急いでメインの二の丸御殿へ。

唐門を入ったところにある豪華に装飾された車寄が豪華です!内部の写真は撮れないのでお伝えできないのですが、やはり大政奉還が発表された大広間の迫力がすごかったですね。
個人的には四の間にある松と鷹の襖絵がずーっと見たかったので、この目で複製画を見ることができてよかったです。松、描くの難しいんですよね~。

時間はないのに広い内部を全て歩いて出口まで行かないといけないので、二の丸御殿の後は時間との闘いでした。
そんな状態でも、しっかり本殿や天守閣跡はばっちりチェック。二の丸御殿と違って本殿はすごく質素な造り。
友人と、自分が住むにはこっちの質素な家の方が暮らしやすかったんだろうねぇと言いたい放題。無事に時間内に内部をひととおり見ることができ、時間はなかったけど十分満足できました。
ちょうどお昼にさしかかっていたので、数人と解散してからは清水寺へ。

マフラー

未分類
11 /13 2017
この週末は剪定や庭仕事に勤しんでいました。
お天気がとにかく良くて、動くのが気持ちいいです。



昨日から急に寒くなったので、ほぼ日ハラマキ大活躍‼︎

暖かいです。もう一枚欲しいです。

プレゼントにもオススメですよ♪



そして、寒さ故に早くマフラーを作らねば…という気持ちにかられ、真剣に作業に取り掛かりました。
サンプル編みが終わり、(私は今回10cm18目でした)昨日からいよいよマフラーに突入!



最初はメリヤスも裏もわからなくてshino大先生に怒られるやら、呆れられるやらでしたが、ようやくまともに編めるようになりましたよ。

時には妨害にあいつつ…ですが。



そして夜景を楽しみながら息抜きしてきました。激しかった10月…無事に終わってほんとによかったという気持ちでいっぱいです。私なんて他の人に比べたら全く大変な業務量ではなかったのですが、いろんな意味で記憶に残るイベントになりました。皆さま、お疲れ様でした。

光るカクテルの存在感、なかなかすごいです。



11月もいつのまにか半分が終わってしまいます…。早い、早すぎる…。



何気ない1日1日が今はとても大切な時間に感じられます。



やりたいことイロイロ

未分類
11 /09 2017
11月に入って1日1日のスピードが加速してるような気がします。
そもそも10月ハードすぎて秋はどこへ行ったという感じです。



去年の今頃は今治に帰るなんて思っていなかったし、出版社でずーっと働くつもりだったので、この一年は本当に激動の一年だったんだなと早くも一年を振り返ったりしてます。
いろんな人との出会いと別れが私を成長させてくれました。今はいいことが起こりすぎてちょっと心配になってます。
とはいえ、逆に考えると今年はまだ2カ月もあるわけで…。何かチャレンジしとかないとと、人生初の編み物を始めました。



毎日コツコツと…

…。

…。

まだ、基本のサンプル編み。マフラーまでの道のりは遠そうです。サンプル編みで、すでに足拭きマットのような硬さです…。

月の中旬にはしまなみ海道のサイクリングに行き、月末には広島まで食生活アドバイザーの2級試験を受けに行ってきます!まだまだ、やり残したこといっぱいです。

あ、年賀状…


ほぼ日シリーズ

未分類
11 /07 2017
立冬を過ぎましたが、ここ数日は穏やかな日々が続いています。
とはいえ、朝晩の冷え込みは凄まじく、我が家ではすでにストーブが導入されました。私は冷え性体質なので防衛準備が欠かせません!
今年は思い切ってハラマキを装着することにしました。

「ほぼ日ハラマキ」です!
最近、「ほぼ日イトイ新聞」を読むことが日課になっているのですが、ページの中で見つけてしまって一目惚れ♡
XSサイズがギリギリ残っていたので自分ご褒美にポチっと。
ハラマキって見られたら恥ずかしい…というイメージでしたが、むしろ見てください!と言わんばかりの可愛らしさです。(見せないけど)
ネックウォーマーとしても使えるみたいですヨ!

そしてもう一つ。
仕事が決まったお祝いに友人からいただきました!「ほぼ日手帳」
こっちでは売っていないので、わざわざ東京のストアでカバーを見て、私に合ったカバーを選んで送ってくださいました!
鳥とストロベリーの可愛らしい柄です。

毎日しっかり使わせていただきますね。

庭のお掃除

未分類
11 /04 2017
気がつけば今年もあと2カ月…早いです。

去年の今頃は東京や横浜行ったり、宮島行ったり、ごりこん(合宿)行ったり、結構アクティブに活動してました。

まさか一年後にこんな生活になっているとは…想像もしてませんでした。

今回の三連休は、お天気がいいので家仕事!



まずは、電気バリカンで庭木の剪定。
丁寧にするところは電気バリカンなんて使わないらしいのですが、広大な敷地でそんなこと言ってはいられません!笑



畑では落花生のチェック。
収穫はもうちょっと先になりそうです。



庭で作業をしているとジョウビタキのヒッヒッ!という鳴き声が聞こえて来ました。

毎年メスしか見ていませんでしたが、今年はオスがばっちり来ているようです。嬉しい~

鳥のことをあまり知らない友人にジョウビタキのことを教えてあげたら、その日のうちにオスメス両方の写真をちゃっかり撮影していました。恐るべし…



近所の人から美味しい葡萄、いただきました!

のんびりの休日です!

石鎚登山行ってきました!

未分類
10 /28 2017
過酷なイベントが終わったので、友人に誘われ息抜きを兼ねて石鎚登山に行ってきました!
今まで土小屋方面からゆるーく鳥見をしながら登ったことはあったのですが、西条側から真剣に登るのは初めて!

しかも、突然行くことが決まったので、しばらく山をお休みしていた私は全く装備がなく…とりあえずあるものをリュックに詰め込んで行くことに。
トレッキングシューズもなく、shinoさんが10年前に2、3回履いた新品同様のものを借りて行くことになりました。これが、のちに悲劇をもたらすことになろうとは思わずに…。

台風が近づいているとは思えないほどいいお天気。久々の登山だったので、寒いといけないと思ってヒートテックをしっかり着込んでいたのですが、汗がダラダラ出てきて途中で全て脱ぎました笑

そして人生初の鎖に挑戦!
日頃の運動不足が祟って早くも試しの鎖で心が折れそうになりましたが、手厚い友人のサポートによって無事にクリア。

紅葉も完全な赤!ではありませんが、お天気も良くて見晴らしは最高!
本当に静かで、目をつぶっていると大自然の中に吸収されそうな感じです。
この二週間、休みなく働いてきた体をゆっくりと休ませることができました。

午後からは曇ってきて肌寒くなりましたが、お昼を食べていざ天狗岳へ。
前回は土小屋から登ったものの天狗岳までは行かなかったので、やっとここまできた!という気持ちが溢れ出しました。
社会人になって個人的に誰かと石鎚登山をすることはそうないだろう…と思っていましたが、思いがけないご縁でここまでくることができて、幸せです。

ですが…実は天狗岳に到着するまでに、私の靴の底は両方とも完全に外れ、この時完全に靴下で歩いているような状況でした…。
同行者に迷惑をかけてはいけない…と途中まで黙っていたのですが、途中で靴底がぱかっと外れ、次第に無残な状態に。

もはや両足ともこの状態では笑うしかない!!
下山時は紐で靴が外れないようにしっかり縛って補強。頂上でのんびりしすぎて、最終のロープウェイに間に合うかどうかギリギリ(乗り過ごしたら宿泊しかない!)だったので、足に気を配っている場合ではなく、全力で降りました。

汗でベトベトになってしまったので、帰りは温泉に入って美味しいものを食べて帰りました。
朝7時から夜中まで久々に一日中アクティブに活動して、日頃の疲れをしっかり解消できました!連れ出してくれた友人には登山初心者すぎて迷惑ばかりかけてしまいましたが、今度からは装備をしっかり揃えてまた山登りしたいと思います。
Photo by M.S
カメラ女子活動も頑張ります!

風早有機の里づくり・循環型農業見学ツアー のお知らせ

未分類
01 /17 2016
風早有機の里づくり・循環型農業見学ツアー

~大地の恵みは大地へ返す。地域循環型農業へのチャレンジ!~
のお知らせです☆

今回、チラシの担当をさせていただきました。

pamf5.png

松山市北条地域の荻原・上難波地区農家と、(株)フジ(小売業)、
(株)ロイヤルアイゼン(産業廃棄物処理業者・堆肥製造)の3者が
「風早有機の里づくり推進協議会」を構成。

小売店舗で発生する食品ゴミを堆肥にし、この堆肥を使用して農家が安心・安全な野菜を生産し、
地域の小売店で販売する、循環型社会の構築を推進しています。

このツアーでは、環境と健康に配慮した農業生産の現場を見学し、
それらを支える仕組みを学ぶことによって、持続可能で生物多様性が豊かな社会を継承するために、
私たちがすべきことや暮らしのあり方を考えます。

【実施日】

第1回:平成28年1月30日(土)OCファームにてキャベツ収穫体験を行います

第2回:平成28年2月27日(土)OCファームにてタマネギ収穫体験を行います

【対 象】15歳以上で、循環型農業や食の安心・安全に関心があり、
ツアー後アンケートにご協力いただける方。

【定 員】各回22人(応募多数の場合抽選)

【参加費】700円(昼食代、保険料)

【持参物】長靴、軍手、タオル(野菜の収穫体験用)、帽子、水筒、筆記用具、天候により雨具など

◆スケジュール(貸し切りバスで移動)

9:30 松山市役所前集合・受付=北条ふるさと館前集合・受付
=フジ夏目店【食品残渣を資源として活かす取組の見学】
=ロイヤルアイゼン【堆肥工場見学】
=難波地域活性化センター【昼食】
=OCファーム圃場【説明・収穫体験】
=難波地域活性化センター【風早有機の里推進協議会の取組を各主体が説明】
=ふるさと館
=16:30松山市役所

【申込み】申込書をご参照ください。

★お問合せ:NPO森からつづく道 
 TEL:089-992-9152 
 E-mail:info@morimichi.org

★平成27年度環境省・地域活性化に向けた協働加速化事業の一環として実施します。

◆主催:NPO森からつづく道(松山市鉄砲町1-7)
URL:http://morimichi.org

一年お世話になりました

未分類
12 /31 2015
今年もあと数時間ですね。

今年は社会人一年目で、生活環境も大きく変わりました。

辛いこともたくさんありましたが、いろんな人に支えられて
楽しい思い出の方が多い一年となったと思います!

クロスステッチは一年かけて鳥一羽しかできなかった…。まだ全体の5/1くらいです^^;



夏には家に新しい同居人?も増えました。



ずうずうしいけど、心を癒してくれる大切な存在です。

水槽を家に置くことになろうとは夢にも思いませんでしたが、人は影響されるもんですね~笑
冬には加湿器としてしっかり働いてくれるので本当にありがたい!

いつかアロワナ飼いたいな~(無理やけど)



今年は仕事に手一杯で、野鳥の会の活動や
自然関係の活動には一切関われませんでした…。

今の仕事にはずいぶん慣れ、いい成績評価をいただくことができていますが
時々自然関係の活動をしている人と関わると、
なんで今、自然と全く関係のないこんな仕事をしているんだろう…と思うことがあります。

多くの人は仕事をしながら時間を作って趣味として活動されている方が多いです。
愛媛で自然と向き合う仕事に就くことの厳しさも分かっているので、
私には仕事とは切り分けて自然と付き合わないといけないと感じて
今の出版というメディアの仕事を選びました。

でも、まだまだ社会人一年目。
今の仕事に向き合って受け入れるので精一杯。
趣味として自然と向き合うにはまだ厳しいかなと思います。

だから自然関係の人と話してすごく楽しい時間を過ごすと
なにやってるんだろう…って不意に辛くなるんですよね。
今の仕事を好きになろうと一生懸命な気持ちが一気に崩れることもありました。

これから自分の方向性を考えないといけないのかもしれませんね。



自然のことは横に置いて仕事に打ち込むか、
無理してでも追いかけるか、悩むことはいろいろありますが

広い意味で「鳥が好き」っていう気持ちを大切にしていこうと思います。

会社でも、ほぼ全部署の人から「とりちゃん」と呼ばれているので笑



そんなわけで、いろいろありましたが
多くの人にに支えていただいてこの激動の一年を乗り切ることができました。

そういえば、夏には15年間ロングヘアーだった髪の毛を
ばっさり切って心機一転しました。

小さい頃から鳥や自然に偏ったことしかしてこなかったので、
今までできなかった普通のことにも沢山挑戦した気がします。

野鳥関係の皆様にはしばらく音信不通でご心配をおかけしてしまってごめんなさい。
でも、社会人になっても元気でしっかりやってます。
まだまだ自分の中で整理できない課題が多いので、
野鳥の会や自然関係の活動については、気長に復帰を待って頂けたらと思います。

今年最後、ギリギリの投稿となりました。

明くる年もよろしくお願いいたします。

未分類
07 /29 2015
「地域の自然を観る・知るコツを身につける!トコロジスト養成講座」
が8月末に開催されます!!

今回はチラシのデザインを担当させていただきました。

トコロジスト養成講座(アウトライン化)

***概要***

今年、ツバメを初めて見た日はいつでしたか?最近、トノサマガエルを見ましたか?

いつもの散歩コースや通勤の行き帰りの道、お気に入りの場所を「自分の場所」として見続けると、
季節とともに生き物たちの営みがいきいきと展開している様子が見えてきます。
地域の自然をもっとキャッチし、未来へと伝えるコツを体験しませんか。

* トコロジストとは?*

「トコロ=場所、ジスト=専門家」で「その場所の専門家」を意味する造語です。

研究者のようにひとつの分野に詳しくはないけれど、
その場所が大好きでいつも歩いているうちに、
生き物のことや歴史、文化などに詳しくなった人のこと。

地域の自然に関心と愛着を持つ人が増えることが、地域の自然の保全に重要と考え、
今回の講習会を企画しました。


■日 時:平成27年8月22日(土)13:00~16:30 定員60人 
 地域の自然の見方を学びたい方!

8月23日(日)10:00~15:30 定員20人 
 さらに実践してコツを体得したい方!


■場 所:松山市北条ふるさと館1階研修室(松山市河野別府994)℡ 089-993-3266

■申込期限:8月20日(先着順)

■参加費:無料

【講師】
箱田 敦只(はこだ あつし)さん
公益財団法人日本野鳥の会職員。自身の経験を踏まえて、トコロジストの楽しさや意義、手法をお伝えします。

詳しくはもりみちのHPへどうぞ☆
http://morimichi.org/events.html


第6回サイエンスカフェ★えひめ 「とべZOOの仕事・動物たち」

未分類
05 /21 2014
1406101.jpg

第6回サイエンスカフェ★えひめ のご案内です。

***

「とべZOOの仕事・動物たち」

動物たちの興味深い生態を目撃したり、
リラックスした様子にいやされたり。
動物園はいくつになってもわくわくさせられる存在です。
そんな動物園にはどんなミッションがあり、
どんな業務が展開されているのでしょうか?
とべ動物園飼育課長の前田さんに、
現場のリアルな仕事や動物たちの本音(?)をお話しいただきます。

日時:2014年6月10日(火)19:00~20:30
場所: 愛媛大学 交友会館2F サロン
(松山市文京町3番 愛媛大学城北キャンパス)
対 象:自然・環境に関心のある人、30人
参加費:200円

★詳細&お申し込みは→コチラ

***

私は教育実習で参加できず残念ですが、
興味のある方はぜひ♪

生きもんマスター夏号も本日最終チェックが終わりました。
夏号もお楽しみに~。

ウチヤマセンニュウ調査 2014/05

未分類
05 /19 2014
aP1040946.jpg

今日はウチヤマセンニュウの調査に行ってきました。

今回は大学の大型船で
いつもの調査地まで連れて行っていただけることになり、
午前3時大学集合でになったので
前日から研究室に引きこもって集合時間まで待機。
(調査の次の日がゼミの論文発表なのでその準備も兼ねて…)

大学の大型船では島に上陸できないのでボートに乗って上陸します。

aP1050040.jpg

4時頃、真っ暗な港で、オールのこぎ方を教えてもらって何度か練習しますが
カヌーやカヤックに乗ったことがないので、かなり不安です…。

転覆した時にどうすればいいのかという対策も聞き、不安は増す一方…。

そして港から1時間程度で島にたどり着きましたが

ここで事件発生!

aP1040955.jpg

調査地の島が予想以上にごつごつした岩場であるため、
上陸が困難だということになってしまいました。
ボートで行ったとしても、引っかかって破けてしまうかも…。

島からウチヤマセンニュウの声がたくさん聞こえるのですが、
その島の前で「うーん、どうしよう…」と呆然。
今回は音声録音とテリトリーマッピングがメインだったので、
何もせずにこのまま帰るのは悔しすぎます。

そこで急遽、ウチヤマセンニュウの分布調査を行うことにしました。

aP1040990.jpg

地図を見ながら、ウチヤマセンニュウがいそうな島の周辺に行きます。

6時~11時まで島々を巡っていったのですが、
途中で眠気がピークになって、何度か船の中で立ったまま寝てました(笑)

いつもの調査地での調査はできず、
ウチヤマの声はするけど上陸できない…という非常に悔しい思いをしましたが
途中でクロサギを見たり、

aP1050051.jpg

人生初のアカエリヒレアシシギを見たり、

a1P1050056.jpg

途中でちょっとお天気が悪くなったのですが、
最後は晴れて、アマツバメも観察できて
いいこともたくさんありました。

aP1050061.jpg

今日は朝3時~12時まで調査を行い、
多くの方にお世話になりました。

なかなか睡眠時間が確保できず辛い日々ですが、
6月も調査頑張ります!

Nao

出版社勤務後、愛媛で絵を描きながらヨウムと田舎スローライフ満喫中。自然系デザイナー。ブログと本家は2004年~継続中☆所属:日本野鳥の会愛媛/日本ワイルドライフアート協会/森からつづく道/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。